読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

世界選手権2015 男子シングル総合データ

2015年世界選手権総合のプロトコルデータまとめ
SP・FSとそう変わらないと思うんだけど・・・とりあえずやってみよう


<ジャンプ得点上位10人>

           基礎点   GOE     計   減点

 1位 フェルナンデス 101.38    5.68      107.06    -1  (実質106.06)

 2位 デニス・テン    99.75         0.17             99.92       -1  (実質 98.92)

 3位 羽生結弦      96.28         2.78             99.06       -1  (実質 98.06)

 4位 N.ニューエン   90.80         6.53             97.33

 5位 F.アモディオ   81.68         5.64             87.32

 6位 M.ジー      83.37         2.58             85.95

 7位 R.ラム      88.83        -3.01            85.82

 8位 J.ブラウン       78.91         5.68            84.59

 9位 A.ビチェンコ      88.73        -5.53            83.20

10位 M.コフトゥン   81.24        1.94            83.18        -1 (実質 82.18)


フェルナンデスがダントツ、テンと羽生が案外近かった。
転倒なし組では4回転の入ったノーミスニューエンがダントツ。ジー・ブラウンとの差を見ると(ブラウンは回転不足があったが・・・)やはり4回転は大きいと感じる。
総合10位以下で入っているのがラム(14位)とビチェンコ(17位)。ジャンプだけでは上位にはなれないと言うことでもある。

<スピン得点上位10人>


            基礎点     GOE    合計

 1位 A.リッポン   19.90        5.65     25.55

 2位 J.ブラウン   19.40        5.86        25.26  


 3位 羽生結弦     19.70      5.50     25.20
 
 4位 S.ヴォロノフ   19.40       4.15      23.55

 5位 デニス・テン    19.40          3.77           23.17
 
 6位 フェルナンデス   19.40          3.64           23.04

 7位 J.ファリス  17.70         4.13           21.83

 8位 M.ジー    18.00         3.51           21.51

 9位 N.ニューエン 18.90         2.50           21.40

10位 小塚崇彦     17.30         3.21            20.51


スピン総合でわかることはレベルを確保することも大事だがそれ以上にGOE加点が大きい、ということ。
オールレベル4の羽生・テンよりレベルを一つ落としているブラウンの方が得点を稼いでいる。
基礎点の低いファリスが7位に入っていることからもよくわかる。
トップ10でさえ1位と10位では5点以上、3Lo並みの点差ができる。
スピンが苦手な人との差を考えれば・・・やっているエレメンツの数が同じならこの差を詰めるのはかなり大変だ。
アメリカ勢が3枠とれたことがよくわかるデータだ。


<ステップ得点上位10人>

             基礎点   GOE    合計

 1位 デニス・テン    9.80           4.90         14.70

 2位 羽生結弦      9.80           4.10         13.90

 3位 J.ブラウン    9.80           3.90         13.70

 4位 J.ファリス    9.80           3.70         13.50

 5位 M.ジー      9.20           2.89         12.09

 6位 フェルナンデス   8.60           3.03         11.63

 7位 N.ニューエン   9.20      2.40         11.60

 8位 M.コフトゥン   9.20         2.14         11.34

 9位 ハンヤン              8.60           2.59         11.19

10位 M.ブレジナ      8.60           2.36        10.96


ステップについてはスピンよりはレベル要件が高い項目である。
先ほど示したとおりスピンはGOEがレベル差を埋めてしまうことがままあるがステップについてはやはり確実にレベルをとることが求められる。
といってもFSのコレオはレベル一律なのでGOEさがやはり大きくなる。コレオで稼げると割と大きな差がつく。
テンと羽生の差はそのままFSのステップ差、1位と2位でもこれほどの差がつく。


<TES上位10人>

            ジャンプ  スピン  ステップ    計   減点 

 1位 フェルナンデス 107.06  23.04  11.63  141.73    -1  (実質140.73) 

 2位  羽生結弦       99.06   25.20  13.90  138.16    -1  (実質137.16)

 3位 デニス・テン    99.92  23.17  14.70  137.79    -1  (実質136.79)

