読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

へこんでいます・・・

仕事を終え帰宅してライストつけたらフェルナンデスがふんふん3Loを飛ぶところだった。やはり間に合わなかったか、とがっかりしたもののトップの点数が126を超えていたので羽生逆転優勝しそうなことに気が付いた。その後フェルナンデスの点数を見て羽生の優勝を確認し地上波の録画に切り替えようとしたとき異変に気付いた。

 

録画付いてなくない??

 

どうやら容量不足でキャンセルされてしまったようです・・・

そんなわけでただいま動画を探してさまよっております。下位の選手はどこまで見られるのか・・・日本人二人の表彰台はうれしいですが個人的には泣きたい気持ちです。

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編その2

大手の工場監査が入るとかでここしばらく整理やら片付けやらで普段使わない体力を使った仕事をしてしてかなり参ってます。おまけにこれが終わると税務署が入ることになっていましてこちらも準備が大変。ここ数年入ってなかったんで帳票類がさっと箱に入れっぱなしだったので期ごとに整理し直し。そうしたら見つからないものとかあったりして・・・記憶の底に沈んだ情報を引きずり出すのに苦労しています。倉庫の中で見つかってくれるといいんだけど・・・

そんなこんなでここのところ帰宅が遅く全然ここにもこれませんでした。来週は月末も絡んでくるので何とかワールドへの道上げておかなければ。来週の月曜には公式練習が始まる。ハン・ヤンの棄権などの情報が上がってきているがそれ以上悪い話が出ないことを願っている。ハン・ヤンの手術がうまくいって五輪でいい演技を見せてくれることを期待します。

 

<ジャンプ合計>
                          ユーロ/
      B級   GPS1  GPS2  GPF     四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  86.46     77.48-1   65.18-1  78.04-1                                 76.040
宇野 昌磨 67.81     79.45-1  75.35-1   83.42     70.35-2    83.18-2   86.97-1  76.219
羽生 結弦 66.73-2  76.49-1  86.36-1   74.68-1  90.27                                    77.906
田中 刑事   60.27      66.05     71.09                     51.43      44.53      63.62     59.498
N・チェン   81.80-2  76.36-2  80.19-1   94.19      94.30                                    84.368
J・ブラウン 65.71-1  70.11     41.25-1                 56.19       62.84-1                 58.620
P・チャン   55.76-1  64.24-1  83.75-1   57.94-4  67.43-2                                 64.024
レイノルズ   60.81-1  70.34-1                               53.75-1                                 60.633
ボーヤン・ジン   79.06-1  87.09-1                               83.69-2    83.88                    82.430
ハン・ヤン       47.05-1  58.45                    55.08       72.94                    58.130
M・コリャーダ   45.15-1  55.08-1  48.17-2                61.81-1                                  51.303
M・コフトゥン  50.08     72.58-1   60.28                   69.58                                     62.880
M・ブレジナ                 58.15-1   43.42-1                44.50                                    48.023
ビチェンコ  55.31-1   73.93      64.58                   62.23-1   60.86    72.98        64.648
デニス・テン                 72.13                                                 60.60    32.76-1     54.830
ミーシャ・ジー  54.81     55.35      58.36-1                62.53      57.67                     57.544


<今季最高点>              <今季最低点>
1位 N・チェン   94.30    1位 ボーヤン・ジン  79.06-1
2位 羽生 結弦   90.27    2位 N・チェン    76.32-2
3位 フェルナンデス 86.46    3位 宇野 昌磨    67.81
4位 ボーヤン・ジン 87.09-1  4位 羽生 結弦    66.73-2
5位 宇野 昌磨   86.97-1  5位 フェルナンデス  65.18-1 
6位 P・チャン   83.75-1  6位 ミーシャ・ジー  54.81   
7位 ビチェンコ   73.93    7位 ビチェンコ    55.31-1
8位 ハン・ヤン   72.94    8位 P・チャン    57.94-4 
9位 M・コフトゥン 72.58-1  9位 レイノルズ    53.75-1 
10位 デニス・テン  72.13    10位 M・コフトゥン  50.08

<平均>
1位 N・チェン   84.368
2位 ボーヤン・ジン 82.430
3位 羽生 結弦   77.906
4位 宇野 昌磨   76.219
5位 フェルナンデス 76.040
6位 ビチェンコ   64.648  
7位 P・チャン   64.024
8位 M・コフトゥン 62.880
9位 レイノルズ   60.633
10位 田中 刑事   59.498

4回転ジャンパーの若手二人が上位を占める。彼らにとっては一番の得点力なので当然である。一方でチャンが最低点と平均で6強を逃している。4Sを入れて基礎点アップを狙っているが4回転の成功率がそこまで良くないのと転倒が多いことでかなりの減点を受けている。そのため一種で比較的ジャンプが安定しているビチェンコの下になってしまった。新しく入れた4回転が成功率が高くないのは仕方ないがそれでも転倒は大きなミスであるしそれに伴ってREPやコンボ無しになってしまうと構成を上げた意味がなくなってしまうということだろう。悩ましい問題ではある。
羽生も4CCで4回転4本を決め今季初めて90点を超えたが抜けによる減点が大きい。まだ曲の中でのジャンプがそこまで完成度が高くないので昨季ほどGOEがついていないことも一因となっている。
どの選手もほぼ4回転を入れる構成になってきているがなかなかクリーンな成功が少ないためか最低点の数字が悲しい選手が多い。その中で怪我の影響のため4回転をなくしてきたミーシャが安定してジャンプ得点を稼いでいることが面白い。ジャンプの失敗が転倒ばかりになってしまう場合は抜いてまとめる&GOEを獲得するという選択もいいのかもしれない。ただ上位には上がってこられないだろうけど・・・

 

<スピン合計>
                      ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                11.43      11.61    11.89    11.25                                   11.545
宇野 昌磨 11.30   12.77     12.66     13.49   12.99      12.30  12.87          12.626
羽生 結弦 12.10   12.07      12.10     12.03   12.86                                   12.232
田中 刑事   11.20    10.63     10.29     10.71    10.10     10.80                    10.622
N・チェン     8.48    11.27     10.73     11.84    12.28                                  10.920
J・ブラウン 13.80   13.20     13.12                  13.77     13.40                     13.518
P・チャン    12.14   12.63     12.30     12.37    12.01              12.290

レイノルズ   10.50    10.16                                12.06              10.907
ボーヤン・ジン                  9.09      9.98                   10.52    11.60         10.298
ハン・ヤン        9.53    10.18                   10.81    12.50         10.755
M・コリャーダ   10.73     10.66    11.92                  12.27          11.395
M・コフトゥン    9.65     10.56     10.12                 11.13          10.365
M・ブレジナ                 11.29       9.17                 10.31          10.257
ビチェンコ     4.50       8.70       8.11                    7.44      8.58      8.80   7.688
デニス・テン                 11.66                                             11.60    10.20       11.153
ミーシャ・ジー   10.70    10.47     10.94                   10.11   11.30       10.704

 

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 J・ブラウン  13.80    1位 J・ブラウン  13.12
2位 宇野 昌磨   13.49    2位 羽生 結弦   12.03
3位 羽生 結弦   12.86    3位 P・チャン   12.01
4位 P・チャン   12.63    4位 宇野 昌磨   11.30
5位 ハン・ヤン   12.50    5位 フェルナンデス 11.25   
6位 N・チェン   12.28    6位 M・コリャーダ 10.66
7位 M・コリャーダ 12.27    7位 ミーシャ・ジー 10.47
8位 フェルナンデス 11.89    8位 デニス・テン  10.20
9位 デニス・テン  11.66    9位 レイノルズ   10.16
10位 ボーヤン・ジン 11.60    10位 田中 刑事   10.10 

<平均>
1位 J・ブラウン  13.518
2位 宇野 昌磨   12.626
3位 P・チャン   12.290  
4位 羽生 結弦   12.232
5位 フェルナンデス 11.545
6位 M・コリャーダ 11.395
7位 デニス・テン  11.153
8位 N・チェン   10.920
9位 レイノルズ   10.907
10位 ハン・ヤン   10.755

FSではブラウンがトップ。SPでのミスをしっかり取り戻しています。今季はジャンプの安定と怪我に苦しんでいますので貴重な得点源となっています。平均13点以上というのはほぼGOE+2以上ということなので本当に素晴らしい。
一方でジャンプミスの影響かレベルを多少取りこぼしている羽生は思ったほど点数が伸びませんでした。ミスしてもしっかりスピンができる時間確保できるように振付しないとなかなか大変です。
そして悲しいビチェンコの得点。GOEはともかくレベルを取らないと・・・平均だけでブラウンと6点弱開いている。3Lz一つ分位と思うと大きな点差、せっかくジャンプで上位得点稼げてもここで帳消しみたいでもったいない。平均でせめて10点は上位に安定してとどまるためには必要だと思う。

 
<ステップ合計>
                       ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス      7.84    8.44    9.10   9.00                                      8.595
宇野 昌磨 7.24      7.89    8.11    7.84   9.00     7.66    7.87            7.944
羽生 結弦 8.84   7.73    7.60    9.30   9.20            8.534
田中 刑事   6.13    6.46    6.41        6.57   5.80  7.42      6.465
N・チェン   5.80   6.96       6.99       7.10     8.90                                      7.150
J・ブラウン   9.40        9.30       8.07                   9.40        9.12                       9.058
P・チャン   9.16        9.40       8.26       9.90     9.50                                      9.244
レイノルズ   6.64        6.57                                 6.50                                      6.570
ボーヤン・ジン                  7.00       7.50                   6.53        8.14                       7.293
ハン・ヤン        6.03       7.80                   7.20        7.56                       7.148
M・コリャーダ  8.23         6.30       7.90                    8.70                                     7.783
M・コフトゥン    5.16          5.26       5.93                   7.06                                     5.853
M・ブレジナ                  8.00       7.90                    7.90                                     7.933
ビチェンコ   4.93        5.94       5.57                    6.59      6.56   6.18              5.962
デニス・テン                  9.60                                               9.96   7.84              9.133
ミーシャ・ジー  7.82        8.09       8.33                    8.00      8.98                        8.244

