読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

世界選手権2016 男子シングル総合データ

2016年世界選手権総合のプロトコルデータまとめ
昨年同様SP・FSとそう変わらないと思うんだけど・・・とりあえずやってみよう


<ジャンプ得点上位10人>

           基礎点   GOE    計   減点

 1位 フェルナンデス 113.68   17.67     131.35    -1  (実質130.35)

 2位 ボーヤン・ジン 125.83      -1.54        124.29     

 3位 羽生結弦    106.26          9.75        116.01     -1  (実質115.01)

 4位 アーロン            100.18          7.43        107.61

 5位 コリャーダ          92.82        14.53        107.35

 6位 リッポン      90.37          9.23          99.60

 7位 宇野昌磨      94.12          2.96          97.08     -1  (実質 96.08)

 8位 ビチェンコ          93.89         -2.93          90.96     -1  (実質 89.96)

 9位 ブレジナ                92.84         -4.03          88.81     -2  (実質 86.81)

10位 ホクスタイン     91.87         -3.21          88.66     -1  (実質 87.66)

 

昨年は100点越が一人だったが2016年は5人も出ている。10位も昨年より5点ほど上がっている。成功不成功問わず4回転を飛ばないと上位には上がれない。昨年までとは大きく時代が変わったことがわかる。
何しろ基礎点だけで100を超えている選手が4人も居るのだから。

 

<スピン得点上位10人>


            基礎点     GOE    合計

 1位 羽生結弦          19.30        6.00    25.30

 2位 チャン              19.00       6.00       25.00  

 3位 リッポン     18.60     6.08    24.68
 
 4位 フェルナンデス  18.60        5.86   24.46

 5位 コリャーダ       19.00          5.08        24.08
 
 6位 宇野昌磨              19.40          4.42        23.82

 7位 ヴァシリエフス 18.90          4.36        23.26

 8位 デニス・テン  19.40          3.78        23.18

 9位 ホクスタイン     18.60           4.14      22.74

10位 ボーヤン・ジン  19.40            2.93      22.33


1位は若干下がっているが10位は昨年より1点ほど上がっている。今回はスピンでマイナスを食らう選手が多かった大会だった。氷の質が良くなかったのかもしれない。
それでも上位はきちんと得点をとってきているので基礎力があれば10位以内に入ってくる。こういった部分が案外上位に安定してとどまるためには大切、アーロンはもう少し見習って欲しい。(アーロンスピン順位18位)

 

<ステップ得点上位10人>

             基礎点  GOE  合計

 1位 チャン       9.80      5.80     15.60

 2位 フェルナンデス   9.80      5.50     15.30

 3位 宇野昌磨         9.80      4.40     14.20

 4位 羽生結弦           9.20      4.60     13.80

 5位 コリャーダ     9.80      3.50     13.30

 6位 ミーシャ・ジー   9.80      3.20     13.00

 7位 リッポン             9.20     3.56     12.76

 8位 リギーニ             9.20     3.20     12.40

 9位 ヴァシリエフス       9.20       3.10     12.30

10位 ホクスタイン        8.60      3.04     12.24


10位に入るためにはSPFS少なくともどちらか一つはレベル4をとらなければならない。10位の点数も昨年より1.5点ほど高くなっている。新採点育ちが多くなりもう誰も攻略の仕方がわかってきている。
だから逆に攻略できない人の弱さが際立ってしまう。アーロンなんと総合でも最下位。1位のチャンの半分ほどしか取れていない。後半3Lz一つ分以上損している訳でジャンプがいくら良くてもこれでは上位に上がれない。せめてボーヤン並みに10点を超えるようにしたいところだ。
ステップ上位に上がるにはレベル取りが大事、これは新採点下の常識!