 4位 N.ニューエン   97.33  21.40  11.60  130.33

 5位 J.ブラウン    84.59  25.26     13.70  123.55

 6位 M.ジー         85.95  21.51  12.09  119.55

 7位 R.ラム      85.82  18.23  10.90  114.95

 8位 F.アモディオ   87.32        16.87      10.31     114.50

 9位 M.コフトゥン   83.18        19.47      11.34      113.99    -1  (実質112.99)

10位 ハンヤン        81.09      20.38   11.19  112.66    -3  (実質 99.66)

11位 A.リッポン    75.14        25.55      10.57     111.26

 

ハンヤンは転倒点を入れると10位が変わる。
ただこの11人の中にベスト10が全て入っているのでほぼ妥当な採点、というより今の男子の採点がPCSであまり左右されないという事実を如実に表しているといえる。
その中で総合14位のラムが入っているのが地味にすごい。GOEがもう少しとれるようになればPCSも上がっていくだろう。
フェルナンデスと羽生の差はほぼこのTES差で決まっていることがわかるが、ジャンプで7点以上合った差が4点弱まで縮んでいる。地味にスピン・ステップの差が大きいと言うことがよくわかる。


<GOE獲得上位10人>

           ジャンプ  スピン   ステップ     計

 1位 J.ブラウン  5.68   5.86  3.90  15.44

 2位 羽生結弦            2.78   5.50  4.10  12.38

 3位 フェルナンデス 5.68   3.64  3.03  12.35

 4位 N.ニューエン 6.53   2.50  2.40  11.43

 5位 F.アモディオ 5.64   2.37  2.41  10.42

 6位 S.ヴォロノフ 2.60   4.15  2.40   9.15

 7位 M.ジー            2.58   3.51    2.89    8.98

 8位 デニス・テン     0.17   3.77  4.90   8.84

 9位 A.リッポン  0.06   5.65  2.67   8.38

10位 M.コフトゥン  1.94    2.67  2.14   6.75


1位がブラウンでわかっていたが合計してみると半端ね~って感じ。4A飛んだ以上の得点をGOEで稼いでいる。しかもこれでマイナスがないわけじゃないってところがすごい。
羽生とフェルナンデスがGOEがほぼ同じなのが面白い。つまり二人の差は本当に基礎点差だったわけだ。つくづく4Sの抜けが大きかったことがよくわかる。
1位のブラウンと10位のコフトゥンの差が8.69点。ちょいミスクワドと同じくらいの差な訳でコフトゥンのクワドがブラウンの脅威にあまりなっていないということがデータ上でわかる。


<PCSSP・FS平均上位10人>

              SS   TR    PE     CC    IN   計

 1位 羽生結弦                9.04   8.79    8.82    9.06    9.11   44.80

 2位 フェルナンデス   8.73   8.68    8.90    8.97    9.06   44.32

 3位 デニス・テン    8.70   8.50    8.54    8.77    8.88   43.38

 4位 J.ブラウン       8.13   8.11    8.29    8.27    8.43   41.22

 5位 ハンヤン              8.14   7.81    7.75    8.07    7.98   39.75

 6位 S.ヴォロノフ   8.06   7.63    8.00     7.89   8.13   39.70

 7位 M.コフトゥン   8.13   7.67    7.75     8.00   7.93   39.47

 8位 A.リッポン    7.97   7.57    7.93     7.77   8.09   39.32
 
 9位 M.ブレジナ    7.93   7.59    7.72     7.84    7.95    39.02
 
10位 M.ジー       7.61    7.34    7.82    7.66     7.84    38.26

 

SPの差の分羽生がトップ、PE以外はすべて1位となっている。それぐらい4T以外のSPの完成度が高かったと言うことだろう。
ただ今回はほとんどみんなミスありなので極度にPCSで差をつけることはしなかったと言うことがよくわかる。
それにしても5項目あるのに最大と最小の差がどの人も0.5以内に収まっている。あまり5項目ある意味がないなとPCSについてはいつも思ってしまう。