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 デニス・テン  9.96    1位 P・チャン   8.26
2位 P・チャン   9.90    2位 J・ブラウン  8.07
3位 J・ブラウン  9.40    3位 M・ブレジナ  7.90
4位 羽生 結弦   9.30    4位 フェルナンデス 7.84
5位 フェルナンデス 9.10    4位 デニス・テン  7.84
6位 宇野 昌磨   9.00    6位 ミーシャ・ジー 7.82   
7位 ミーシャ・ジー 8.98    7位 羽生 結弦   7.60 
8位 N・チェン   8.90    8位 宇野 昌磨   7.24
9位 M・コリャーダ 8.70    9位 レイノルズ   6.50
10位 ビーヤン・ジン 8.14      10位 M・コリャーダ 6.30

<平均>
1位 P・チャン   9.244
2位 デニス・テン  9.133
3位 J・ブラウン  9.058
4位 フェルナンデス 8.595
5位 羽生 結弦   8.534
6位 ミーシャ・ジー 8.244
7位 宇野 昌磨   7.944
8位 M・ブレジナ  7.933 
9位 M・コリャーダ 7.783
10位 ボーヤン・ジン 7.293

この部門で強いのはチャンとブラウンとテンの3人。それに羽生とフェルナンデスが続く。そしてボーヤンとネイサンが面白い。最高値ではネイサンが高いが最低と平均はボーヤンが上、結果的にほぼ同じくらいの得点となっている。
そしてコフトゥンとビチェンコのビり争い。最低点はビチェンコだが平均ではコフトゥンが下。2つしかない要素なのでそこまで差はできないですがそれでもその差を埋められる何かがない限りはなるべくなくしたいものだ。とりあえずステップのレベルをせめて3以上確保したい。



<GOE合計>
                       ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス     15.20  10.14    3.08    3.56                                     7.995
宇野 昌磨 4.70  12.14    8.87  12.27    7.46       2.60    6.91            7.850
羽生 結弦 1.18     10.48    11.93       7.77     19.13                                  10.098
田中 刑事    4.26      3.38       2.72                     5.19     -4.18   3.82             2.532
N・チェン   -8.37     -2.11     -2.34      12.11      9.00                                    1.658
J・ブラウン 8.60     11.47     -2.15                     9.32      8.82                       7.212
P・チャン    5.44       9.57    12.55        3.01      3.21                                    6.756
レイノルズ   -5.88       0.84                                 -3.84                                  -2.960       
ボーヤン・ジン                 -4.32      4.40                    -5.44       9.12                     0.935
ハン・ヤン       -5.81      7.08                    -1.33     15.80                    3.935
M・コリャーダ    1.44       5.82      -3.44                     4.65                                  2.118
M・コフトゥン   2.77       3.42       4.21                     9.50                                  4.975
M・ブレジナ                  4.96       8.20                   -4.53                                   2.877
ビチェンコ  -4.44       7.59        3.48                   -2.21       -0.18   2.38         1.103
デニス・テン                14.31                                               12.08  -1.70          8.230
ミーシャ・ジー   3.46       1.99       3.33                     6.91       8.02                    4.742

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 羽生 結弦   19.13    1位 フェルナンデス  3.08
2位 ハン・ヤン   15.80    2位 P・チャン    3.01
3位 フェルナンデス 15.20    3位 M・コフトゥン  2.77
4位 デニス・テン  14.31    4位 宇野 昌磨    2.60 
5位 P・チャン   12.55    5位 ミーシャ・ジー  1.99
6位 宇野 昌磨   12.27    6位 羽生 結弦    1.18
7位 N・チャン   12.11    7位 デニス・テン  -1.70
8位 J・ブラウン  11.47    8位 J・ブラウン  -2.15
9位 M・コフトゥン  9.50    9位 M・コリャーダ -3.44
10位 ボーヤン・ジン  9.12        10位 田中 刑事   -4.18

<平均>
1位 羽生 結弦   10.098
2位 デニス・テン   8.230
3位 フェルナンデス  7.995
4位 宇野 昌磨    7.850
5位 J・ブラウン   7.212
6位 P・チャン    6.756
7位 M・コフトゥン  4.975
8位 ミーシャ・ジー  4.742
9位 ハン・ヤン    3.935
10位 M・ブレジナ   2.877

 

羽生のGOEえげつない。平均でも4T1本、最高点では2本多く飛んだようなもの。ネイサンやボーヤンが1本多く飛ぶくらいではそれほど脅威にならないことがわかる。それでも要素の多いFSではいい演技をすればGOE+10点以上獲得することは案外多くの選手でできている。それを継続して何度もできる選手はエレメンツの質がいい選手だといえるだろう。
ただこのランキングは一ついつも落とし穴がある。転倒とするとGOEがなかなか伸びない、トータルがマイナスになりやすい傾向があるが抜けの場合はプラスになるケースがある。そのためGOEを案外とっているのにTESが低いということが割と起きたりする。そんなわけでGOEがすべてプラスの選手がシーズン通していい演技だったと言えないところが微妙。コフトゥンなどがいい例だ。
それにしても全体的に上位に来ていたネイサンがこのランキングの最低点の最下位となっているのが興味深い。シーズン冒頭のジャンプが安定しなかった頃からこの高難度をまとめてきたわけで成長をわかりやすく感じられるデータとなっている。


さてここまではすでに過去の成績であり順位予想には参考になるけれど実際の試合には全く影響しません。ここまでのところTES的にはジャンプで安定的に点数を獲得してきているネイサンが強い。そしてフェルナンデス・羽生・宇野がトータル的には安定して高得点を取ってきている。ミスの傾向としては羽生の場合抜けとコンボ無しという基礎点に響くミスが多い。宇野も割とそれに近い傾向がある。それがどこまで解消できるかで枠が決まりそうなので二人とも是非これまでを超える演技を見せて欲しいと願っている。なかなか今回のまとめでは上位に入れなかった田中もぜひ頑張って上位に食い込んで欲しい。
ここまでのデータはジャッジも参加メンバーも採点傾向もばらばらの試合達の集計でありあくまで参考数字であって全員が揃うワールドで同じような点数になるかは演技の出来も含めて未知数だ。
ハン・ヤンを除くこの15名が一堂に会してジャッジがどんな採点をするか。TESやPCSそしてGOEがどんなふうにつけられ序されるかワールド後の集計が今まで以上に楽しみな試合となっている。
月末すぎておそらくほとんどライブで見られないだろうけどシーズン最高の演技と美しいプロトコルを期待している。

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編その1

ジュニアワールドが終わりました。男子シングルも女子シングルも上位は見ごたえのある演技の応酬で非常に面白かったです。それにしても本田のミスのない演技&高得点の後で超高難度構成を素晴らしく滑ったザギトワの強さが光りました。しかしその演技に対しての日本メディアの評が「まるで機械」となってしまうあたりレベルが低いと感じずにいられません。おそらく「表現力」の本田に対して「ジャンプ後半の高基礎点」での勝利としたかったのでしょうが、つけられた点数が基礎点差以上あることの意味を理解していないとしか思えません。いまだに旧採点の感覚が日本メディアや日本スケ連関係者から抜け出せていないと実感し未来を憂いたくなってしまいます。

それでも日本女子3人はそれぞれ素晴らしい演技をしました。2位3位5位と上位を占めました。それぞれがそれぞれらしい演技をしていたと思います。

シーズン開始前の大けがで出遅れ辛いシーズンを過ごした白岩があそこまで戻した演技をしてきたことが非常にうれしかったです。FSは昨季の良かった時よりジャンプが低い感じがして回転不足を取られてしまいましたが練習がつめる体に戻ればもっと良くなるでしょう。PCSが上位選手の中ではもらえていないので来季はその対策をしたいです。膝下がもう少しきれいに伸ばせるようにしたいですね。怪我に注意して頑張って欲しいです。

坂本もザギトワの高得点の後でも質の良いエレメンツをまとめました。ジャンプの質では上位3人中一番いいと感じます。滑りもいいのですが引き付けるという意味では上位二人に及ばないところがあります。魅せ方という意味での表現力の技術がもう少し欲しいです。

そして本田、マスコミからあおられまくりカメラで追い掛け回されながらも美しい演技を見せました。姿勢の良さ洗練された滑り軽やかなジャンプの着氷は素晴らしかったです。ただザキトワを見てしまうと成功率の高いジャンプ・得意だけどミスの割と出るジャンプ・苦手なジャンプが飛ぶ前にわかってしまうところがもう少しだなと感じました。基礎点を上げるとともにその辺りが来季の課題かなと思います。

