読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その2

<ジャンプ>
                        ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF    四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  29.44    33.88-1   31.39-1   38.60           32.828
宇野 昌磨 30.05-1 30.30-1  36.25      26.22-1    38.76    30.55                     31.522
羽生 結弦 26.35-1 18.26      38.81     40.12       32.94                                  31.096
田中 刑事 18.78     18.63     28.40                     25.09    14.50   32.80         23.033
N・チェン   36.22-1   36.09    33.55-1  31.45-1    41.92                                  35.246
J・ブラウン   22.72-1   29.13-1  17.33                    20.82-1   25.18-1                22.236
P・チャン   24.03      29.00-1   21.50    34.24      24.72-1                                26.298
レイノルズ   25.60      28.75                                  24.53-1                                25.960
ボーヤン・ジン                  23.29-2   41.59                   35.76     36.21                     33.713
ハン・ヤン        22.59-1   19.79                   32.14     31.98                     26.375
M・コリャーダ  25.74-1    12.56       21.63                   24.61                                  20.885
M・コフトゥン  33.89      16.37       20.53                   36.98                                  26.943
M・ブレジナ                 19.50-2     21.06                   23.35-1                              20.303
ビチェンコ   28.15      33.74       24.71                   32.19   27.02   22.98         28.132
デニス・テン                  30.90                                               32.55   16.03-1      26.160
ミーシャ・ジー  28.05     21.63-1    20.36-1                 25.60     21.23                   22.974

<今季最高点>            <今季最低点>
1位 N・チェン   41.92   1位 N・チェン   33.55-1
2位 ボーヤン・ジン 41.59   2位 フェルナンデス 29.44
3位 羽生 結弦   40.12   3位 宇野 昌磨   26.22-1
4位 宇野 昌磨   38.76   4位 レイノルズ   24.53-1
5位 M・コフトゥン 36.98   5位 ビチェンコ   22.98
6位 P・チャン   34.24   6位 P・チャン   21.50
7位 ビチェンコ   33.74   7位 ボーヤン・ジン 23.29-2 
8位 田中 刑事   32.80   8位 ミーシャ・ジー 20.36-1
9位 デニス・テン  32.55   9位 ハン・ヤン   19.79
10位 ハン・ヤン   32.14   10位 羽生 結弦   18.26


<平均>
1位 N・チェン   35.246
2位 ボーヤン・ジン 33.713
3位 フェルナンデス 32.828
4位 宇野 昌磨   31.522
5位 羽生 結弦   31.096 
6位 ビチェンコ   28.132
7位 M・コフトゥン 26.943
8位 ハン・ヤン   26.375 
9位 P・チャン   26.298
10位 デニス・テン  26.160

ジャンプはやはり構成の強い二人が上位に来る。ネイサンは最高最低平均全てでトップになった。これは転倒があっても基礎点をほぼ確保していると言うこと。
しかしジャンプ3つしか無くてもかなり大きな差がつくのだと言うことがよくわかる。羽生はダウングレード+コンボなしという結果で最低点では大きく順位を下げた。
そして昨季ワールドであれほどジャンプが安定していたコリャーダの得点の悲しさ。1クワド・クワド無し組が張り合うためには確実にこなさないとあっという間に10点以上差がついてしまうことがよくわかる。そして1シーズン良くても継続はなかなか難しいと言うことも。
その点フェルナンデスと羽生は大きく崩れないという確実な実力があることもこの結果から読み取れる。

 

<スピン>
                      ユーロ/
      B級   GPS1 GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス      10.43     11.90    10.76    12.33          11.355
宇野 昌磨 10.88      12.34      12.63    12.56    11.91    12.30                      12.103
羽生 結弦 11.60      11.52      12.84    13.06    12.44                                   12.292
田中 刑事  9.97       10.06        9.80                 10.14   10.60   11.80           10.395
N・チェン     9.23      11.42      10.70      9.87    12.06                                   10.656
J・ブラウン 12.80       8.29        9.88                 12.35    11.60                      10.984
P・チャン   12.22      12.33      12.91    12.72    12.98                                   12.632
レイノルズ   10.30        8.69                                11.03                                   10.007
ボーヤン・ジン                  10.51     10.64                  10.40   11.60                       10.788
ハン・ヤン          9.01     11.08                    7.37   12.00                         9.865
M・コリャーダ   12.20       12.56     12.06                 12.98                                   12.450
M・コフトゥン  10.95       10.27       8.33                 10.99                                   10.135
M・ブレジナ                   10.57      10.47                10.56                                   10.533
ビチェンコ     8.51        9.40        7.71                   9.51    8.36   9.50                  8.832
デニス・テン                   10.50                                11.60   11.40                       11.167
ミーシャ・ジー  10.50       10.73    10.59                   11.37   11.20                       10.878

