つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

ミーシャ・ジー

眠気との闘い―――フランス杯SPざっと感想

土曜休みだったので女子シングルから男子シングルまでぶっつづけ観戦。途中でyoutubeが切れてしまったので非常に焦りました。久しぶりの長時間にペアのあたりから眠らないまでも数十秒くらい記憶がなくなる箇所がちらほら。でも上手い選手の時はそうならない…

悔しさ風味の収穫をかみしめる―――ロステレコムFS感想

4カテ全て1日で行うとはロシア恐るべし・・・女子シングルの第1グループは眠かったですよ。しかし坂本とコストナーで目が覚めました。日本女子は二人とも良い演技でいいスタートが切れました。順位も3位4位ですのでぜひ頑張って二人とも表彰台に乗って…

はじまりは4Lzで―――ロステレコム杯予想

いよいよGPS開幕。明日の夜には男子シングルが始まってしまう・・・なんかまだ心構えが出来ていない気もしますが明日帰宅時には始まっているわけで流れに乗り遅れないようにしたい。ただ・・・間に合うのかな?せっかくリアルタイムに見れるから見たいん…

オータムクラシックFS感想

昨日はネペラ女子とJGPS男子を見て力尽きました。本郷は2位逃げ切り、点数的には伸びませんでしたが昨季よりは体も切れていますしプログラムも彼女にあっていると思います。シェイ=リーン振付で今後も行った方がいいかも。降りた瞬間に回転不足かも思…

オータムクラシックSP感想

さぁこの休日はフィギュア三昧だーーー!と思っていたら「10時過ぎには出かけるよ」という家人のお言葉が。えーと反発してみても居候の身はつらい。ギリギリ粘ってキーガンの演技終了まで見ることができました。あと一人だったのに・・・ハリー君ごめんね…

競技者と表現者の狭間で―――ミーシャ・ジー

ミーシャ・ジーという選手はかなり昔から知っていた。ただkamiyann的にはあまり関心のない選手だった。EXではハチャメチャに動き目立っていたが試合ではいまいち、特にエレメンツの質が低いことが原因だった。しかし3シーズン前からその傾向がガラッと変…

世界選手権2017年 男子シングル総合データ

世界選手権でSP5位からの逆転優勝というのは男子シングル史上初めてのことだった。旧採点の時は順位点というものが大きかったからそもそも5位になったら優勝の目はまずなかった。そういう意味では新採点法というものの方がいいなと感じる。SPで7割が…

世界選手権2017年 男子シングルFSデータ

今回予想を上げることが出来なかったが一応計算だけはしてあった。勿論今回の表彰台メンバーを当てることは出来なかったのだが少しだけ当たったことはあった。一つは優勝が羽生だったこと、そしてSPで100点・FSで200点越えが3人以上出て表彰台が全員300…

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編その2

大手の工場監査が入るとかでここしばらく整理やら片付けやらで普段使わない体力を使った仕事をしてしてかなり参ってます。おまけにこれが終わると税務署が入ることになっていましてこちらも準備が大変。ここ数年入ってなかったんで帳票類がさっと箱に入れっ…

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その2

<ジャンプ> ユーロ/ B級 GPS1 GPS2 GPF 四大陸 B級/ユニバ/アジア等 平均 J・フェルナンデス 29.44 33.88-1 31.39-1 38.60 32.828宇野 昌磨 30.05-1 30.30-1 36.25 26.22-1 38.76 30.55 31.522羽生 結弦 26.35-1 18.26 38.81 40.12 32.94 31.096田中 刑事 18.78 18.6…

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その1

今シーズンからFS滑走順が変わった。SPの成績が良い者がより後ろに滑走することになったためSP順位は以前よりずっと重要になった。FSをより優位にするためにSPは各エレメンツを確実に実行する必要がある。今シーズンのここまでを振り返ってみる。 …

2016-17シーズン ワールドへの道

今シーズンも大きな大会はジュニアワールドとワールドだけとなった。今季のワールドは五輪の枠がかかる重大な大会だ。ワールドの出場(見込みも含む)予定選手の今シーズンを振り返る。フィギュアスケートは大会ごとに採点のさじ加減が変わる。ただシーズン…

1年先を見据えて―――四大陸選手権SP感想

仕事のため第3グループから。地上波でなくyoutubeのライスト。フジ演出は好みでないので録画して演技のみ後で見るつもり。女子は転倒だらけで点数的には伸びなかったが男子はどうなのだろう。6分間練習でハン・ヤンが転倒してにこにこしている。なんか新鮮…

