読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

女神の髪を掴み損ねた男Ⅱ―――デニス・テン

2013年ワールド銀、ソチ五輪銅をとってなおデニス・テンは同時期にメダルを取ったパトリック・チャン羽生結弦ほどの評価を受けられなかった。
五輪の銅が混戦の中で運良くとれたように見えただろうか?SPの出遅れの印象が悪かったからか?
どちらかと言えば他の二人に比べて良いときと悪いときの落差が激しかったからではないだろうか?
そして2014-15シーズンの始まりもまたデニス・テンはいまいちな出だしだった。


Sアメリカ  総合4位 224.74 SP4位 77.18 FS4位 147.56
エリックB  総合3位 236.28 SP1位 91.78 FS5位 144.50
四大陸選手権 総合1位 289.46 SP1位 97.61 FS1位 191.85
世界選手権  総合3位 267.72 SP3位 85.89 FS1位 181.83
  平均     総合 254.55  SP  88.115  FS  166.435

 

Sアメリカは順位こそ4位だが220点台、2015ワールドでは10位にも入れない得点だ。五輪銅の後で期待していた人にかなりがっかりさせる出来だった。
エリックではSPは90を超えてやっときたかと思わせながらFSでまた崩れてしまう。怪我の影響もあっただろうがどうも安定しない、それがデニス・テンだった。
しかし年が開けると良いときはがらりと変わるデニス・テン
自ら狙っていたというように四大陸ではダントツのぶっちぎりで勝ってしまった。
SBを一気に50点以上更新しやはり力があると改めて認識させた。
その勢いのままワールドに乗り込んだが、残念ながら時に愛されなかった。SP開始前のアクシデントの影響で3位に終わってしまう。
しかし羽生・フェルナンデス・テンは他の選手とは一線を画しているという印象を与えることができた。
チャンピオンシップの初タイトルを得てPCSも高得点も出すことができた。
来季からの活躍が楽しみである。

 

<ジャンプ>
SP 予定構成 4T 3A // 3Lz+3T =29.91

        基礎点   GOE   減点   合計
Sアメリカ  29.91 -4.56  -1  24.35
エリックB  29.91  1.84      31.75
四大陸選手権 29.91  4.54      34.54
世界選手権  29.91 -2.39  -1  26.52
  平均   29.91  -0.143  -0.5  29.268

 

Sアメリカの崩れが大きく予定構成を平均で上回れなかったが、決まればやはり加点がつくのでほぼ得点を確保できていることがわかる。
Lzコンボはワールドまでは上手くいってたのでつくづくあのアクシデントが残念だ。

 

FS 予定構成 4T+3T 4T 3A+2T // 3A 3F+Lo+3S 3Lz 3Lo 2A = 70.69


        基礎点   GOE   減点   合計
Sアメリカ  51.16 -3.28  -1  51.16
エリックB  45.38 -0.05  -1  44.33
四大陸選手権 70.69  7.67      78.36
世界選手権  69.84  2.56      72.40
  平均  60.338 1.725  -0.5 61.563

 

Sアメ・エリックの崩れがでかすぎて平均が予定構成より10点以上下がるというフェルナンデスと同じ状態だが遙かに幅が広い。
四大陸とエリックの得点差35点以上・・・SP1回分違うようなもの。抜けは本当に怖い。
全てのジャンプが入った四大陸と世界選手権の基礎点が違うのは世界選手権では2度目の3Aが前半扱いになっているからである。0.85もったいない。

 

<スピン>
SP

        基礎点   GOE    合計
Sアメリカ   7.1   1.22   8.32
エリックB   9.2   2.07  11.27
四大陸選手権  9.7   2.71  12.41
世界選手権   9.7   1.70  11.40
  平均   8.925 1.925  10.85

 

チャンや羽生はジャンプがいまいちでもスピンレベルをとってくるがテンは駄目なときはスピンも今ひとつのよう。調子が上がるとレベルもとれてくるようだ。
スピンもポジションもよく得意なイメージがあるがシットスピンの足変えした後にスピードが著しく落ちるのは修正した方がいい.3つのスピンで常に一番加点が少ない。

 

FS
        基礎点   GOE    合計
Sアメリカ   7.6   1.39   8.99
エリックB   9.2   1.29  10.49
四大陸選手権  9.7   2.79  12.49
世界選手権   9.7   2.07  11.77
  平均   9.05  1.885 10.935

 

SPがうーんの時はFSもそう、テンは連動するタイプのようだ。というよりここまで来ると怪我の影響だったのかも。
ここでもシットスピンは他の半分ほどしか加点がもらえていない.苦手なら最後の方でなく最初の頃にした方がいいんじゃないか?

