読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

たまには女子の話、そしておまけ

フィギュアスケート

本日は溜まったメールを整理することから始まりました。3日ほど放置するだけでyahooや楽天・昔やっていたポイントサイトのメールで500通以上に溜まってしまいます。ほとんどがダイレクトメールなのでバシバシ削除すればいいのですがその中で見つけてしまいました。「アイスクリスタル落選のお知らせ」を。
もともと当たるとは思っていないので残念でも何でもないのですが、このメール見ることが本当に久しぶりでした。たぶんいつも気づかずに削除していたんだと思います。


さて今回アイスクリスタルに応募する際に悩みに悩んだことがあります。一つは選手名、そしてもう一つは最後にある要望欄です。
入ったことも利用したことも無い、その有益さも不便さも知らない会に入会するときに何の要望をすればいいのか非常に困ってしまいました。本気で「返答に困る質問を出さないようお願いします」と書こうかと悩みましたよ。

そして選手名書く欄。長年小塚氏の名前を書き続けてきました。しかし昨年引退したので書けなくなってしまいました。前回は応募し忘れたので良かったのですが、今回はどうしようか選手名の画面でたっぷり15分くらい悩みました。男子のジュニア選手にしようかなとも考えたのですが結局のところ某女子選手の名前にしました。応募しだして初めて女子選手の名前を選んだことになります。彼女が世界で活躍できる選手になれるかどうか未知数ですが私にしては珍しく目を引いて仕方ないので小塚氏のように競技を続ける限り選んでいこうと思いました。
ちなみにですが現役女子シングル選手で現在特に好きな選手はアメリカのポリーナ・エドモンズとロシアのユリア・リプニツカヤ、そしてアンナ・ポゴリラヤです。ジュニアではザキトワの可愛さにやられています。前半の二人にとってはなかなか試練のシーズンとなりましたが是非来季は元気な姿を見せて欲しいです。
ただ今回私が選んだ選手は先ほど上げた好きな選手のタイプとはかなり違う印象です。むしろ現在やこれまでの日本女子選手の中で割と多いタイプかもしれません。なぜ彼女が目を引くのか自分自身で良くわからないのですが、それを知りたいから見てるという気持ちもあるのかもしれません。今のところテレビではなかなか放映されることが少ない選手ですが見続けていきたいと思っています。

 

ところで留守の間にもそして昨日から今日にかけてもコメントをいただいています。皆様ありがとうございます。時間がたってしまったコメントにはお返事がかけなくて申し訳ありません。すべて読んでいますのでお許しください。
非表示希望のコメントも頂いています。読んで色々思うところはあるのですが今は特に申し上げることはないです。頂いた文章の内容は受け止めましたというだけです。


以前から私はこのブログについて倉庫のような場所だ、日記のようなものと書いてきました。今回の件でおそらく来るだろうと思ったコメントがやはり来ました。「人目に触れないようにエクセルにでも書けば良いのに」というものです。


はい、書いていましたエクセルに実際。一太郎からワードになって最後にエクセルでトータル10年分くらいは過去に書いていました。ここにはフィギュアのことしか書きませんが以前は今よりもっと頻繁に色んなこと(様々なスポーツのこと、好きな音楽のこと、お金のこと、健康のことなど諸々)を雑多にPCに書いていました。しかしこういったもので書いた文章は時間が経ってから探したり確認したりしようとすると非常に不便でした。ついでにPCがクラッシュするとデータが飛んでしまう。色んなことをごちゃごちゃ書いているだけなので別媒体に保存するほどでもないとはいえ時には以前書いたことが読みたいと思うこともあります。
だいぶ以前のことになりますが同じような悩みを持っていらした私よりかなりご年配の方のブログを見つけました。ネットのブログに書くようになって文章が消えることも無くなり読み返すのも楽になったと。それは良いなと素直に思いました。

そんなこともあり自分でもブログをはじめました。それでもいくつかの無料ブログを回ってそれほどメジャーではない場所を選んだつもりでした。意外に検索に引っかかることは結構経ってから気づきましたが今更別の場所に移ることも面倒だったのでそのままにしました。

ここも当初は別にフィギュアのことだけを書くつもりではなかったのですが最初に2015年の世界選手権のことをつらつら書いてしまったので他のことを書きにくくなってしまいました。その代わり特に話題がなければ何か月も放置してしまいます。それでいいかなと今では思っています。

 

現在というものはある程度時間をかけて形成されたものです。ただ訪れるだけではわからない思いというものがあるのです。それは私だけではなくいろいろなサイトやブログをされているすべての方が持っているものだと思います。意見が合わないサイトを非難することは簡単なことです。それを否定するつもりはありません。多くの方がそういう意識があってそれでも運営されているのではと思います。そして非難されたからといって自分の当初の目的や思いを変えることはないのです。それならばさっさとやめてしまった方がいいと私は考えます。ですから今後も書き続けるとしたら同じような感じになるでしょう。それが我慢できないといわれるなら無視したほうが良いのです。

残酷なことですが同じ思い同じ考え同じ感覚を持った人間がいない以上言葉で分かり合えることには限界があります。合わないものはどこまでも合わない可能性は高いのです。どうか無理せずに嫌なものは見ないそういった対応をしてください。