そしてザギトワ。あの振付をミスなく行った強さに感服します。離氷時に少し沈む以外はジャンプに癖がありませんしなによりコンボがスムーズなのが気持ちいいです。女子選手の場合は間が空いてテンポが悪い選手が結構いるのですが彼女の場合は全て流れの中で進めることができる高い技術力を感じます。そしてタノジャンプも良いです。なんのジャンプでもタノをつけるのはロシア娘の定番ですが肘が曲がったり前傾になったり見苦しいものも割と多い中で彼女のタノはGOE+をつけるのにふさわしい美しさでした。さらに言えば今シーズンの勝利はあの振付・プログラムの勝利でもあったと思います。すべて後半のジャンプ構成に苦言も多くありますが、あのドン・キホーテに限ってはありな構成だと感じます。ジャンプをあの位置で飛ぶことに意味を持たせる選曲でした。それがPCSで本田を上回ったCOに表れているのでしょう。

ザギトワはぎりぎり五輪OKの年齢なので来季はシニアに上がるでしょう。体型変化の大きなロシア娘なのでこの好調を維持できるかは未知数ですが対策・対応はするべきです。そしてライバルはザギトワだけではないわけでその辺り今回の試合結果をどの程度コーチや関係者が理解しているか非常に気になります。ただ今は来季の五輪を予想しながら今シーズンの演技の振り返りを楽しみたいです。ジュニア選手の皆さん、お疲れさまでした。秋には更に成長した姿を見られることを期待しています。

 

そしていよいよ残りはワールドのみ。ちょっと時間が空いて精神的に落ち着かない変な感じです。ジュニアワールドのような素晴らしい演技を数多くみられることを期待して今から非常にドキドキしています。その前にFSのまとめをやっておかなくては・・・

 


<FS合計>
                       ユーロ/
      B級    GPS1   GPS2  GPF    四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス         201.43    188.81   177.01   190.59                                  189.460
宇野 昌磨  172.25    190.19    186.48   195.69   187.77    188.84  199.37      188.656 
羽生 結弦  172.27    183.41    197.68   187.37   206.67                                  189.480
田中 刑事  148.74    155.78    167.95                 142.63    124.13   163.04  150.378
N・チェン  168.94    171.95    180.97   197.55   204.34                                  184.750
J・ブラウン  174.91    182.63    144.14                 165.08    170.86                   167.524
P・チャン  164.14    176.39    196.31    166.99  179.52                                  176.670
レイノルズ  152.45    164.49                                145.95                                  154.297
ボーヤン・ジン                 172.15    182.37                 176.18    187.22                   179.480
ハン・ヤン       136.25    155.15                 151.37    180.30                   155.768
M・コリャーダ  139.35    155.02    147.51                 166.22                                  152.025
M・コフトゥン 141.31    163.32    151.33                 172.27                                  157.058
M・ブレジナ                 157.06    135.91                 136.91                                  143.293
ビチェンコ  129.58    168.71    154.74                 152.56    151.90  160.06      152.925
デニス・テン                 180.05                                               172.06   125.90     159.337
ミーシャ・ジー  151.03   153.77    156.57                  157.56    157.75                  155.336

 

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 羽生 結弦   206.67    1位 フェルナンデス 177.01 
2位 N・チェン   204.34    2位 羽生 結弦   172.27  
3位 フェルナンデス 201.43    3位 宇野 昌磨   172.25  
4位 宇野 昌磨   199.37    4位 ボーヤン・ジン 172.15   
5位 P・チャン   196.31    5位 N・チェン   168.94 
6位 ボーヤン・ジン 187.22    6位 P・チャン   164.14   
7位 J・ブラウン  182.63    7位 ミーシャ・ジー 151.03  
8位 ハン・ヤン   180.30    8位 レイノルズ   145.95  
9位 デニス・テン  180.05    9位 J・ブラウン  144.14
10位 M・コフトゥン 172.27    10位 M・コフトゥン 141.31 

<平均>
1位 羽生 結弦   189.480 
2位 フェルナンデス 189.460   
3位 宇野 昌磨   188.656   
4位 N・チェン   184.750   
5位 ボーヤン・ジン 179.480  
6位 P・チャン   176.670
7位 J・ブラウン  167.524  
8位 デニス・テン  159.337
9位 M・コフトウン 157.058  
10位 ハン・ヤン   155.768

 

FSも6強変わらずだが、最高ではボーヤンが、平均でチャンとボーヤンが少し離れた印象だ。ただミスのない演技はまだ誰もできていないのであくまで現時点の話。最低点を見るとあまり変わらなくなってしまうのでミスが少ないものが上位に来る、ミスが複数出れば一気に点数が落ちてしまう。高難度時代なので30点近いふり幅もありうるため順位予想が難しくなっている。
シーズンを通して一番安定した点数を出したのがミーシャ、ただシーズン中の構成は結構変わっていてノーカンとか転倒とか構成を落として安定した演技をしてとか結果的に近いだけなのが面白い。
4回転を当たり前に入れるのでミスのない演技というのが難しい現代、点数の上がり下がりの激しさは仕方がないのかもしれない。そして練習ではできていても本番で高難度が成功できないと低迷したシーズンを送ることになってしまう恐ろしい時代でもある。それでも常に上位にいられる選手が強い選手と呼ばれるのだろう。

 

<PCS>                                                           ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  95.70     92.28     91.84    93.30                                  93.280
宇野 昌磨 85.90      91.08     91.36     90.94   91.08     87.70   92.66        90.103
羽生 結弦 86.60      88.12     92.52     92.36   94.34                                  90.788
田中 刑事 71.14      72.64     80.16                 73.92     63.70   82.20        73.960
N・チェン    74.86      79.36     84.06    84.42    88.86                                  82.312
J・ブラウン 87.00      90.02     82.70                 85.72     86.50                    86.388
P・チャン    88.08      91.12     93.00    90.78    92.58                                  91.112
レイノルズ    75.50      78.42                               74.64                                  76.187
ボーヤン・ジン                   78.00      78.80                77.44     83.60                    79.460
ハン・ヤン                   74.64      78.72                78.28     87.30                    79.735
M・コリャーダ   76.24       83.98      81.52                84.44                                  81.545
M・コフトゥン  76.42       75.92      75.00                84.50           77.960
M・ブレジナ                   80.62      76.42                76.20                                  77.747
ビチェンコ   65.84      80.14       76.48                77.30     76.90   72.10        74.793
デニス・テン                  86.66                                              89.90   76.10        84.220
ミーシャ・ジー  77.70      79.86        79.94                76.92    79.80                    78.844

 

<今季最高点>               <今季最低点>
1位 フェルナンデス 95.70      1位 フェルナンデス 91.84
2位 羽生 結弦   94.34      2位 P・チャン   88.08
3位 P・チャン   93.00      3位 羽生 結弦   86.60
4位 宇野 昌磨   92.66      4位 宇野 昌磨   85.90    
5位 J・ブラウン  90.02      5位 J・ブラウン  82.70
6位 デニス・テン  89.90      6位 ボーヤン・ジン 77.44
7位 N・チェン   88.86      7位 M・コリャーダ 76.24
8位 ハン・ヤン   87.30      8位 M・コフトゥン 75.00
9位 M・コフトゥン 84.50      9位 N・チェン   74.86
10位 M・コリャーダ 84.44      10位 ハン・ヤン   74.64

<平均>
1位 フェルナンデス 93.280
2位 P・チャン   91.112
3位 羽生 結弦   90.788
4位 宇野 昌磨   90.103
5位 J・ブラウン  86.388
6位 デニス・テン  84.220
7位 N・チェン   82.312
8位 M・コリャーダ 81.545
9位 ハン・ヤン   79.735
10位 ボーヤン・ジン 79.460

 

PCSは良く実績点だと言われる。決していい意味では使われていない、一般的にはベテランで実績のある選手がミスが出ても高いPCSが出ることを揶揄するときに言われることが多いからだ。
ただ今シーズンのPCSの出方を見ているとちょっと違う2つの意味の実績点になっているのではと感じる。一つ目は若手の伸び盛りの選手に対してに出る実績点で、前の試合より良さげな演技だとそれにプラスを加算した点数が出るという意味の実績点。もう一つが羽生やチャンのように実績がある選手の場合につけられるもの。過去の一番いい演技から減点法でつけられる実績点。同じ試合でその2つが適応されるとミスのあったベテランは抑え気味になり前より良かった若手は点数が伸びそれほど差がない点数が出てしまったりする。発表された点数より基礎的な実力差がありそうな気がするが、もともと複数のジャッジによる平均によって採点されるのでどこがどこまでおかしいのか曖昧で検証しようもないところがもやっとする。PCSの採点についてジャッジ間の意思統一や10点が出る条件、9点台8点台7点台など点数間の基準を明確にして欲しいとこの表を作っていて感じた。
それにしてもブレジナの数字を見ると小塚を思い出して悲しい。スケーティングは間違いなくいいのに高難度の失敗が続き演技がまとめられないことで徐々に点数が出なくなっている感じがする。
そして相変わらずよくわからないビチェンコのシーズン中のPCS(65.84→80.14→76.48→76.90→77.30→72.10)の変遷。TES的にカップオブチロルの方がユーロよりずっといいのになぜ5点も下がるのか本当に不思議だ。大きなミスをすれば点数が伸びない・下がるは理解できるが・・・一緒に出場している他の選手の点数に影響されているのだろうと予測できるが建前上絶対評価なのだからあまり大きすぎる変動の場合は説明責任を負ってもいいのではと思う。
あと時々話題にも上がるが転倒など見た目の大きなミスがあった演技で10点を出すのはやはり違う気がする。すぐ立ってロスした時間が短かったとはいえ一度切れたことは確かなのだから。その辺りしっかり明文化して欲しい。

それにしても最高点と最低点が近いコフトゥンとコリャーダの平均に結構差があるのが面白い。コフトゥンはここ2シーズン良くなかったのでPCSが下がり気味なので何とかワールドでいい演技をして踏ん張って欲しい。
 

