つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

羽生結弦

戦略の羽生vs戦術のネイサン 2幕目

ロステレコム杯の男子シングルは転倒が多かった。氷が固いと着氷がはねるというしエッジジャンプは柔らかめの方が飛びやすいという。羽生の4LoがSPFSともに失敗しネイサンが回避したことから見てもそれが結果に影響を与えたかもしれない。ただ同条件…

悔しさ風味の収穫をかみしめる―――ロステレコムFS感想

4カテ全て1日で行うとはロシア恐るべし・・・女子シングルの第1グループは眠かったですよ。しかし坂本とコストナーで目が覚めました。日本女子は二人とも良い演技でいいスタートが切れました。順位も3位4位ですのでぜひ頑張って二人とも表彰台に乗って…

それでもプーの雨は降る―――ロステレコムSP感想

全部見られるか微妙という時間に帰宅したものの映るライストが見つからない。やっとこロシアがつながったときはラズキンが終了していた。でもこのまま見れるならいいやと思ったら次のクヴィテラシヴィリでブチブチに、テンが4Tでこけたらブラック化してし…

はじまりは4Lzで―――ロステレコム杯予想

いよいよGPS開幕。明日の夜には男子シングルが始まってしまう・・・なんかまだ心構えが出来ていない気もしますが明日帰宅時には始まっているわけで流れに乗り遅れないようにしたい。ただ・・・間に合うのかな?せっかくリアルタイムに見れるから見たいん…

リピート回数ベスト10―――羽生編

ネーベルホルントロフィー中ですが個人的に打ちのめされておりまして情報を追う程度です。何と言いますか自分の駄目さ加減に嫌気がさしておりましてJGPSのジュニア選手が頑張っている姿を見るのも申し訳ない気持ちになっております。 ということで現実逃…

112.72の出し方

オータムが始まる前に「110.95を超える(仮)」と言う記事を書いていた。昨季のワールド上位6人が今期の構成でこの数字をどうしたら上回れるかを考えてみたものだ。時間がある時にちょろちょろと書いていたので途中で飽きてしまい記事として上げるこ…

一晩経って気づいたこと

昨日の記事にも書いたが私の中では羽生がラストジャンプを4Tにしたことが納得できなかった。基礎点だって2点ほどしか違わない。確率から言ってもGOEにつき方から考えても3Aで遜色ないじゃんと思っていた。 でも一晩経ってようやく気付いた。 直前に…

最高と最低と

サタデーステーションと神に選ばれた試合を見た。暗くて画像が粗いライストとはやはり印象が変わる。FSは特に点数的にはさんざんでしたがそこまで悪くないと思った。ライストの感想はざっと書きましたのでもう少し初戦のことを書いておきます。 <SP>私に…

オータムクラシックFS感想

昨日はネペラ女子とJGPS男子を見て力尽きました。本郷は2位逃げ切り、点数的には伸びませんでしたが昨季よりは体も切れていますしプログラムも彼女にあっていると思います。シェイ=リーン振付で今後も行った方がいいかも。降りた瞬間に回転不足かも思…

オータムクラシックSP感想

さぁこの休日はフィギュア三昧だーーー!と思っていたら「10時過ぎには出かけるよ」という家人のお言葉が。えーと反発してみても居候の身はつらい。ギリギリ粘ってキーガンの演技終了まで見ることができました。あと一人だったのに・・・ハリー君ごめんね…

進化する構成

お昼休みです。ネットニュースを見て羽生がオータムでは4Lo回避することを知りました。 そうなるとSPは4S //3A 4T+3T=35.91 FSでは3Lz 3Lo 3F //4S+3T 4T+Lo+3S 4T 3A+2T 3A でおそらく80.86構成…

オータムクラシックまもなく開幕

ネペラ・JGPSでどこ見たら良いの状態。とりあえず女子は見てました。やっぱり女子は衣装が素敵。近年ではフィギュア強豪国では無い選手も見劣りしない物を作ってきます。華やか/かわいい/綺麗は本当に素晴らしい! そして本日からはオータムもスタート。…

五輪メダルを目指して

日本のマスメディアの駄目さ加減は全く変わりないようでうっかり喫茶店で某新聞を目にしてため息をついてしまいました。とりあえず新聞記者には個人の好みで紙面を作るのはやめていただけないだろうか?語彙力の無さについては能力が低いと思うだけですが好…

賽を投げる―――羽生結弦新シーズンプログラム発表に寄せて

昨日は徹夜で仕事という方もいらっしゃったのでは。思い起こせば昨年は夜眠れずにこそっとPCを立ち上げたらちょうどツイッターで情報が流れてきたんです。確か2時40分過ぎだったかと。しかしながら今年はなかなか情報が出ず。私も朝起きてまだどこにも出て…

年が明ける前に―――「実績」のおさらい

まもなく年が変わる。2017-18シーズンは五輪年という最も大事なシーズンだ。そのシーズンを前に現在の現役選手の実績を振り返っておく。フィギュアスケートにおいて「実績」はかなり大事な要素だ。現役中だけではなく引退後にもタイトルやメダルを持っている…