 

<ステップ>
SP

        基礎点   GOE    合計
Sアメリカ   3.3   0.93  4.23
エリックB   3.9   2.00  5.90
四大陸選手権  3.9   2.10  6.00
世界選手権   3.9   1.50  5.40
  平均   3.75  1.633 5.383

 

ステップはテンの稼ぎどころ。特に四大陸ではSPFSともALLGOE+3というすばらしい点数だった。

 

FS

        基礎点   GOE    合計
Sアメリカ   5.3   2.27  7.57
エリックB   5.9   2.50  8.40
四大陸選手権  5.9   3.70  9.60
世界選手権   5.9   3.40  9.30
  平均   5.75  2.968 8.718

 

ブラウンのステップのところで案外低いと思った原因は先にテンの点数を計算してしたから(テンの文章が長くなったから後に回した)
ステップ2つで後半3A並みの得点を稼いでしまう・・・すばらしい。

 

<TES計>
SP
        基礎点   GOE   減点   合計
Sアメリカ  40.31 -2.41  -1  37.90
エリックB  43.01  5.91      48.92
四大陸選手権 43.51  9.35      52.86
世界選手権  43.51  0.81      43.32
  平均  42.585 3.415  -0.5   45.50

 

四大陸の加点が効いている。基礎点を上回る平均は優秀。基礎点を上回るというのが案外難しいことだと今回データを計算してよく理解した。

 

FS
        基礎点   GOE   減点   合計
Sアメリカ  68.34  0.38  -1  67.72
エリックB  60.48  3.74  -1  63.22
四大陸選手権 86.29 14.16     100.45
世界選手権  85.44  8.03      93.47
  平均  75.138 6.578  -0.5 81.215

 

平均は超えなかったが2回基礎点を超えているからまず問題なしでしょう。
来期は怪我や病気無く安定した体調で試合に出てほしい。そうすればもっとフィギュアスケートが面白くなる。
それにしてもSB50点以上更新の37点がFSのTESから来ているってすごい。下限がもう少し上がれば安定感がないなんて言わせないはずだ。

 

<PCS>

SP 

          SS    TR    PE    CC    IN    合計

Sアメリカ    8.25  7.93  7.75  8.21  8.14  40.28

エリックB    8.57  8.36  8.68  8.64  8.61  42.86

四大陸選手権   8.82  8.54  9.14  9.04  9.21  44.75

世界選手権     8.68  8.32  8.29  8.57  8.71  42.57

平均       8.58 8.288 8.465 8.615 8.668 42.615


問題なく高得点。駄目だったSアメでも40出ているんだからそんな選手はチャンと羽生くらいしかいない。
これ以上に上げたければ前半のつなぎをもう少し強化した方がいい。クリケット組がGOE+PCS狙いでばりばりつなぎを入れているので一緒の試合に出るとやはり見劣りするのは否めない。


FS 

          SS    TR    PE    CC    IN    合計

Sアメリカ    7.96  7.86  7.64  8.32  8.14  79.84

エリックB    8.36  8.39  7.82  8.36  8.21  81.28

四大陸選手権   9.21  8.75  9.32  9.21  9.21  91.40

世界選手権     8.71  8.68  8.79  8.96  9.04  88.36

平均       8.56 8.295 8.393 8.713  8.65  85.22


調べているとINが一番高い選手が多いのだがテンはCCが他の項目より高い傾向がある。
あの独特なリズム感が繰り出す踊りが評価が高いと言うことか。
確かにシルクロードはテンによく合ったテンにしかできない演技だったと思う。

 

<来季に向けて>
前の記事にすでに書いてしまっているのでここでは割愛。
とりあえずシーズンを安定して過ごして欲しい。
2種クワドにも挑戦するらしいが、その前にもう少しSP4T前に明確なステップを入れて欲しい。
コフトゥンよりはましだがステップといえるほど入っているとは言いがたいので・・・
フェルナンデス・羽生レベルとは言わないが、SP単独ジャンプの必須項目であるからトップ選手としてきちんと条件をクリアして欲しい。