 


<TES>
                          ユーロ/
      B級   GPS1     GPS2   GPF     四大陸   B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                105.73      97.53-1   86.17-1    98.29-1                                 96.180
宇野 昌磨 86.35   100.11-1   96.12-1  104.75      98.69-2  103.14-2 107.71-1  98.553
羽生 結弦 87.60-2  96.29-1  106.06-1   96.01-1  112.33                                   98.658
田中 刑事   77.60      83.14       87.79                      68.71      60.43     81.84      76.580
N・チェン   96.08-2   94.59-2    97.91-1  113.13   115.48                                  102.438
J・ブラウン 88.91-1  92.61        62.44-1                 79.36       85.36-1                  81.136
P・チャン   77.06-1   86.27-1  104.31-1   80.21-4  88.94-2                                  85.558
レイノルズ   77.95-1   87.07-1                                 72.31-1                                  78.110
ボーヤン・ジン          95.15-1   104.57-1               100.74-2   103.62                 100.020
ハン・ヤン       62.61-1     76.43                    73.09        93.00                    76.033
M・コリャーダ   64.11-1  72.04-1     67.99-2                 82.78-1                                  70.480
M・コフトゥン  64.89     88.40-1     76.33                     87.77           79.098
M・ブレジナ                 62.71-2     60.49-1                  62.71-2             60.303
ビチェンコ  64.74-1   88.57        78.26                     76.26-1   76.00-1  87.96        78.132
デニス・テン                 93.39                                                      82.16     50.80-1    75.117
ミーシャ・ジー  73.33      73.91        77.63-1                  80.64      77.95                     76.492

 

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 N・チェン   115.48    1位 ボーヤン・ジン 95.15-1
2位 羽生 結弦   112.33    2位 N・チェン   94.59-2
3位 宇野 昌磨   107.71-1  3位 宇野 昌磨   86.35
4位 フェルナンデス 105.73    4位 羽生 結弦   87.60-2
5位 ボーヤン・ジン 104.57-1  5位 フェルナンデス 86.17-1 
6位 P・チャン   104.31-1  6位 P・チャン   77.06-1
7位 デニス・テン   93.39    7位 ミーシャ・ジー 73.33
8位 ハン・ヤン    93.00    8位 レイノルズ   72.31-1
9位 J・ブラウン   92.61    9位 M・コフトゥン 64.89
10位 ビチェンコ    88.57    10位 ビチェンコ   64.74-1

<平均>
1位 N・チェン   102.438
2位 ボーヤン・ジン 100.020
3位 羽生 結弦    98.658
4位 宇野 昌磨    98.553
5位 フェルナンデス  96.180
6位 P・チャン    85.558
7位 J・ブラウン   81.136
8位 M・コフトゥン  79.098
9位 ビチェンコ    78.132
10位 レイノルズ    78.110

 

この部門のネイサンの完全勝利をボーヤンが防いだ。ボーヤンシーズン冒頭かなりいまいちという印象があったがTESはそれでもしっかりとっていた。
そして最低点と平均を見る限り6強の中でチャンが少し離れていることがわかる。ミスが少なければ多少構成が弱くても張り合えるが基礎点を大きく損なうミスが出れば高難度ミス有りとも大きく離れてしまうという結果に。ベテランにはなかなか辛い時代だ。
それにしても100点越えが6人もいるというTES殴り合いの時代を如実に物語っている。そしてボーヤンとネイサンは下限も高く高難度ミス有りでもTESをしっかりとってきている。今後はジュニアから上がってくる選手にこう言う選手が増えてくるだろうと予想できる。抜けやコンボ無しなど基礎点を失うミスの数が順位を左右しそうだ。

 

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編おまけ

ジュニアワールドが盛り上がっております。
残念ながら今のところ見たのは男子シングルFSの後半2グループだけ、映像探しても全部消されてるから振り返ることも出来ない。フ○テレビ本当に使えない。
今日の女子もまだ見てないけどもう無いんだろうな・・・

ジュニアワールドは置いておいてワールドへの道FSとりあえずおまけ分だけ纏めておく。
4回転の成功率についてはGOE0以上、ファーストジャンプの抜けは失敗で計算。(セカンド以降の変更はGOE0以上は成功)
コンボはGOE0以上なら予定構成と異なっても成功と見なす。コンボが実行できなかった場合は付ける予定のジャンプを失敗として計算。REPをリカバリした場合はそちらで計算するとする。

 


羽生 結弦 5試合
4Lo  4/5  80.00%  11.250
4S   5/10  50.00%   8.462(×2 1試合平均16.924)
4T   5/6  83.33%  11.357
3A   9/10  90.00%  13.338(×2 1試合平均26.676)
コンボ(予定構成41.8) 11/15 73.33% 1試合平均 31.706 獲得率 75.852%
ジャンプ合計(予定構成87.53) 1試合平均 78.906 獲得率 90.147%
FCCoSp レベル4・・・5回         4.500
FCSSp  レベル4・・・3回 3・・・2回  3.608
CCoSP  レベル4・・・5回         4.124 スピン計 12.232
StSq   レベル4・・・3回 3・・・2回  5.062
ChSq                     3.472 ステップ計 8.534
                               TES計 99.672

 

フェルナンデス 4試合
4T   3/4  75.00%  10.950 
4S   6/8  75.00%  11.043 (×2 1試合平均22.086)
3A   5/8  62.50%   9.843 (×2 1試合平均18.966)
コンボ(予定構成35.82) 10/12 83.33% 1試合平均 34.273 獲得率 95.681
ジャンプ合計(予定構成79.23) 1試合平均 76.79 獲得率 96.920%
CSSp   レベル4・・・1回 3・・・3回 3.505 
FCCoSp レベル4・・・4回        3.913
CCoSp  レベル4・・・3回 2・・・1回 4.128 スピン計 11.546
StSq   レベル4・・・2回 3・・・2回 4.995
ChSq                    3.600 ステップ計 8.595
                              TES計 96.931

 

ネイサン・チェン 5試合
4Lz  3/5  60.00% 17.218
4F   4/5  80.00% 14.378
4T   5/10  50.00% 10.214 (×2 1試合平均20.428)
4S   1/3  33.33%  8.963 
3A   1/6  16.67%  7.790
コンボ(予定構成 41.86) 11/15 73.33% 1試合平均 42.018 獲得率 100.377%
ジャンプ合計(予定構成 86.02) 1試合平均 85.368 獲得率 99.242%
CCSp   レベル4・・・4回 3・・・1回 3.450
FCCoSp レベル4・・・4回 2・・・1回 3.886
CCoSp  レベル4・・・1回 3・・・3回 1・・・1回 3.588 スピン計 10.924
StSq   レベル4・・・1回 3・・・3回 2・・・1回 4.250 
ChSq                    2.900 ステップ計 7.150
(ネイサンの予定構成はGPFで計算)            TES計103.442

 

パトリック・チャン 5試合
4T   4/10  40.00% 10.128 (×2 1試合平均20.256)
4S   1/5  20.00%  6.952
3A   6/10  60.00%  9.085 (×2 1試合平均18.170)
コンボ(予定構成35.39) 9/15 60.00% 1試合平均 28.724 獲得率 81.164%
ジャンプ合計(予定構成77.16) 1試合平均 65.824 獲得率 85.308%
CCSp  レベル4・・・2回 3・・・3回 3.946
FSSp  レベル4・・・4回 3・・・1回 3.932
CCoSp レベル4・・・5回        4.412 スピン計 12.290
StSq  レベル4・・・4回 3・・・1回 5.478
ChSq                   3.766 ステップ計 9.244
                             TES計 87.358

 

ボーヤン・ジン 4試合
4Lz  3/4  75.00% 15.463
4S   1/4  25.00%  7.873
4T   3/8  37.50%  9.876 (×2 1試合平均19.752)
4Lo  0/1   0.00%  4.400
3A   6/8  75.00% 12.049 (×2 1試合平均24.098)
コンボ(予定構成37.49) 10/12 94.68% 1試合平均 40.553 獲得率 108.170%
ジャンプ合計(予定構成88.10) 1試合平均 83.430 獲得率 94.699%
FCSp  レベル4・・・4回        3.715
CSSp  レベル4・・・2回 3・・・2回 3.043 
CCoSp レベル4・・・2回 3・・・2回 3.540 スピン計 10.298
StSq  レベル4・・・2回 3・・・2回 4.313
ChSq                   2.980 ステップ計 7.293
(ボーヤンの予定構成はGPSで計算)            TES計101.021

 

宇野 昌磨 7試合
4F   6/7  85.71% 13.066
4T   9/14  64.29% 11.194 (×2 1試合平均22.388)
4Lo  1/3  33.33%  8.943
3A   10/14  71.43% 11.978 (×2 1試合平均23.956)
コンボ(予定構成42.57)11/21 52.381% 1試合平均 32.670 獲得率 76.744%
ジャンプ合計(予定構成81.71)1試合平均 78.983 獲得率 96.663%
FCSp   レベル4・・・6回 3・・・1回 3.744      
(CSSp  レベル4・・・1回        3.200)
FCCoSp レベル4・・・6回        4.405
CCoSp  レベル4・・・7回        4.649 スピン計 12.798
StSq   レベル4・・・1回 3・・・6回 4.673
ChSq                    3.271 ステップ計 7.944
(宇野の予定構成はGPFまでで計算)            TES計 99.725