予想優勝スコアから来季の構成を予想してみる

偏頭痛持ちの私はこの雨が多い時期が苦手だ。幸い今のところそこまで天候が悪くないので何とかやっていられる。ここのところ考えているのは平昌五輪の優勝スコアだ。各選手がどの数字を目指して構成を組んでくるのか予想するのがこの時期の楽しみだったりす…

2016-17シーズン 羽生結弦FS要素

kamiyann的にはワールドで素晴らしい演技を見たのでFSは書かなくていいかなと思ったのですが、それでもSPだけではしっくりこないと思い一応上げておくことにしました。ついでに満点からの獲得率だとALL3なんてめったに出ないですし基礎点の違いで同じGOEでも…

2016-17シーズン 羽生結弦SP要素

苦手な季節になってきたのでそろそろ新年まで消えようかと思ってます。その前にちょこっとだけ。ステップは前記事にあるので割愛。 4Lo(満点15.00=基礎点12.00+GOE3) 成功率3/7=42.86% 基礎点 GOE 合計 獲得率オータムC 12.00 0…

主人公、それは道を拓く者―――羽生結弦

羽生結弦って今現在はどういう立場の選手なのだろう?2016-17シーズン中ずっとこんな問いかけが私の中で付きまとっていた。やたら王者王者と持ち上げる割に羽生超え羽生超えと連呼するマスコミも一因だが、五輪王者で世界最高を何度も出しながらも連続…

世界選手権2017年 男子シングル総合データ

世界選手権でSP5位からの逆転優勝というのは男子シングル史上初めてのことだった。旧採点の時は順位点というものが大きかったからそもそも5位になったら優勝の目はまずなかった。そういう意味では新採点法というものの方がいいなと感じる。SPで7割が…

世界選手権2017年 男子シングルFSデータ

今回予想を上げることが出来なかったが一応計算だけはしてあった。勿論今回の表彰台メンバーを当てることは出来なかったのだが少しだけ当たったことはあった。一つは優勝が羽生だったこと、そしてSPで100点・FSで200点越えが3人以上出て表彰台が全員300…

世界選手権2017年 男子シングルSPデータ

2017年のワールドは平昌五輪を占う重要な大会だった。事前にフジテレビがライブ放送するなど珍しい発表があったりして非常に楽しみにしていたのだが私にとってはあまりにも時期が悪い大会となってしまった。月末月初は仕方ないにしろ工場監査と税務署監…

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編その2

大手の工場監査が入るとかでここしばらく整理やら片付けやらで普段使わない体力を使った仕事をしてしてかなり参ってます。おまけにこれが終わると税務署が入ることになっていましてこちらも準備が大変。ここ数年入ってなかったんで帳票類がさっと箱に入れっ…

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編その1

ジュニアワールドが終わりました。男子シングルも女子シングルも上位は見ごたえのある演技の応酬で非常に面白かったです。それにしても本田のミスのない演技&高得点の後で超高難度構成を素晴らしく滑ったザギトワの強さが光りました。しかしその演技に対し…

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編おまけ

ジュニアワールドが盛り上がっております。残念ながら今のところ見たのは男子シングルFSの後半2グループだけ、映像探しても全部消されてるから振り返ることも出来ない。フ○テレビ本当に使えない。今日の女子もまだ見てないけどもう無いんだろうな・・・ …

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編おまけ

今シーズンの6強と呼べる選手たちのSP獲得点を要素別に見た。ジャンプの成功率は例によってGOE0以上で計算。ファーストジャンプが抜けの場合はプラスでも失敗とみなす(セカンドはGOE+なら成功)。コンボをミスって別のジャンプにつけた場合はそち…

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その2

<ジャンプ> ユーロ/ B級 GPS1 GPS2 GPF 四大陸 B級/ユニバ/アジア等 平均 J・フェルナンデス 29.44 33.88-1 31.39-1 38.60 32.828宇野 昌磨 30.05-1 30.30-1 36.25 26.22-1 38.76 30.55 31.522羽生 結弦 26.35-1 18.26 38.81 40.12 32.94 31.096田中 刑事 18.78 18.6…

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その1

今シーズンからFS滑走順が変わった。SPの成績が良い者がより後ろに滑走することになったためSP順位は以前よりずっと重要になった。FSをより優位にするためにSPは各エレメンツを確実に実行する必要がある。今シーズンのここまでを振り返ってみる。 …

2016-17シーズン ワールドへの道

今シーズンも大きな大会はジュニアワールドとワールドだけとなった。今季のワールドは五輪の枠がかかる重大な大会だ。ワールドの出場(見込みも含む)予定選手の今シーズンを振り返る。フィギュアスケートは大会ごとに採点のさじ加減が変わる。ただシーズン…

四大陸選手権上位5選手SPデータ

冬季アジア大会が開催中。女子の結果は把握しました。四大陸からの連戦が多く選手は大変。でも表彰台メンバーはそれぞれ良い演技をしていた。 本郷はジャンプがまともに決まらなかったのは残念だ。これで今季終了はつらいだろう。色々乱れている部分がありそ…