読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

GPF SP順位予想

選手達がバルセロナの地に降り立ちいよいよファイナルが始まる。
怪我や体調不良などの情報もなく良い演技を見る期待が高まっている。
高レベルの良演技を数多く目に出来たらとてもうれしいことである。

今回はSPとFSで一日空くのでとりあえずSP順位だけを予想してみる。FSは各選手の練習やSPの様子を見てから総合順位を予想したい

 

<SP順位予想>

1位 羽生結弦    98~108
2位 フェルナンデス 93~98
3位 ボーヤン・ジン 93~95
4位 チャン     92~94
5位 宇野昌磨    88~91
6位 村上大介    80~88

 

村上は4Sとコンボが綺麗に入るかが鍵。そしてレベルを揃えられるか。第一滑走なのでPCSが高値に出ることはちょっと望めない。確実な演技をして堅実に点数を獲得したいところ。初出場のトップバッターだが気負わずのびのび滑って欲しい

チャンは今のところSPでジャンプを揃えられないでいる。おそらくかなり強化してくると思われるが、それでもアクセルはどうかな、と言う気がする。ノーミスだったら97~98くらいでそうだが・・・予感が外れてくれると良いのだけれど。

ボーヤンのジャンプは安定している。連戦ではあるが若いのでSPについてはそれ程影響は無いと思われる。気がかりなのは欧州での試合であること、大舞台では崩れる経験があること。ただ堅実に自分の演技をしようとする意識があるようなので大丈夫では無いかなと思っている。チャンのあとでPCSが心配ではあるがSPについてはかなりこなれているし全く違う部分を売りにしている選手であるのでノーミスならばNHK杯程度出るのではと予想している

宇野はボーヤンの後であることでPCSは出るかもしれない一方でジャンプの癖についてはどうかなという印象。3Aや4T、コンボ3Tの着氷が綺麗に出来るかで加点の程度が変わりそう。ついでに単独のステップ要件がクリアできれば点が伸びそう。強みと思われているステップやスピンでレベルとGOEを稼ぎたいところではあるが正直選曲がジャッジ好みで無い気がするのでその辺りの評価がどう出るか疑問である

羽生は再現能力が高い選手であると認識している。練習できたと言っているので4Sは大丈夫だろう。少し心配なのはコンボの3Tが綺麗に入るか。ただ3Tが無理で2Tになっても100点近くでそうな気がする。4Sクリーンのノーミスなら新記録出るかもと言う期待もある。

フェルナンデスは昨年の失敗があるのでSPにナーバスになりすぎないと良いと願っている。3Lz抜けが無ければ4Sでぐらついても90台半ばの点が出そうな気がする。地元で地元の曲を演じるので客席はかなり盛り上がるだろう。上手くやればかなり気前の良い点数が出るはずだ

 

出来るなら全員90以上という神大会になって欲しいところだが、過去案外そう言ったことが難しい結果にいる。是非今回はこれまでに無い盛り上がりのある試合になって欲しいと願っている。