読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

ロステレコム予想

今週に入り毎日長時間残業続きでおちおち自宅PC前に座る時間もない・・・
とりあえずロステレのメンバーだけでも確認しておかなくては。

 

アサインは下の12人
エラジ・バルデ
シャフィク・ベゼギエ
アレクセイ・ビチェンコ
デニス・ヴァシリエフス
ミハイル・コリャーダ
アルトゥール・ドミトリエフ
ゴルジェイ・ゴルシュコフ
ハビエル・フェルナンデス
アレクサンドル・マヨロフ
マックス・アーロン
田中刑事
宇野昌磨

 

先週までとはうって変わってザ・ユーロという感じのメンバーになりました。
ここでの楽しみは・・・何といってもマヨロフでしょう!地上波の大画面で見たいけど見せてくれるかな?いい演技をしてぜひ映ってください。
そして宇野はここで表彰台に乗ればほぼGPF出場が確定します。そのあとだいぶ時間が空きますので早めに準備できるならこういう出場も悪くないかもしれません。

 

そして順位予想ですが、今シーズン始まる前であれば1位予想はフェルナンデス一択だったのですがここへきてちょっと考えます。
そもそもフェルナンデスはシーズン冒頭からミスのない試合をするとは考えにくい。昨季ノーミスが世界選手権のFSだけだったことを考えても今の時点でそこまで完璧は難しいと思われる。
一方で異様にやる気を見せているのが宇野だ。そこまでこの時期にがつがつしなくても、と引いてしまうほどのやる気(それ以上のマスコミの煽りが嫌だ)を見せています。ここで優勝してフェルナンデスに勝った!という実績を作りたいのでしょう。わからなくもないがでもまだ11月だからね。
他の出場者でトータル270越をしそうな選手がいないのでおそらくこの二人が表彰台上位2つを確保するのだろうと予想できます。
ではどちらが1位になるか・・・

 

スケートアメリカはどちらかといえばいい演技をすれば高得点が出やすく、スケートカナダは割と渋いイメージがある。ではロステレコム杯は、というとその中間というか割とオーソドックスな点数が出る印象がある。
構成こそ宇野の方が高いが、それほど差がつくものでもないので二人が同じ位のまとめ方をすればフェルナンデスが勝つでしょう。実績で優っているから、ではなく演技の質でフェルナンデスの方が良いからだ。
宇野はスケーティングに定評があるが、上位選手の中では両足滑走が多くつなぎも少ない。FSでは多少振付を増やしたため昨季ほどのスピード感はない。仮に滑走順が宇野→フェルナンデスになればその違いははっきり見て取れるだろう。その辺りはジャッジもしっかりとると思います。
ですから宇野がロステレのタイトルを得るためにはなるべくSPでフェルナンデスと滑走が離れる&できれば後ろの方で滑りたいでしょう。フェルナンデスが第1グループ、宇野が第2グループ後半になれれば最高です。そしてSPを完璧に滑り100点近い点数を出すことができれば、勝利が見えてきそうです。

 

それでは予想順位

1位 ハビエル・フェルナンデス
2位 宇野昌磨
3位 ミハイル・コリャーダ
4位 マックス・アーロン
5位 アルトゥール・ドミトリエフ

宇野の状態は多分いいと思います。ただ宇野が勝利するためには295点以上の点数を獲得する必要があると考えます。SPをノーミスで100点、FSで195点と考えた時ちょっと難しいなという予想をしてしまったのです。
フェルナンデスは昨季多かった4回転をちょっとよろけるくらいのミスをしてもたぶんSPで100点近辺が出るでしょう。どちらも完璧でなければやはり質の差は出る。
スケートアメリカでは現時点でPCSの指標となっているフェルナンデス・羽生・チャンの3人が出なかったためあの高PCSが出たが今回はそうではない。TESで10点以上差がつかなければ勝利は難しいと思います。
そんなわけで二人ともそこそこまとめてフェルナンデス275~295、宇野270~290位になるのではと予想しました。(羽生に比べると二人とも普通だ。羽生予想260~330だったから)
3位にはコリャーダ予想。フィンランディアではいまいちですがその後の国内戦では勝ってますし、ロシアではいい演技をする実績がある。何よりロステレコム杯では毎年ロシア男子が表彰台に立ちますのでおそらくコリャーダは表彰台に立てるでしょう。
アーロンはとにかく4Sをびしっと決めなければ上位は難しいです。アメリカではいい演技をしますがそれ以外ではなかなか見られないのでこの辺も課題。もしかしたらもっと下かもと思っています。

田中についてはSPが鍵。SPで下位グループに入るとそのまま点数は伸びなくなります。SPの4Sを確実に決める必要がある。SPで80点台に乗せてFSをまとめれば5位6位あたりに来るかもしれない。

 

順位を検討するより演技を見ることが楽しみな選手が多いロステレコム。
個人的にはビチェンコに頑張って欲しいと思っている。スケートカナダの4位以下のように表彰台の下はかなり接戦になるのではと思われる。ポイントや次戦へのつながりがあるのでいい演技をたくさん見られることを期待している。