FS計算して思ったのはネイサン・ボーヤン組と羽生・宇野組で別れるなぁということ。
ネイサンとボーヤンは転倒やら着氷不良やらで成功率はそこまで良くないけど基礎点はしっかり取っている。特に二人ともコンボをしっかり決めてきている。それがコンボの獲得率の高さを生み出しひいては安定した高TESを得ることになっている。


一方羽生と宇野はジャンプの成功率はそれなりに高くあるのにコンボの獲得率が低い。コンボなしや抜けによる基礎点減が影響している。GOEはあくまでおまけとしてのプラスしか生み出さないわけで基礎点を補完することは出来ない。基礎点を確保できているかどうかでTES平均が100超える超えないの差が出てきている。


そういう意味ではファーストジャンプに抜けの無いネイサンが強いと感じるデータだ。3A以上のジャンプは高難度なのでやはり全く失敗しないというのは難しい。失敗してもどの程度基礎点を確保できるか&GOEマイナスを減らせるかがこれからの試合で上位を維持するために必要になっている。

 

そういった理由から羽生は後半4Sの抜けと転倒REPが今季点数が伸びない大原因となっていることがわかる。コンボを前半にするか単独の4Sと4Tを入れ替えてREPの危険を少しでも軽減するかすべき、とはっきり数字で出ている。たぶん変更はしないだろうけど・・・本当に見ている人間の心臓を不安にさせる構成だ。ステップはレベル4を今季まずまずとっているので昨季よりはよくなっている。ただコレオは疲れが見えることが多いせいかチャンやフェルナンデスほどは伸びてこない。ついでに3連乱れからのシットがレベルを落とすことがあるため得意なだけにもったいない結果となっている。高構成が何人もいる中では取りこぼしは少しでも避けたいところ。

 

スピンステップはFSでもネイサンとボーヤンは近かった。二人の差はTESではほとんど無い、PCSの差が大きいと感じる。特に後半スピンステップ固め打ちのバランスの悪さがネイサンのPCSに思ったほど響かないことが不思議だ。ジャンプだけの部分から滑っていると印象ががらっと変更出来ていると言えば聞こえが良いがそこまでボーヤンと差があるかとは思う部分ではある。ただ二人ともスピンについてはそこまでGOEが高くないのでレベルはしっかり獲得したい。

 

フェルナンデスはそこそこの成功率とそこそこのGOEをとっているがFSではシーズンを進んで良くなっているかは微妙な印象だ。ただGPFではかなり準備不足だったようなのでしっかり練習が積めれば構成を高くないので安定した演技は出来そうな印象だ。GPF・ユーロと多少もやっとする結果だったのでワールドではしっかり体を作ってくるだろう。そうなれば非常に怖い存在だ。

 

チャンはFSのデータがSP以上にかなり不安だ。4回転の成功率が想像以上に悪かったしそれ以外のジャンプでも他選手よりミスが多い。ステップはさすがだがスピンもFSではSPほど稼げていない。基礎点が今では決して高くないしPCSでの差で基礎点差は埋められないので台乗りするためにはジャンプ構成を確実に遂行する必要がある。せめて3A以下のジャンプはきちんと揃えたい。

 

宇野はコンボ無しの基礎点損失は大きいが4Fで意外に稼げているので基礎点は案外確保できている。ただ転倒の回数が多い。ワールドでは上位はそれなりに纏めてくるので表彰台に乗るためには転倒はSPFS通して1回以下にしたい。コレオはクリムキンだけで昨季と変わらないこともあるからチャンやフェルナンデスと多少差がつくのは仕方ないだろう。ただステップが四大陸以外では4が取れていないのでもったいない感じだ。

 

ネイサン・ボーヤン・宇野はシーズン中に構成を変えてきた。ボーヤンはどうも戻しそうだがネイサンと宇野は高い方でワールドに臨むことになりそうだ。
それでも基礎点をほぼ毎試合10点以上失ってもTES平均がほぼ100に来る羽生が構成通りこなすことが出来れば強そうだとデータを見ると感じる。リカバリでクワドを飛ぶことが出来ている。体力的な問題ではないので是非一度構成通りに滑る演技が見たいものだ。


トータルの得点と今回のTESを並べて思うのはボーヤンはPCS、チャンはTES的にノーミスじゃ無いと厳しそうだということ。
ネイサンはチョコチョコミスはあるが構成をこなすことが出来るので確実にTESを稼ぎPCSを伸ばしてきているので上位に来る確率は高そうだ。
宇野もTESはほどほど安定した数字を出してきているが、大きなミスが必ず出ているので伸び悩んでいる印象もある。それを振り払えるかで順位が決まりそう。

 

完璧なノーミスは今季まだ誰もいない。今のところ一番近そうなのがネイサンだがワールドという大舞台でできるかは未知数だ。昨季表彰台に上ったボーヤンはシーズン後半に来てジャンプが安定してきている。昨年一昨年を思えばフェルナンデスが当然怖い存在となってくる。チャンも来季の五輪を思えばむざむざ若手に抜かれるのを良しとしないだろう。五輪枠がかかったワールドで自分の力をどれだけ出せるのか、その強さを示せるか、それはそのまま五輪本番ににつながる道となるはずだ。どの選手もいい達成感を持ってシーズンが終われる演技になることを願ってやまない。

 

 

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編おまけ

今シーズンの6強と呼べる選手たちのSP獲得点を要素別に見た。
ジャンプの成功率は例によってGOE0以上で計算。ファーストジャンプが抜けの場合はプラスでも失敗とみなす(セカンドはGOE+なら成功)。コンボをミスって別のジャンプにつけた場合はそちらの方にセカンドが合計されている。そして転倒減点は今回は含まれていない。
SPのジャンプ構成は全員シーズン通して変わっていない。ネイサンのみスピンでシットとキャメルの位置がGPFから入れ替わっている。
残念ながらスピンステップALLレベル4はいなかった。宇野が非常に惜しかった。クープ・ド・プランタンのプロトコルを見つけたのでその分も今回は加算している。

 

羽生 結弦 5試合
4Lo    2/5  40%  10.086
4S+3T  2/5  40%   9.232
3A     5/5 100%  11.978 ジャンプ平均計 31.296
FCSp   レベル4・・・2回 3・・・3回 3.698
CSSp   レベル4・・・4回 3・・・1回 3.982
CCoSp  レベル4・・・5回        4.612 スピン計 12.292
StSq   レベル4・・・4回 3・・・1回 5.626 TES計 49.214

 

ハビエル・フェルナンデス 4試合
4T+3T  2/4  50%  13.048
4S     2/4  50%  10.250
3A     3/4  75%  10.030 ジャンプ平均計 33.328
FUSp   レベル4・・・3回 3・・・1回 3.508
CCoSp  レベル4・・・2回 3・・・2回 4.125
CSSp   レベル4・・・3回 3・・・2回 3.723 スピン計 11.356
StSq   レベル4・・・4回        5.700 TES計 50.384

 

ネイサン・チェン 5試合
4Lz+3T 3/5  60%  16.722
4F     3/5  60%  11.090
3A     3/5  60%   8.034 ジャンプ平均計 35.846
FSSp   レベル4・・・4回 3・・・1回 3.456
CCSp   レベル4・・・3回 3・・・2回 3.508
CCoSp  レベル4・・・1回 3・・・4回 3.692 スピン計 10.656
StSq   レベル4・・・1回 3・・・4回 4.746 TES計 51.248

 

パトリック・チャン 5試合
4T+3T  3/5  60% 11.500  
3A     2/5  40%  7.920
3Lz    3/5  60%  7.278 ジャンプ平均計 26.698
FSSp   レベル4・・・5回         4.112
CCSp   レベル4・・・3回 3・・・2回  3.930
CCoSp  レベル4・・・4回 3・・・1回  4.590 スピン計 12.632
StSq   レベル4・・・3回 3・・・2回  5.272 TES計 44.602

 

ボーヤン・ジン 4試合
4Lz+3T 1/4  25% 14.475
3A     3/4  75%  8.865
4T     3/4  75% 10.873 ジャンプ平均計 34.213
FCSp   レベル4・・・2回 3・・・2回 3.365
CSSp   レベル4・・・2回 3・・・2回 3.463
CCoSp  レベル4・・・4回        3.983 スピン計 10.811
StSq   レベル4・・・2回 3・・・2回 4.548 TES計 49.572

 

宇野 昌磨 7試合
4F     2/7 28.8% 11.313
4T+3T  2/7 28.8% 10.614
3A     6/7 85.7% 11.366 ジャンプ平均計 33.293
FCSp   レベル4・・・7回        4.013
CSSp   レベル4・・・7回        3.574
CCoSp  レベル4・・・7回        4.553 スピン計 12.140
StSq   レベル4・・・6回 3・・・1回 5.291 TES計 50.724

 

転倒減点を入れない&プランタンを含めると宇野がTESでフェルナンデスを超える。ついで4Fとコンボの成功率もかなり上がった。
スピンがALLレベル4のわりにこの中で宇野がそれほど高得点に感じないのはCSSpが1度GOE-2以上を食らっているため。足替え後に大きくバランスを崩したのだがレベル4でここまでマイナスされるのは珍しい。もともとスピンの中ではあまりGOEが高くない要素なので平均を下げてしまった。
ジャンプの成功率では宇野は非常に低いが4Fはステップ不足のGOEマイナスが4回あるため得点としては高めとなっている。決していい着氷ではないがある程度できてはいる宇野としては4Tコンボを確実に決めることが今の課題だろうと感じる。

 

