読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

厄は落とした!―――全日本選手権FS感想

フィギュアスケート 羽生結弦 宇野昌磨 村上大介

何故生放送できるのに録画なのか。あの妙なカメラ割りは誰のセンスなのか。そして西岡アナはどうしてあんなにポエマーになってしまったのか・・・・・・なんというか色んな意味で残念な放送でした。

そして放送された演技はノーミスなし(涙)うん、良いよ、これで2015年の厄落としが終わったと考えよう。来年はきっとみんな神演技だ!


それでは上位陣の感想を
ただうっかりデータ放送を見忘れてしまったのでレベルやGOEが全くわかりません・・・これは私の主観のみの感想です。

 

1位 羽生結弦 

途中で痛めたか、あるいは元々痛めていたところを悪化させたのか、2転倒前後でジャンプの質ががらっと変わった。SP後の滝汗から体調が良くないだろうことは感じていたがやはり難しい状態だったと言うことか。とにかく故障を直して十分体を休めて欲しい。本番は世界選手権なので無意味な無理はしないこと。
ベストでない状態でも2種類のクワドをクリーンに決めたことは十分な成果です。4連覇おめでとう!


2位 宇野昌磨

・・・・・・何と書いて良いのか難しいところ。綺麗なジャンプはひとつもなかった。元々かなりの悪癖の持ち主でそれでも徐々に改善している、と思っていたが体調が悪かったのか全て元通りの癖だらけのジャンプだった。つまり小手先の上書きのような修正では余裕がないとすぐに戻ると言うことだろう。何故もっと早い時期にきちんとしたジャンプコーチにつけなかったのか本当に悔やまれる。
ジャンプは好みでないことはわかっているのでいつもなら目をつむってスケーティングやスピン・ステップを楽しむところだが、こちらもラストの2つのスピン以外今季最低の出来だった。ステップで何度もバランスを崩したりつっかかったり、コレオも漕いでもいつものスピードがないし荒い滑りだった。難度は上がったが質は昨年より全てにおいて低下しているような印象だったのがすごく残念だった。
私的には例え回り道をしてもジャンプを1から見直すことを進めたいところだが2年後の平昌の表彰台を狙うとすると出来ない相談なのか・・・いずれはチャンに並び立てるだろうスケーティングの持ち主なのに非常に残念でならない。ラストにもう一度4回転を跳ぼうとする気の強さを別の方向に向けられたら良いのに・・・


3位 無良崇人

抜けはあったがリカバリ方法は最高のものだった。そしてこの難しい曲をだいぶ滑り込めてきた気がします。スピンは・・・課題ですが今日はいいやという感じ。ナショナルなんだからもう少しPCS出ても良いのにと思ってしまった。
羽生のような天才と比べてしまうとゆったりの歩みですが無良も着実に進歩していると思います。助走が短くても加点のもらえる3Aが飛べた経験は大きい!
たぶん四大陸にはでれると思うので265点以上を目指して頑張って欲しい。スケアメ10位からよく頑張りました。本日の頑張りました賞第2位です!


4位 田中刑事

本日の頑張りました賞第1位です!4Sは手をつきましたがそれだけにまとめました。素晴らしい~~!!
昨年は腰痛でジャンプも抜けばかりで痛々しかったのですがすっかり大人の男を言う風格が出てきました。NHK杯5位が自信になったのかも。
体格は違うけどノーブルな雰囲気と綺麗なジャンプがデニス・テンみたいと思いました。この路線はたぶん正しい。そして今の日本選手の中には居ない個性、大事にして下さい。四大陸行けると良いね。
そしてインタビュー受けてたからきっと宇野は見てないだろうけど田中のジャンプ参考にしてくれないかなぁ・・・宇野のスケーティングに田中の綺麗なジャンプが揃ったらものすごい選手になると思うの。


5位 小塚崇仁

アクシデントでまさかのくるくるなしスタート。本田氏も言っていたが靴紐の感触を確かめずにジャンプ飛ぶというのは・・・同情します。ただし転倒はしましたが4Tはここ最近で見た限り最も軸が綺麗な印象でした。
スケーティングは昨日よりずっと滑ってました。満足とまでは行きませんでしたが堪能させて頂きました。やっぱり小塚のスケートは良いなぁ
スピンも昨日よりずっと良かったです。滑り込みの量の差だったのか?
滑り終わった後の表情がある程度満足げだったのがかなり胸に来ました。どんな形であれ今後もずっと小塚のスケートを見ていきたいです。全日本お疲れ様でした。


6位 山本草

2本目の3A回避は妥当な決断。まだ戦力とは言い切れない確率のジャンプを2つずつ入れるのは無謀としか言えない。3回転のコンボは非常に美しいのだからもっと有効に使ってあげて下さい。自分の強みを生かすことをまず第一に戦略を練ることが大事です。
上ばかり見ていることが必ずしも良いわけじゃない。今は基礎を固める時期、とりあえず世界ジュニアで表彰台に乗って下さい。全日本お疲れ様でした。


7位 村上大介

全日本は相性が悪いのか2年連続で順位を落としてしまった。
故障がかなりつらそうで痛々しかった。でも最後まで頑張り滑ろうとしていたと思います。今は何も考えず治療して休んで下さい。
四大陸は難しくなったが、どこかでB級戦でれると良いけど・・・

 

出場した選手達にとって2015年の戦いがこれで全て終わりました。良かった人もそう出なかった人もみんなお疲れまでした。それぞれの成果と課題を持って2016年に旅立って下さい。来年も素晴らしい演技をたくさん目にすることを願っています!

2015年どうもありがとうございました!!