それぞれの挑戦―――フランス杯FS感想

忘年会疲れで体が重い・・・私はアルコールがダメなので食べる専門なのですがさすがに食べ過ぎました。そしてソフトドリンクグラス30杯以上は飲みすぎ以外の何物でもありません・・・ 1位 ハビエル・フェルナンデス 188.81 TES 97.53 PC…

フランス杯予想

眠いです・・・ロステレは起きていれば見れる時間だったんで頑張って見てしまった。でも今日は月曜日、仕事が待ってました。ちょっと予定より遅れがちなので頑張らなくてはいけない。今週は長いです。とりあえずフランス杯の予想だけはしておかなくては・・…

挑戦と現状―――スケートカナダFS感想

本日も女子見逃し。ペアから観戦です。 リアム・フィルス FS10位 140.80 TES 68.50 PCS 73.30 -1序盤は滑りは良いがジャンプの軸の締めが足りない感じ。慎重に飛びすぎているのかも、そこまでのスピードが生かされない。後半の3連は良い流れ…

今年も荒れた―――スケートカナダSP感想

さて唯一ライブ観戦ができそうなGPSだったのですが、さっそく女子寝過ごしました。ペアからロシアで見ていたんですが、アイスダンスの前に女子の振り返りをやってくれたので助かりました。(アイスダンスは台湾で見てました。男子はロシアの方が早かった…

スケートカナダ順位予想

まもなくスケートカナダが始まる。 アサインは下の12人パトリック・チャンケヴィン・レイノルズリアム・フィルスミーシャ・ジーハン・ヤンアレクサンドル・ペトロフミハル・ブレジナグラント・ホクスタインロス・マイナーダニエル・サモヒン羽生結弦無良崇…

Autumn Classic FS感想

それなりに眠ってすっきりいい気分。ネペラに比べて優秀なオータムライストに感謝感謝。ペアから見たのですが最初ちょこちょこ止まる場面があったので羽生が出る頃には見れないかも、と危惧したのですが全く問題ありませんでした。女子とアイスダンスはこれ…

2014-15シーズン男子シングルSPジャンプ平均獲得点ランキングまとめ

2014-15シーズンの上位選手のSPにおけるジャンプ成功率と平均獲得点を個別に見てきた。成功率が高ければ獲得点が高いわけでもないというものだった。それぞれの要素ごとの獲得点順に並べてみる。 ・3A(アクセルジャンプ)平均獲得点ランキング 基…

2014-15シーズンジャンプ成功率―――ミーシャ・ジー/SP編

昨季世界選手権SP落ち今季6位と躍進したミーシャ・ジーのSPジャンプ成功率を見る。 ジーが出場したのは中国杯/ロステレコム/四大陸選手権/世界選手権の4試合。 予定構成3A 3Lz+3T // 3F = 24.43 GOE0以上は中国杯2・ロステレコム…

2014-15シーズン 男子シングルデータ平均ランキング

羽生がすでにカナダ入りして来季に向け動き出したらしい。休むより動けってことかな?手術跡の問題なども片付いたと言うことか。やる気があると言うことはいいことなのかも。体調と怪我に気をつけて励んで欲しいものだ。 国別対抗戦も終わりシーズンは完全に…

表現は基礎があってこと映える―――ミーシャ・ジー

自己流にルールを変え楽しそうに踊りバックヤードで面白い写真を撮るEXに本気を出す選手というのがミーシャ・ジーのイメージだった。勝つことにも高難度ジャンプにも興味がないのかと思っていた。しかしそんなジーが今季は違った。あれほど不安定だったジ…

世界選手権2015 男子シングル総合データ

2015年世界選手権総合のプロトコルデータまとめSP・FSとそう変わらないと思うんだけど・・・とりあえずやってみよう <ジャンプ得点上位10人> 基礎点 GOE 計 減点 1位 フェルナンデス 101.38 5.68 107.06 -1 (実質106.06) 2位 デニス・テン 99.75 0.17 9…

世界選手権2015 男子シングルFSデータ

2015年世界選手権FSのプロトコルデータまとめ <FS順位> TES PCS 合計 1位 デニス・テン 93.47 88.36 181.83 2位 フェルナンデス 93.10 89.06 181.16 3位 羽生結弦 88.24 88.64 175.88 4位 N.ニューエン 88.28 76.58 164.86 5位 J.ブラウン 7…

世界選手権2015 男子シングルSPデータ

2015年世界選手権のプロトコルデータをまとめてみた。 まずはSPから <ジャンプ点数上位10人> 基礎点 GOE 計 減点 1位 フェルナンデス 29.95 2.98 32.93 2位 羽生結弦 30.76 0.89 31.65 3位 F.アモディオ 30.11 1.17 31.28 4位 ハンヤン 28.90 1.03 29.93…