ボーヤンとネイサンは冒頭の4Lzコンボの差が大きいことがわかる。ボーヤンは今季なかなかこの大技をクリーンにできていない。Lzはボーヤンの中ではもっともGOEが稼げるはずのジャンプなのでここで獲得できないと挽回する場所がなくなってしまう。SPのスピンステップについては現時点でこの二人に大きな差はないことがわかる。しかしレベルGOEともにネイサンはシーズン後半に来て確実に取れるようになってきているので今後は異なってくる可能性が高い。ボーヤンもレベルだけは獲得するようにしたい。

 

チャンはこの6人では構成が一人低いためジャンプで並び立てないことはわかっている。ただ問題はこの構成でも成功率が高くないことだ。高難度組がそこそこの成功率を誇っているためせめてそれを上回れないと最終グループに入れないという事態になってくるかもしれない。せめて羽生のように一つでも鉄板ジャンプを作りたいものだ。しかしスピンの獲得点は素晴らしい。後は得意のはずのステップをレベル4確実に取っておきたい。

 

フェルナンデスはどのジャンプもほどほど基礎点近く取っている。構成を上げないで完成度での勝負なのでここまでまずまずできている。しかしやはりGOEを付けていかないと若手に押される印象があるので4回転の成功率を80%維持したい。あと一人だけスピンの基礎点が低いためレベルはしっかりとっておきたい。

 

羽生は今季の苦労が良くわかる数字になっている。4回転の成功率については新要素なので仕方ない部分ではある。ただ他の選手と違うのは失敗が基礎点大幅減に結びついてしまっているところだ。抜けとコンボ無しそしてダウングレードは現行のルールでは最もやってはいけないミスである。4Loのダウングレードについてはおそらくもうないだろうが4Sは要注意。来季を見据えて4Tにすることはないと思うのでせめて飛びやすい飛び方で基礎点を確実に取るようにしたいところ。コンボでミスするとキャメルのレベルにも響く要因になっている。2重のマイナスはSPでは大きい。FSの滑走をグループ後半にするためにもTESをしっかりとっておきたい。それでも鉄板すぎる3Aの成功率・獲得点がすごい。4Loの基礎点と変わりないわけで4回転を一人3本入れているようなもの。3Aの存在が羽生は強いという印象を与え続けている。

 

PCSを入れるとボーヤンが劣る印象があるが、TESでは全く遜色ない。むしろチャンが厳しいなと感じる。ネイサンに今季では少し水をあけられた感じがあるが数字で見るとそこまでの差ではないことがわかる。決まった4Lzであればむしろボーヤンの方が質は良いのでとりあえず冒頭のジャンプを決めたいところだ。
今季の獲得点を見るとこの6人がデータ上上位に来る可能性が高い。そしてどの選手もそれなりの成功と失敗をしてシーズンを進んできた。ここまでの確率を超えた演技をした選手がワールドでは勝つだろう。表彰台全員がSP100点越え総合300点越えなんて物凄い試合が見られることを是非期待している。

 

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その2

<ジャンプ>
                        ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF    四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  29.44    33.88-1   31.39-1   38.60           32.828
宇野 昌磨 30.05-1 30.30-1  36.25      26.22-1    38.76    30.55                     31.522
羽生 結弦 26.35-1 18.26      38.81     40.12       32.94                                  31.096
田中 刑事 18.78     18.63     28.40                     25.09    14.50   32.80         23.033
N・チェン   36.22-1   36.09    33.55-1  31.45-1    41.92                                  35.246
J・ブラウン   22.72-1   29.13-1  17.33                    20.82-1   25.18-1                22.236
P・チャン   24.03      29.00-1   21.50    34.24      24.72-1                                26.298
レイノルズ   25.60      28.75                                  24.53-1                                25.960
ボーヤン・ジン                  23.29-2   41.59                   35.76     36.21                     33.713
ハン・ヤン        22.59-1   19.79                   32.14     31.98                     26.375
M・コリャーダ  25.74-1    12.56       21.63                   24.61                                  20.885
M・コフトゥン  33.89      16.37       20.53                   36.98                                  26.943
M・ブレジナ                 19.50-2     21.06                   23.35-1                              20.303
ビチェンコ   28.15      33.74       24.71                   32.19   27.02   22.98         28.132
デニス・テン                  30.90                                               32.55   16.03-1      26.160
ミーシャ・ジー  28.05     21.63-1    20.36-1                 25.60     21.23                   22.974

<今季最高点>            <今季最低点>
1位 N・チェン   41.92   1位 N・チェン   33.55-1
2位 ボーヤン・ジン 41.59   2位 フェルナンデス 29.44
3位 羽生 結弦   40.12   3位 宇野 昌磨   26.22-1
4位 宇野 昌磨   38.76   4位 レイノルズ   24.53-1
5位 M・コフトゥン 36.98   5位 ビチェンコ   22.98
6位 P・チャン   34.24   6位 P・チャン   21.50
7位 ビチェンコ   33.74   7位 ボーヤン・ジン 23.29-2 
8位 田中 刑事   32.80   8位 ミーシャ・ジー 20.36-1
9位 デニス・テン  32.55   9位 ハン・ヤン   19.79
10位 ハン・ヤン   32.14   10位 羽生 結弦   18.26


<平均>
1位 N・チェン   35.246
2位 ボーヤン・ジン 33.713
3位 フェルナンデス 32.828
4位 宇野 昌磨   31.522
5位 羽生 結弦   31.096 
6位 ビチェンコ   28.132
7位 M・コフトゥン 26.943
8位 ハン・ヤン   26.375 
9位 P・チャン   26.298
10位 デニス・テン  26.160

ジャンプはやはり構成の強い二人が上位に来る。ネイサンは最高最低平均全てでトップになった。これは転倒があっても基礎点をほぼ確保していると言うこと。
しかしジャンプ3つしか無くてもかなり大きな差がつくのだと言うことがよくわかる。羽生はダウングレード+コンボなしという結果で最低点では大きく順位を下げた。
そして昨季ワールドであれほどジャンプが安定していたコリャーダの得点の悲しさ。1クワド・クワド無し組が張り合うためには確実にこなさないとあっという間に10点以上差がついてしまうことがよくわかる。そして1シーズン良くても継続はなかなか難しいと言うことも。
その点フェルナンデスと羽生は大きく崩れないという確実な実力があることもこの結果から読み取れる。

 

<スピン>
                      ユーロ/
      B級   GPS1 GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス      10.43     11.90    10.76    12.33          11.355
宇野 昌磨 10.88      12.34      12.63    12.56    11.91    12.30                      12.103
羽生 結弦 11.60      11.52      12.84    13.06    12.44                                   12.292
田中 刑事  9.97       10.06        9.80                 10.14   10.60   11.80           10.395
N・チェン     9.23      11.42      10.70      9.87    12.06                                   10.656
J・ブラウン 12.80       8.29        9.88                 12.35    11.60                      10.984
P・チャン   12.22      12.33      12.91    12.72    12.98                                   12.632
レイノルズ   10.30        8.69                                11.03                                   10.007
ボーヤン・ジン                  10.51     10.64                  10.40   11.60                       10.788
ハン・ヤン          9.01     11.08                    7.37   12.00                         9.865
M・コリャーダ   12.20       12.56     12.06                 12.98                                   12.450
M・コフトゥン  10.95       10.27       8.33                 10.99                                   10.135
M・ブレジナ                   10.57      10.47                10.56                                   10.533
ビチェンコ     8.51        9.40        7.71                   9.51    8.36   9.50                  8.832
デニス・テン                   10.50                                11.60   11.40                       11.167
ミーシャ・ジー  10.50       10.73    10.59                   11.37   11.20                       10.878

<今季最高点>           <今季最低点>
1位 羽生 結弦   13.06  1位 P・チャン   12.22
2位 P・チャン   12.98  2位 M・コリャーダ 12.06
2位 M・コリャーダ 12.98  3位 羽生 結弦   11.52
4位 J・ブラウン  12.80  4位 宇野 昌磨   10.88
5位 宇野 昌磨   12.63  5位 デニス・テン  10.50
6位 フェルナンデス 12.33  5位 ミーシャ・ジー 10.50 
7位 N・チェン   12.06  7位 M・ブレジナ  10.47
8位 ハン・ヤン   12.00  8位 フェルナンデス 10.43 
9位 ボーヤン・ジン 11.60  9位 ボーヤン・ジン 10.40
9位 デニス・テン  11.60  10位 田中 刑事    9.80

<平均>
1位 P・チャン    12.632
2位 M・コリャーダ  12.450
3位 羽生 結弦    12.292
4位 宇野 昌磨    12.103
5位 フェルナンデス  11.355
6位 デニス・テン   11.167
7位 J・ブラウン   10.984
8位 ミーシャ・ジー  10.878
9位 ボーヤン・ジン  10.788
10位 N・チェン    10.656


ここで一番驚いたのはスピンが強いはずのブラウンが今季意外に取れていないと言うこと。ノーカンがあったり昨季ほどGOEが付いていない。体調が良くない為もあるのだろうけどここで伸ばせないとジャンプが安定していないだけにきつい。
昨季から見ると今シーズンのチャンのスピンは安定している。ジャンプはなかなか揃わないがGOE+2以上の加点をほぼ獲得しているため1クワドでも上位に安定して付けていられる。
そしてここでようやくコリャーダが上位に登場した。ビールマンを入れなかったり昨季からみると多少微妙に感じる部分もあるが結構しっかり点数を貰っていた。今季は4Tも3Aも安定しないのでスピンでの得点が非常に大切になっている。
そしてこうしてみると悲しすぎるビチェンコの得点。GOEがつかないことは仕方ないがせめてレベルだけは確保したい。3つで10点無いといくらジャンプで稼いでも印象に悪い。PCSが安定しない原因にもなっているのかも。
ボーヤンはSPのスピンはほどほど得点をとっている。キャメルがもう少し改善できれば点が伸びそうだがそう簡単では無いだろうしレベルさえ確保できていれば今のところは良いのかも。ただ上位5名に必要以上にはなされないためにもどれか一つでも稼げるスピンを作りたいものだ。

