読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

期待の新人登場!そしてベテラン達―――フランス杯SP感想

2016-17 フィギュアスケート ハビエル・フェルナンデス 無良崇人 デニス・テン ネイサン・チェン

GPS後半戦スタート。エリックの看板が外れたフランス杯。会場がにぎやかです。

 

1位 ハビエル・フェルナンデス 95.57 TES 51.68 PCS 45.89 -1
ノーミスマラゲーニャまたしても来ず・・・1番滑走は苦手とオーサーが言っていましたがそれとはちょっと違うっぽいミスでした。昨季も時々こういう転倒があったが滑りのスピードが良すぎてジャンプの時に後ろに持って行かれている。でも慣れているのかスタっと演技に戻るのは印象が良いです。
コンボのセカンドが良くなかったのですがGOEは割と付いています。そして前回レベルを落としたスピンで全て4をとりました。レベルは回転などの条件を満たせば得られるものなので納得しますがGOEはそこまで付くかなとプロトコルを見て思ってしまった。ふらついてるところや足をついちゃってるところもあるんだけど・・・
しかしながら本当にこの2シーズンは安定した点数を出しています。落差が少ないというのは評価が高い現れ。羽生やチャンの振れ幅が大きすぎるだけなのかもしれませんが・・・


2位 ネイサン・チェン 92.85 TES 51.74 PCS 41.11
ようやく衣装を見れました。昨季のブレジナからするとシンプルですがこれまでを思えば断然良いです。そして4Lzと4F共に決めました。4Fに若干マイナスを付けているジャッジが居ますがもう少しステップ入れろと言うことでしょう。
このまま行けばハビを抜くーと思ったところに2A、かなりもったいなかった。しかしシニアGPSデビューとしては素晴らしいインパクトです。PCSも41以上出ましたから昨季のボーヤンを思えばもっと簡単に100越できそうです。
バレエをやっていることがわかる体の使い方、これは欧米のジャッジの好む演技だと思います。4Lzと4Fの着氷をもっと良く出来ると思うので非常にこれからが楽しみです。


3位 デニス・テン 89.21 TES 47.40 PCS 41.81
怪我(?)明けのテン、今季初登場。まさかのロミジュリでした。え?FSがそうじゃなかったっけ?変更したのかな?(ロミジュリの後にくるみ割り人形が来た。なんなの?この変曲)
うっかり順位順に演技を見てしまいネイサンの後だったためか非常に物足りなさを抱いてしまった。
4Tは何とか着氷、ただコンボ予定で全く何も入れてないのでマイナス評価。これは仕方ないでしょう。ステップはレベル4をしっかりとってきました。
ただ・・・スピンについてはいまいちだと感じました。2つは4とっていますが質が良いとは言えない出来だったしラストのはこれは駄目だろと思ってしまった。そのスピンに3を付けたジャッジにその意味を問いたい。
ただいわば復帰戦ですのでこれから良くなっていくんでしょう。スケーティングも相変わらず綺麗ですがキレがないのでもう少し滑り込みを深めて欲しい。

 

4位 アダム・リッポン 85.25 TES 43.33 PCS 41.92
うっかり第1滑走を引いてしまったリッポンは衣装がチェンジしていた。すけすけではなくなったが相変わらずノースリーブで男子の場合なかなか慣れません。
演技自体はまずまず纏めたという感じ。会場としては大会を盛り上げる良い1番滑走だったでしょう。
3Lzに2人ほどマイナスのジャッジが居ますがステップから間が空いた?タノの評価が相殺されるほどとは思わないんだけど・・・こういうのは後で選手やコーチに指導されるのか気になります。

 

5位 ヨリック・ヘンドリックス 80.34 TES 41.30 PCS 39.04
音のない映像しか見つけられなかった・・・ジャンプは3Lo以外はいまいち。特にコンボは高さがなく良く回りきったなと逆に驚いてしまうくらいだ。
スピンはほどほどレベルを確保しているが全体的に締められていないのでなんかゆったりに見える。曲に合わせているのか?
ただとりあえずシーズン序盤全てのエレメンツを入れたと思えば良い演技なのかもしれない。

 

6位 無良崇人 78.38 TES 39.92 PCS 39.46 -1
わかっていると思うが無良のようなタイプの選手はSPでジャンプミスを2つしてはいけない。4Tは飛んだところまでは良かったと思う。着氷の崩れ方がむしろ意外に感じた。たぶん足がまだ良くなっていないのだろう。
スピンは今回全てレベル3、これはミスしたときはいただけない。こういう取りこぼしがなければ80超えていたと思うのでもったいない。
ただプロトコルを見て案外SSは評価されている。スケカナでも一番高い項目だったがそれよりも更に上がっている。この2シーズンの足下強化の成果は認められてきているのだろう。それだけにミスが惜しい。4回転の失敗のみにとどめていれば他の項目も8点台になれたかもしれない。無良が来季オリンピック代表になりたいのなら今はこの数字を高める努力をするべきだと思う。

 

エリック・ボンパール社が撤退し他の会場と変わりなくなってしまったフランス杯、ひどく寂しいものを感じます。
フランススケ連は世界3悪スケ連などといわれていますが、撤退の経緯をきくとそう呼ばれても仕方ない気がします。あの青い会場おフランスらしくて素敵だったのに・・・何年かしたら復活してくれることを願っています。
マイナスが全くつかない選手はいませんでしたが全体的にはいい演技が多かったSPだったと思います。2位以下は250いかないかも、なんて失礼な予想をした私を見返してくれそうですごくうれしい。
点差と構成を考えればフェルナンデスもうかうかしていられないというのが非常にいいですね。たとえGPSであっても1強というのは面白みがありませんから。

私は今夜会社の忘年会があるためとてもライスト鑑賞はできないです。いい演技のオンパレードだった、見なくてもったいなかったと悔しがるような演技が見られることを期待しています。