<今季最高点>           <今季最低点>
1位 羽生 結弦   13.06  1位 P・チャン   12.22
2位 P・チャン   12.98  2位 M・コリャーダ 12.06
2位 M・コリャーダ 12.98  3位 羽生 結弦   11.52
4位 J・ブラウン  12.80  4位 宇野 昌磨   10.88
5位 宇野 昌磨   12.63  5位 デニス・テン  10.50
6位 フェルナンデス 12.33  5位 ミーシャ・ジー 10.50 
7位 N・チェン   12.06  7位 M・ブレジナ  10.47
8位 ハン・ヤン   12.00  8位 フェルナンデス 10.43 
9位 ボーヤン・ジン 11.60  9位 ボーヤン・ジン 10.40
9位 デニス・テン  11.60  10位 田中 刑事    9.80

<平均>
1位 P・チャン    12.632
2位 M・コリャーダ  12.450
3位 羽生 結弦    12.292
4位 宇野 昌磨    12.103
5位 フェルナンデス  11.355
6位 デニス・テン   11.167
7位 J・ブラウン   10.984
8位 ミーシャ・ジー  10.878
9位 ボーヤン・ジン  10.788
10位 N・チェン    10.656


ここで一番驚いたのはスピンが強いはずのブラウンが今季意外に取れていないと言うこと。ノーカンがあったり昨季ほどGOEが付いていない。体調が良くない為もあるのだろうけどここで伸ばせないとジャンプが安定していないだけにきつい。
昨季から見ると今シーズンのチャンのスピンは安定している。ジャンプはなかなか揃わないがGOE+2以上の加点をほぼ獲得しているため1クワドでも上位に安定して付けていられる。
そしてここでようやくコリャーダが上位に登場した。ビールマンを入れなかったり昨季からみると多少微妙に感じる部分もあるが結構しっかり点数を貰っていた。今季は4Tも3Aも安定しないのでスピンでの得点が非常に大切になっている。
そしてこうしてみると悲しすぎるビチェンコの得点。GOEがつかないことは仕方ないがせめてレベルだけは確保したい。3つで10点無いといくらジャンプで稼いでも印象に悪い。PCSが安定しない原因にもなっているのかも。
ボーヤンはSPのスピンはほどほど得点をとっている。キャメルがもう少し改善できれば点が伸びそうだがそう簡単では無いだろうしレベルさえ確保できていれば今のところは良いのかも。ただ上位5名に必要以上にはなされないためにもどれか一つでも稼げるスピンを作りたいものだ。

 

<ステップ>
                      ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  5.60        5.90       5.30     6.00                                     5.700
宇野 昌磨 5.30        4.23       5.40       5.60     5.40        5.58                      5.252
羽生 結弦 6.00        5.70       5.70       6.00     4.73                                     5.626
田中 刑事 3.80        3.80       3.94                   3.87       3.80   4.20             3.902
N・チェン    5.30        4.23       4.30       4.30     5.60                                     4.746
J・ブラウン 5.86        5.90       4.59                   5.60       5.30                       5.450
P・チャン   5.42         4.73       4.51      5.70      6.00                                    5.272
レイノルズ   4.10        5.20                                  4.01                                    4.437       
ボーヤン・ジン                  4.09       4.70                    5.10    4.30                         4.578        
ハン・ヤン       4.16       5.00                     5.10    5.58                        4.960      
M・コリャーダ   4.95       4.23        3.94                    4.30                                    4.355
M・コフトゥン  4.83       3.80        3.87                    5.00                                    4.375
M・ブレジナ                 4.09        5.00                    5.20                                    4.763
ビチェンコ   3.80       3.60        3.39                    5.30     4.10    4.00             4.317
デニス・テン                 6.00                                               5.86    5.30             5.720
ミーシャ・ジー  5.02       4.16        4.37                    5.30     5.30                        4.830

<今季最高点>            <今季最低点>
1位 羽生 結弦    6.00   1位 フェルナンデス 5.30
1位 フェルナンデス  6.00   1位 デニス・テン  5.30
1位 P・チャン    6.00   3位 羽生 結弦   4.73
1位 デニス・テン   6.00   4位 P・チャン   4.59
5位 J・ブラウン   5.90   5位 J・ブラウン  4.59 
6位 宇野 昌磨    5.60   6位 宇野 昌磨   4.23
6位 N・チェン    5.60   6位 N・チェン   4.23
8位 ハン・ヤン    5.58   8位 ミーシャ・ジー 4.16
9位 ビチェンコ    5.30   8位 ハン・ヤン   4.16
9位 ミーシャ・ジー  5.30   10位 M・ブレジナ  4.09