 

<ステップ>
                      ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  5.60        5.90       5.30     6.00                                     5.700
宇野 昌磨 5.30        4.23       5.40       5.60     5.40        5.58                      5.252
羽生 結弦 6.00        5.70       5.70       6.00     4.73                                     5.626
田中 刑事 3.80        3.80       3.94                   3.87       3.80   4.20             3.902
N・チェン    5.30        4.23       4.30       4.30     5.60                                     4.746
J・ブラウン 5.86        5.90       4.59                   5.60       5.30                       5.450
P・チャン   5.42         4.73       4.51      5.70      6.00                                    5.272
レイノルズ   4.10        5.20                                  4.01                                    4.437       
ボーヤン・ジン                  4.09       4.70                    5.10    4.30                         4.578        
ハン・ヤン       4.16       5.00                     5.10    5.58                        4.960      
M・コリャーダ   4.95       4.23        3.94                    4.30                                    4.355
M・コフトゥン  4.83       3.80        3.87                    5.00                                    4.375
M・ブレジナ                 4.09        5.00                    5.20                                    4.763
ビチェンコ   3.80       3.60        3.39                    5.30     4.10    4.00             4.317
デニス・テン                 6.00                                               5.86    5.30             5.720
ミーシャ・ジー  5.02       4.16        4.37                    5.30     5.30                        4.830

<今季最高点>            <今季最低点>
1位 羽生 結弦    6.00   1位 フェルナンデス 5.30
1位 フェルナンデス  6.00   1位 デニス・テン  5.30
1位 P・チャン    6.00   3位 羽生 結弦   4.73
1位 デニス・テン   6.00   4位 P・チャン   4.59
5位 J・ブラウン   5.90   5位 J・ブラウン  4.59 
6位 宇野 昌磨    5.60   6位 宇野 昌磨   4.23
6位 N・チェン    5.60   6位 N・チェン   4.23
8位 ハン・ヤン    5.58   8位 ミーシャ・ジー 4.16
9位 ビチェンコ    5.30   8位 ハン・ヤン   4.16
9位 ミーシャ・ジー  5.30   10位 M・ブレジナ  4.09

ステップ満点を4人出している。羽生はおそらく初めてだが今季だけで2回出している。昨季なかなか揃わなかったため強化してきたのだろう。
ALLレベル4はフェルナンデスとテンだけ。チャンも羽生と同じく加点がつくがレベルが取れないとステップはどうしても追いつかない。
そして今はもうほとんどの選手がレベルの取り方を知っているのでGOEが付くつかないはともかくレベル3以上は確実にとってくる。差がつかない分だけ取りこぼしはもったいない項目だ。

 

<GOE>
                      ユーロ/
      B級   GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  5.22        3.93        0.20      9.18           4.633
宇野 昌磨 -0.62     -1.08        4.43        4.83      6.22      2.88                        2.777
羽生 結弦  5.50      3.43         7.60       9.43     10.56                                     7.304
田中 刑事 -3.47      0.93       -0.02                     3.34      0.94  6.24               1.327
N・チェン    -0.60      5.41       -3.50      -2.33       6.43                                     1.190
J・ブラウン  4.42       2.79       -0.63                     2.45    1.82                          2.170
P・チャン   -1.66       3.86        2.82       9.76       2.27                                     3.410
レイノルズ   -3.70     -1.16                                    0.67                                     -1.397
ボーヤン・ジン                -8.14        6.09                     0.73      1.38                          0.252
ハン・ヤン      -3.43        3.02                     3.93      4.98                          2.125
M・コリャーダ    2.46       5.86       3.80                     7.69                                        4.953
M・コフトゥン   1.62       2.64       1.78                     4.92                                        2.740
M・ブレジナ                 -2.24      3.33                     1.06                                         0.717
ビチェンコ   -0.60       6.38     -0.25                     4.84     -1.58   -5.08                 0.618
デニス・テン                  4.55                                               6.46    -1.50                3.170
ミーシャ・ジー  0.24       -0.21      -3.68                     4.94   1.20                              0.498

<今季最高>              <今季最低>
1位 羽生 結弦   10.56    1位 羽生 結弦    3.43
2位 P・チャン    9.76    2位 M・コリャーダ  2.46
3位 フェルナンデス  9.18    3位 M・コフトゥン  1.62
4位 M・コリャーダ  7.69    4位 フェルナンデス  0.20
5位 デニス・テン   6.46    5位 J・ブラウン  -0.63
6位 N・チェン    6.43    6位 宇野 昌磨   -1.08 
7位 ビチェンコ    6.38    7位 デニス・テン  -1.50
8位 田中 刑事    6.24    8位 P・チャン   -1.66
9位 宇野 昌磨    6.22    9位 M・ブレジナ  -2.24
10位 ボーヤン・ジン  6.09    10位 田中 刑事   -3.47

<平均>
1位 羽生 結弦    7.304
2位 M・コリャーダ  4.953
3位 フェルナンデス  4.633
4位 P・チャン    3.410
5位 デニス・テン   3.170
6位 宇野 昌磨    2.777
7位 M・コフトゥン  2.740
8位 J・ブラウン   2.170
9位 ハン・ヤン    2.125 
10位 田中 刑事    1.327

全ての試合でマイナスにならなかったのは最低上位4名のみ。その中でも羽生のGOE獲得はずば抜けていることがわかる。今季最高だけで比較してもネイサンやボーヤンの構成差はそう大きく脅威になっていない。
田中を除いてここに上げた選手はチャンピオンシップ上位に入った経験のある選手なので良い演技をすればそれなりに高GOEを獲得できる。しかしいつも良い演技できるわけでは無いのがフィギュアスケートという競技だ。他の選手の最高GOEを平均で出せてしまう羽生の強さを感じられるデータだ。
SPは要素が少ないため転倒してしまうとGOEがマイナスになりやすい。抜けやキックアウトの場合は案外このランキングには響かないという実績がある。コリャーダとコフトゥンが平均で上位に来るというのはこれが原因なのでちょっと喜べない現状がある。
ただそれでもGOEは質の良さを見る上ではわかりやすいランキングで全員が良い演技をしたときにどの選手が上位に来るのか参考にある指標の一つだ。高構成でGOEもがっぽりと言うのが現ルールでは最強の選手、今のところ一番近いのが羽生で次が構成でネイサン、GOEでフェルナンデスといったところだろう。後は全選手が揃う中でいかに実力を出し切れるかが問われる。今季最高の舞台で誰がそれをやり遂げトップに立つのか、非常に楽しみになってくる。

 

ワールドまであと半月、ちまちま時間を見つて並べてみたがこのブログでこれだけ大人数を並べるのはかなりきつい・・・メモ帳に書いたデータを張り付けるとすべてずれてしまうからだ。FSもやろうと思ってたけどやる気がなくなってきてます。もっと人数を絞るかもう少し形を変えてみるか、考えどころです。

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その1

今シーズンからFS滑走順が変わった。SPの成績が良い者がより後ろに滑走することになったためSP順位は以前よりずっと重要になった。
FSをより優位にするためにSPは各エレメンツを確実に実行する必要がある。今シーズンのここまでを振り返ってみる。

前回記載しなかったが一応時間軸としては左から右にかけて進んでいる。しかし田中とブラウンの後半B級1戦目は実際にはGPSより前、ビチェンコの後半B級1戦目はユーロより前の試合となっている。枠の都合でこの3人のみ時間のずれがあることになる。

<SP合計>
                      ユーロ/
      B級   GPS1 GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                   91.55    96.57     91.76   104.25                                 96.033
宇野 昌磨 86.68      89.15     98.59    86.82   100.28     92.43                   92.325
羽生 結弦 88.30      79.65   103.89  106.53     97.04                                 95.082
田中 刑事 63.55      69.13     80.49                  77.55     61.85   89.05       73.603
N・チェン    87.50      92.85     87.94    85.30   103.12                                 91.342
J・ブラウン 81.58       85.75     74.33   80.77      83.18                                 81.122
P・チャン   84.59       90.56     83.41    99.76     88.46                                  89.356
レイノルズ   75.35       80.57                                76.36                                  77.427
ボーヤン・ジン                   72.93    96.17                   91.33      92.86                   88.323
ハン・ヤン        72.86    75.04                    84.08      91.56                   80.885
M・コリャーダ   80.20       90.28    78.18                   83.96                                  83.155
M・コフトゥン  88.26       67.43    70.10                   94.53                                  80.080
M・ブレジナ                   70.36    75.86                   78.61                                  74.943
ビチェンコ  74.17        86.81    75.13                   86.68    76.18   71.68         78.442
デニス・テン                   89.21                                             94.91   72.98         85.700
ミーシャ・ジー  79.52       72.30     72.49                  81.85    76.18                      76.468

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 羽生 結弦   106.53    1位 フェルナンデス 91.55
2位 フェルナンデス 104.25    2位 宇野 昌磨   86.68
3位 N・チェン   103.12    3位 N・チェン   85.30
4位 宇野 昌磨   100.28    4位 P・チャン   83.41 
5位 P・チャン    99.76    5位 羽生 結弦   79.65
6位 ボーヤン・ジン  96.17    6位 M・コリャーダ 78.18 
7位 デニス・テン   94.91    7位 レイノルズ   75.35 
8位 M・コフトゥン  94.53    8位 J・ブラウン  74.33
9位 ハン・ヤン    91.56    9位 ボーヤン・ジン 72.93
10位 M・コリャーダ  90.28    10位 ハン・ヤン   72.86 

