読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

2014-15シーズンジャンプ成功率/FS編の前に

フィギュアスケート

SPジャンプの成功率と各々の平均獲得点を纏めたのでFSもやっておこうと思う。ただ要件が増えるので今まで以上に時間がかかりそうで・・・
そこでもう一度ここでのジャンプ成功について書き出しておく。


・ここでの成功とは基本基礎点+GOE0以上である。転倒/ステップアウト/オーバーターン/お手つき/回転不足などGOEがマイナスになるものは失敗。ただし!についてはついてもGOEが0以上ならば成功と見なす。
・コンビネーションジャンプは一つのジャンプとしてカウントする。SPでは3、FSでは8で計算。成功率はファーストジャンプで計算する。たとえセカンドジャンプで転倒してもファーストジャンプの失敗として計算する。セカンド3Tが2Tなど別のジャンプになった場合でもGOEが0以上なら成功と見なす。ただしSPで要素抜けになった場合は失敗とする。
・要素抜けもしくはザヤックなどに抵触しノーカウントとなったジャンプは失敗と見なす。ただしFSで4Tが2Tになった場合などは4Tの成功率では失敗と計算されるがGOEが0以上なら成功ジャンプ数にはカウントされる。


以上が、羽生のジャンプ成功率を纏めた記事で挙げた条件だ。ただSPはともかくFSでは当てはまらない部分もあるのでもう少し詳しく決めておく。

 

・FSで飛ばなかったジャンプについては失敗とは見なさない。試行回数の減少だけとする。(例アモディオや中国杯でのハン・ヤン)
・コンビネーションはFSでは3回許されているが2回以下しか実行しなくてもコンビネーションの失敗にはならない。ただし同じジャンプの繰り返しで+REPが付いた場合でコンビネーションが2回以下の場合は+REPが付いたジャンプを失敗のコンビネーションにカウントする。(+REPが付いたジャンプがあっても別のところで入れて3回行っていればコンボの失敗にはならない。その場合は単独ジャンプ扱いになる)
・3連続のコンビネーション予定で2回目までしか実行しなくてもGOEが0以上なら成功とする。ただし羽生のソチFSの3-1-3のように実行したものの3つめがキックアウトされた場合は失敗とする。
・ザヤックなどの危険回避のため予定構成を変更するなどした場合はGOE0以上なら失敗とは見なさない。


・・・だんだん書いていてわからなくなってきた。
取り上えず、纏めようと思っているのは2A以上の6種それぞれのジャンプの成功率と平均獲得点数、コンビネーションの成功率と平均獲得点。
FSは選手によっては毎回構成が違うなんてケースもあるので上手くまとまらないかもしれないが、時間をかけて考えながらやっていこうと思う。そのうちまた条件が増えているかもしれないしすでに上げてある羽生についても修正するかもしれない。