 

<TES上位10人>

            ジャンプ  スピン  ステップ    計   減点 

 1位 フェルナンデス 131.35  24.46  15.30  171.11    -1  (実質170.11) 

 2位  ボーヤン・ジン     124.29  22.33  10.45  157.07   

 3位 羽生結弦         116.01  25.30  13.80  155.11    -1  (実質154.11)

 4位 コリャーダ        107.35  24.08  13.30  144.73

 5位 リッポン           99.60  24.68    12.76   137.04

 6位 アーロン      107.61  20.29   8.22     136.12

 7位 宇野昌磨     97.08  23.82  14.20    135.10    -1  (実質134.10)

 8位 チャン                87.34        25.00       15.60      127.94    -1  (実質126.94)

 9位 ホクスタイン      88.66       22.74       12.24      123.64    -1  (実質122.64)

10位 ブレジナ       88.81     21.56    12.01    122.38    -2  (実質120.38)

 

昨年の10位より10点上がっている。ジャンプ・スピン・ステップ全てで10位のランクが上がっているから当然だが、それだけに弱点があると伸び悩む。平均的に名前が挙がる選手が上位を占める。ボーヤンのように際だった何かがあるのなら別だがそうでないのならまず地道に基礎力を上げた方が良い。
スピン・ステップはレベルをそしてジャンプは転倒はSPFS併せて1回まで、それを4回転入プログラムでやらなければいけないので本当に選手は大変だ。

 


<GOE獲得上位10人>

             ジャンプ  スピン   ステップ     計

 1位 フェルナンデス 17.67   5.86  5.50    29.03

 2位 コリャーダ        14.53   5.08  3.50     23.11

 3位 羽生結弦             9.75  6.00  4.60    20.35

 4位 リッポン             9.23  6.08  3.56    18.87

 5位 チャン                 5.05  6.00  5.80    16.85

 6位 宇野昌磨              2.79  4.42  4.40    11.78

 7位 アーロン              7.43  2.79    1.02    11.24

 8位 ヴァシリエフス    2.25    4.36  3.10     9.71

 9位 ヘンドリクス     2.67    2.27  2.47       7.41

10位 リギーニ                1.72  1.31  3.20     6.23


唯一10位の数字が下がった項目だ。今回はスピンの減点が多かったせいかSPFS合わせたGOE+の選手が14人しか居なかった。
それにしてもアーロンのステップのGOEが泣ける。3つ併せて1点をちょっと超えるだけだなんて・・・ジャンプはだいぶ安定してきたので来年は是非この辺りを何とかして欲しい。
そしてコリャーダのすばらしさ、唯一4回転入でノーミスしただけのことはある。ロシアンの割に穴のない選手なのでこれからが本当に楽しみだ。


<PCSSP・FS平均上位10人>

              SS   TR    PE   CC   IN   計

 1位 フェルナンデス    9.38    9.40   9.59   9.75   9.72   47.82

 2位 羽生結弦            9.59    9.40   9.45   9.54   9.56   47.53

 3位 チャン             9.47    9.25   9.18   9.43   9.43   46.76

 4位 宇野昌磨            8.91    8.50   8.70   8.65   8.68   43.43 

 5位 リッポン                 8.38    8.09   8.68   8.50   8.65   42.29

 6位 コリャーダ         8.13    7.84   8.16   8.18   8.16   40.46

 7位 デニス・テン     8.27    7.72   7.95   8.13   8.18   40.24

 8位 ブレジナ          7.98    7.61   7.75   7.91   7.91   39.16
 
 9位 アーロン           8.09    7.45   8.00   7.77   7.79   39.09
 
10位 コフトゥン      7.89    7.50   7.65   7.91   7.83   38.77

 

PCSを平均する意味はあまりないような気がするが一応まとめだけしておく。
コフトゥンがここで入ってくるか・・・なんか微妙な感じだ。でも数字的にはおかしくないはずなんだよね・・・
フェルナンデス・羽生・チャンは他の選手と区切られている感が強い。羽生がSPでフェルナンデスがFSでノーミスしたのでチャンはその下、SPとFSだったらFSのノーミスの方が価値が高いと言った平均数字だ。妥当な結果な気がする。
FSでも書いたがテンのTRが悲しい。元々それ程濃くなかったつなぎが4回転入れて更に薄くなってしまったので仕方ないが、入れる価値があったのか非常に疑問だ。
そしてSPFS共にミスのあった宇野が4位に入っているのがすごい。ただシニアに上がったばかりの選手がそこそこ良い活躍すると結構評価される傾向がある。しかし2年目以降にジャッジがとりあえず目をつむった部分が改善されないと全く上がらなくなるまたはむしろ下がると言ったことが起こることがしばしばある。今季出来なかった纏めた演技を来季は見せられるように頑張って欲しい。