<平均>
1位 フェルナンデス 96.033
2位 羽生 結弦   95.082
3位 宇野 昌磨   92.323
4位 N・チェン   91.342
5位 P・チャン   89.356
6位 ボーヤン・ジン 88.323
7位 デニス・テン  85.700
8位 M・コリャーダ 83.155
9位 J・ブラウン  81.122
10位 ハン・ヤン   80.885

SPはとにかくエレメンツをこなすことが大事。特にジャンプは規定回転できないと0点になってしまうためFSより差がつきやすい。
昨季より持越しであるフェルナンデスは今のところまだノーミスはできていないが要素抜けまではいかないミスでとどめているので90点以上を確保している唯一の選手となっている。
羽生は100点を複数出しているので最高点と平均では上位だが最低点ではフェルナンデスに10点以上引き離されている。抜けとダウングレードのためだが基礎点を大きく引かれると要素が少ない分挽回ができないので気を付けたい。
宇野もノーミスなしだが基礎点を大きく失うほどではないため上位でいられる。ただコンボ無しになると90点未満になるので気を付けたい。
コリャーダは今季あまり上位に上がれないがSPについては持ち越しのため案外安定した数字を出している。それでも昨季ワールドのような出来ではない&FSでまとめきれないためなかなか表彰台には絡めないでいる現状がある。
コフトゥンとハン・ヤンは結構浮き沈みが激しいSP結果となっている。ジャンプが決まらないと点数が伸びない選手となってきているためとにかく最初のジャンプを決めることが大事だ。

 

<PCS>                                                              ユーロ/
      B級   GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス         46.08     45.89   45.31   47.32                                   46.150
宇野 昌磨 41.45       43.28        44.31     43.44   44.21       44.00                   43.448
羽生 結弦 45.35       44.17        46.54     47.35   46.93                                   46.068
田中 刑事 31.00       36.64        38.35          38.65     32.95   40.25        36.307
N・チェン    37.75       41.11        40.39     40.68   43.54                                   40.694
J・ブラウン 41.20       43.43        42.53      43.00   42.10                                  42.452
P・チャン    42.92       45.50        44.49      47.10   45.76                                  45.154
レイノルズ    35.35       37.93                                   37.79                                  37.023
ボーヤン・ジン                   37.04        39.15                   40.07     40.75                    39.253
ハン・ヤン         38.07        39.17                   39.47     42.00                    39.678
M・コリャーダ   38.31       41.72        40.55                   42.07                                   40.663
M・コフトゥン  38.59       36.99        37.37                   41.56                                   38.628
M・ブレジナ                   37.93        39.33                  40.50                                    39.253
ビチェンコ   33.71       40.07        39.32                  39.68    36.70   35.20           37.447
デニス・テン                   41.81                                                44.90   41.25           42.653
ミーシャ・ジー  35.95       36.78        38.17                   40.58    38.45                       37.986

<今季最高点>               <今季最低点>
1位 羽生 結弦   47.35      1位 フェルナンデス 45.31
2位 フェルナンデス 47.32      2位 羽生 結弦   44.17
3位 P・チャン   45.76      3位 P・チャン   42.92
4位 宇野 昌磨   44.31      4位 宇野 昌磨   41.45
5位 デニス・テン  44.90      5位 デニス・テン  41.25
6位 N・チェン   43.54      6位 J・ブラウン  41.20
7位 J・ブラウン  43.43      7位 M・コリャーダ 38.31
8位 M・コリャーダ 42.07      8位 ハン・ヤン   38.07
9位 M・コフトゥン 41.56      9位 M・ブレジナ  37.93
10位 ボーヤン・ジン 40.75      10位 ボーヤン・ジン 37.04

<平均>
1位 フェルナンデス 46.150
2位 羽生 結弦   46.068
3位 P・チャン   45.154
4位 宇野 昌磨   43.448
5位 デニス・テン  42.653
6位 J・ブラウン  42.452
7位 N・チェン   40.694
8位 M・コリャーダ 40.663
9位 ハン・ヤン   39.678
10位 M・ブレジナ  39.253
10位 ボーヤン・ジン 39.253

ボーヤンもSPについてはPCSが昨季よりは高めになっている。ただノーミスがない割に上がる宇野に比べると控えめといった感じ。ネイサンはシーズン通して徐々に上がってきたところで四大陸ノーミスでガンっと伸びた印象だ。
PCS3強の強さは変わらずだがチャンが他の二人に比べると少し差がある感じだ。やはり構成が低い+ノーミスでないと押さえられてしまうのかもしれない。GPFでは良かったためフェルナンデスより高くなっているのでミスしないことが何より重要になっている。
テンとブレジナは相変わらずPCSでは上位に入ってきている。しかし勢いのある若手に対しての優位性はもうないといった感じだ。TESを確実に得られないとこの数字も下がってくるかもしれない。
PCSは出来によって上がったり下がったりするもののTESほどは動かない印象だ。そんな中ビチェンコの変動は大きいと感じる。出来の振れ幅が大きい選手だとなかなかPCSが安定しない。


<TES>
                        ユーロ/
      B級    GPS1  GPS2   GPF     四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス               45.47     51.68-1   47.45-1    56.93                                  49.883
宇野 昌磨 46.23-1  46.87-1  54.28      44.38-1    56.07    48.43                     48.877
羽生 結弦 43.95-1  35.48     57.35      59.18        50.11                                 49.014
田中 刑事 32.55     32.49     42.14                       38.90    28.90   48.80         37.297
N・チェン   50.75-1  51.74     48.55-1    45.62-1    59.58                                  50.648
J・ブラウン 41.38-1  43.32-1  31.80                      38.77-1  42.08-1                 38.670
P・チャン   41.57      46.06-1  38.92      52.66       43.70-1                               44.182
レイノルズ   40.00      42.64                                    39.57-1                               40.403
ボーヤン・ジン                 37.89-2   57.02                      51.26     52.11                     49.070
ハン・ヤン       35.79-1   35.87                      44.61    49.56                      41.208
M・コリャーダ   42.89-1   48.56     37.63                      41.89                                  42.493
M・コフトゥン  49.67      30.44     32.73                      52.97                                  41.453
M・ブレジナ                 34.16-2   36.53                     39.11-1                                 35.600
ビチェンコ   40.46     46.74      35.81                      47.00      39.48   36.48        40.995
デニス・テン                 47.40                                                     50.01   32.73-1     43.047
ミーシャ・ジー  43.57    36.52-1   35.32-1                    42.27-1   37.73                    38.482

<今季最高点>             <今季最低点>
1位 N・チェン   59.58    1位 フェルナンデス 45.47
2位 羽生 結弦   59.18    2位 宇野 昌磨   44.38-1
3位 ボーヤン・ジン 57.02    3位 P・チャン   38.92
4位 フェルナンデス 56.93    4位 レイノルズ   39.57-1
5位 M・コフトゥン 52.97    5位 M・コリャーダ 37.63
6位 P・チャン   52.66    6位 ボーヤン・ジン 37.89-2
7位 デニス・テン  50.01    7位 ビチェンコ   35.81
8位 ハン・ヤン   49.56    8位 羽生 結弦   35.48
9位 田中 刑事   48.80    9位 ハン・ヤン   35.79-1 
10位 M・コリャーダ 48.56    10位 ミーシャ・ジー 35.32-1

<平均>
1位 N・チェン   50.648
2位 フェルナンデス 49.883
3位 ボーヤン・ジン 49.070
4位 羽生 結弦   49.014
5位 宇野 昌磨   48.877
6位 P・チャン   44.182
7位 デニス・テン  43.047
8位 M・コリャーダ 42.493
9位 M・コフトゥン 41.453
10位 ハン・ヤン   41.208


TES50点越えが今季すでに7人、もう珍しくなくなりました。ちょっと前までは90超えることはすごいことでそのためにTES50が目安だったのに・・・SP2クワドが増えたということはこういう時代になるわけです。
コフトゥンは出せるときは出せるけどダメなときは全くダメという結果に。非常にわかりやすい選手である。羽生は上位の中では最低が非常に低い。ただまとめると間違いなく高得点だし自爆といっていいのはせいぜい年1回なので平均でも上位に行ける。
フェルナンデスも宇野も大崩れはしない非常に安定したTESだがノーミスできないため大きくも伸ばせないというジレンマにはまっている印象だ。その点スパッと高難度をまとめたネイサンがトップに躍り出た形となった。
ボーヤンはスケアメの2転倒が大きかったがその後は50点超えを安定して出せている。それほどGOEがつかない&完璧な演技がない割にこれができるのは基礎点だけはしっかり稼ぐことができているということ。今の時代は基礎点を失うようなミスは大きい。高難度が抜けない&コンボを確実にこなすことが思う以上に重要となっている。
ビチェンコはスピンステップが他選手より劣る割にはしっかりTESを得ている。

SPはジャンプが3つしかないため構成の差が大きく反映する。その中でも安定してクワドが入れられる選手が上位に来る。クワド無しもしくは1クワドの選手はノーミスが必須の状況だ。しかしながらそれでもなかなかできないところがSPの難しさでもある。転倒が1度もない選手は田中・コフトゥン・ビチェンコの3人しかいない。これもある意味時代を感じる状況だといえる。