ステップ満点を4人出している。羽生はおそらく初めてだが今季だけで2回出している。昨季なかなか揃わなかったため強化してきたのだろう。
ALLレベル4はフェルナンデスとテンだけ。チャンも羽生と同じく加点がつくがレベルが取れないとステップはどうしても追いつかない。
そして今はもうほとんどの選手がレベルの取り方を知っているのでGOEが付くつかないはともかくレベル3以上は確実にとってくる。差がつかない分だけ取りこぼしはもったいない項目だ。

 

<GOE>
                      ユーロ/
      B級   GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  5.22        3.93        0.20      9.18           4.633
宇野 昌磨 -0.62     -1.08        4.43        4.83      6.22      2.88                        2.777
羽生 結弦  5.50      3.43         7.60       9.43     10.56                                     7.304
田中 刑事 -3.47      0.93       -0.02                     3.34      0.94  6.24               1.327
N・チェン    -0.60      5.41       -3.50      -2.33       6.43                                     1.190
J・ブラウン  4.42       2.79       -0.63                     2.45    1.82                          2.170
P・チャン   -1.66       3.86        2.82       9.76       2.27                                     3.410
レイノルズ   -3.70     -1.16                                    0.67                                     -1.397
ボーヤン・ジン                -8.14        6.09                     0.73      1.38                          0.252
ハン・ヤン      -3.43        3.02                     3.93      4.98                          2.125
M・コリャーダ    2.46       5.86       3.80                     7.69                                        4.953
M・コフトゥン   1.62       2.64       1.78                     4.92                                        2.740
M・ブレジナ                 -2.24      3.33                     1.06                                         0.717
ビチェンコ   -0.60       6.38     -0.25                     4.84     -1.58   -5.08                 0.618
デニス・テン                  4.55                                               6.46    -1.50                3.170
ミーシャ・ジー  0.24       -0.21      -3.68                     4.94   1.20                              0.498

<今季最高>              <今季最低>
1位 羽生 結弦   10.56    1位 羽生 結弦    3.43
2位 P・チャン    9.76    2位 M・コリャーダ  2.46
3位 フェルナンデス  9.18    3位 M・コフトゥン  1.62
4位 M・コリャーダ  7.69    4位 フェルナンデス  0.20
5位 デニス・テン   6.46    5位 J・ブラウン  -0.63
6位 N・チェン    6.43    6位 宇野 昌磨   -1.08 
7位 ビチェンコ    6.38    7位 デニス・テン  -1.50
8位 田中 刑事    6.24    8位 P・チャン   -1.66
9位 宇野 昌磨    6.22    9位 M・ブレジナ  -2.24
10位 ボーヤン・ジン  6.09    10位 田中 刑事   -3.47

<平均>
1位 羽生 結弦    7.304
2位 M・コリャーダ  4.953
3位 フェルナンデス  4.633
4位 P・チャン    3.410
5位 デニス・テン   3.170
6位 宇野 昌磨    2.777
7位 M・コフトゥン  2.740
8位 J・ブラウン   2.170
9位 ハン・ヤン    2.125 
10位 田中 刑事    1.327

全ての試合でマイナスにならなかったのは最低上位4名のみ。その中でも羽生のGOE獲得はずば抜けていることがわかる。今季最高だけで比較してもネイサンやボーヤンの構成差はそう大きく脅威になっていない。
田中を除いてここに上げた選手はチャンピオンシップ上位に入った経験のある選手なので良い演技をすればそれなりに高GOEを獲得できる。しかしいつも良い演技できるわけでは無いのがフィギュアスケートという競技だ。他の選手の最高GOEを平均で出せてしまう羽生の強さを感じられるデータだ。
SPは要素が少ないため転倒してしまうとGOEがマイナスになりやすい。抜けやキックアウトの場合は案外このランキングには響かないという実績がある。コリャーダとコフトゥンが平均で上位に来るというのはこれが原因なのでちょっと喜べない現状がある。
ただそれでもGOEは質の良さを見る上ではわかりやすいランキングで全員が良い演技をしたときにどの選手が上位に来るのか参考にある指標の一つだ。高構成でGOEもがっぽりと言うのが現ルールでは最強の選手、今のところ一番近いのが羽生で次が構成でネイサン、GOEでフェルナンデスといったところだろう。後は全選手が揃う中でいかに実力を出し切れるかが問われる。今季最高の舞台で誰がそれをやり遂げトップに立つのか、非常に楽しみになってくる。

 

ワールドまであと半月、ちまちま時間を見つて並べてみたがこのブログでこれだけ大人数を並べるのはかなりきつい・・・メモ帳に書いたデータを張り付けるとすべてずれてしまうからだ。FSもやろうと思ってたけどやる気がなくなってきてます。もっと人数を絞るかもう少し形を変えてみるか、考えどころです。