読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

NHK杯 予想

ISUからようやく正式発表があった
要約するとこんな感じのようだ


1.エリック杯はSP順位で確定しポイントも賞金も与えるよ(メダルは?郵送?)
2.ポイント同点の場合は(1)最高順位(今までと同じ)、(2)SP/SDの総合点、(3)2つの大会に出場した選手(当然じゃないの?)、(4)出場した大会の選手が多い順(主催者の意気込み次第ってことか…)で順位付する
3.補欠はポイント7~9位の選手だが7位がエリック出場者だった場合はファイナルに招待される

多少エリック出場者の優遇感がありますが、まずまず想定内の結果となった感じだ

 

ここから導き出されることは、フェルナンデスと宇野がまず決定、チャンもファイナル確定(7位以上が確定の為)、村上もかなりの確率で7位になれる。リーザは本郷が6位に入ってくれないと無理だからかなり厳しいという結果に。
ロシア的にはあまり旨味のない結果になったかもしれないがこれはもう仕方ないことと言うしかない

 

さてとりあえずゴタゴタの落としどころは決まった
そして最後の試合NHK杯はもう3日後だ
さて予測を…と思うが実はひどく難航している。

 

ロステレコムの結果が順位・点数とも予想と案外近かったのでちょっと嬉しかったりした。しかし気を良くしてNHK杯を予想しようとしてここ数日挫折を繰り返している。予測困難者が2名いるからだ
それが羽生とボーヤンで当然この二人の結果は表彰台に絡んでくるため困ってしまっているわけだ

 

ボーヤンが難しいのは実績が少ないからだ。例えば宇野ならば同じくシニア実績が少なくても日本人なのでコメントが聞けたり練習環境を垣間見えたりしてある程度の予測が建てられるのだがそのあたりボーヤンは不明瞭だ。ついでにここまでの高難度を今まで誰もしたことがないのでそれが安定して再現可能なのかが全く読めない。また初戦が地元だった為、それ以外の場所でどの程度演技構成点が出るかもあまりあてにならないという困難さがある。
そして羽生については…単純に私と相性が悪いというかフェルナンデスと違ってあまり計算通りの結果にならないと言う実績があったりする

それでもやらないというのはそれはそれで気持ちがおさまらないのでとりあえず予測の立てやすい人から考えることにする


予測の立てやすい人―――というとなんといってもコフトゥンだ。昨季を見ても良い意味でも悪い意味でも非常に安定したスコアを出している
そしてコフトゥンはGPSと非常に相性がいい、表彰台から落ちたことがない
ということで今回もコフトゥンは順位はともかく台に乗るだろう、と予測する。次にコフトゥンが何点を取るか、だ。
コフトゥンはシニアに上がった時から4Tと4Sの2種クワドも行っているが、実は250点を超えたことがない。クリーンにジャンプを入れたことがないことも大きいがLoとFを抜いているため演技構成点が上がらないことも大きい
今季はどうもLoを入れてくるようなのでこのあたりの評価の厳しさは緩和されるだろうが…構成はロシアの大会と同じで来るのかな?今季に入りコフトゥンのPBを同じロシアの選手が何人も超えてきているから本人も多少考えることがあるだろう。SP88(90に届かないのは単独にステップがないため)FS165前後の総合250~255程度を予想する

 

表彰台の最低ラインを250とすると超えられそうなのは羽生・ボーヤン・ブレジナ・ドーンブッシュ・バルデ・メンショフ・ホックスタイン・無良…と結構候補がいる。
ただこれまでの試合結果を見る限りブレジナとホックスタインの4回転が成功する気がしない。ドーンブッシュもあまりいい状態には見えない。メンショフと無良は4回転は入りそうだがその他がどの程度まとめきれるか

そんなこんなを検討しているとやっぱり羽生の表彰台は堅いなという気がする。何しろSPでコンボと4回転と言う高得点2つをノーカン喰らっても70以上出せるのだ。同じミスはしないだろうから最低でもあと10点は上乗せできる。それだけでフェルナンデスの優勝スコア程度にはなるのでやはり他の選手とは底が違う計算になる。

一方でボーヤンである。ジャンプを見る限り彼は回る能力は非常に高い選手であると感じる。また羽生のように着氷のスポットが狭いタイプでもない。抜けが無しで転倒か着氷不良だけであるなら中国杯程度の演技は再生可能だろう。ただし同じ点が出るかは疑問である。

 

ということで結論は
1位羽生    SP98 FS185~195 総合290前後
2位コフトゥン SP88 FS165前後   総合250~255
3位ボーヤン  SP87 FS165前後   総合250~255
とコフトゥンとボーヤンが近い感じかなと予想する。
コフトゥンを上にしたのはボーヤンのPCSが中国杯ほど出ないと予想するから。SPで上回ればボーヤンの後で滑るFSのPCSが上がりそうな印象があるからということもある。
ボーヤンが崩れて表彰台から漏れるとするなら入るのはバルデではないかとも予想している。今季は結構よさそうだ。メンショフや地元の無良も捨てがたいがPCSがなぁ……

 

とにもかくにもGPS最終戦、どの選手も次につなげるための試合を精いっぱい頑張ってほしいと願っている。