読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編その1

ジュニアワールドが終わりました。男子シングルも女子シングルも上位は見ごたえのある演技の応酬で非常に面白かったです。それにしても本田のミスのない演技&高得点の後で超高難度構成を素晴らしく滑ったザギトワの強さが光りました。しかしその演技に対しての日本メディアの評が「まるで機械」となってしまうあたりレベルが低いと感じずにいられません。おそらく「表現力」の本田に対して「ジャンプ後半の高基礎点」での勝利としたかったのでしょうが、つけられた点数が基礎点差以上あることの意味を理解していないとしか思えません。いまだに旧採点の感覚が日本メディアや日本スケ連関係者から抜け出せていないと実感し未来を憂いたくなってしまいます。

それでも日本女子3人はそれぞれ素晴らしい演技をしました。2位3位5位と上位を占めました。それぞれがそれぞれらしい演技をしていたと思います。

シーズン開始前の大けがで出遅れ辛いシーズンを過ごした白岩があそこまで戻した演技をしてきたことが非常にうれしかったです。FSは昨季の良かった時よりジャンプが低い感じがして回転不足を取られてしまいましたが練習がつめる体に戻ればもっと良くなるでしょう。PCSが上位選手の中ではもらえていないので来季はその対策をしたいです。膝下がもう少しきれいに伸ばせるようにしたいですね。怪我に注意して頑張って欲しいです。

坂本もザギトワの高得点の後でも質の良いエレメンツをまとめました。ジャンプの質では上位3人中一番いいと感じます。滑りもいいのですが引き付けるという意味では上位二人に及ばないところがあります。魅せ方という意味での表現力の技術がもう少し欲しいです。

そして本田、マスコミからあおられまくりカメラで追い掛け回されながらも美しい演技を見せました。姿勢の良さ洗練された滑り軽やかなジャンプの着氷は素晴らしかったです。ただザキトワを見てしまうと成功率の高いジャンプ・得意だけどミスの割と出るジャンプ・苦手なジャンプが飛ぶ前にわかってしまうところがもう少しだなと感じました。基礎点を上げるとともにその辺りが来季の課題かなと思います。

そしてザギトワ。あの振付をミスなく行った強さに感服します。離氷時に少し沈む以外はジャンプに癖がありませんしなによりコンボがスムーズなのが気持ちいいです。女子選手の場合は間が空いてテンポが悪い選手が結構いるのですが彼女の場合は全て流れの中で進めることができる高い技術力を感じます。そしてタノジャンプも良いです。なんのジャンプでもタノをつけるのはロシア娘の定番ですが肘が曲がったり前傾になったり見苦しいものも割と多い中で彼女のタノはGOE+をつけるのにふさわしい美しさでした。さらに言えば今シーズンの勝利はあの振付・プログラムの勝利でもあったと思います。すべて後半のジャンプ構成に苦言も多くありますが、あのドン・キホーテに限ってはありな構成だと感じます。ジャンプをあの位置で飛ぶことに意味を持たせる選曲でした。それがPCSで本田を上回ったCOに表れているのでしょう。

ザギトワはぎりぎり五輪OKの年齢なので来季はシニアに上がるでしょう。体型変化の大きなロシア娘なのでこの好調を維持できるかは未知数ですが対策・対応はするべきです。そしてライバルはザギトワだけではないわけでその辺り今回の試合結果をどの程度コーチや関係者が理解しているか非常に気になります。ただ今は来季の五輪を予想しながら今シーズンの演技の振り返りを楽しみたいです。ジュニア選手の皆さん、お疲れさまでした。秋には更に成長した姿を見られることを期待しています。

 

そしていよいよ残りはワールドのみ。ちょっと時間が空いて精神的に落ち着かない変な感じです。ジュニアワールドのような素晴らしい演技を数多くみられることを期待して今から非常にドキドキしています。その前にFSのまとめをやっておかなくては・・・

 


<FS合計>
                       ユーロ/
      B級    GPS1   GPS2  GPF    四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス         201.43    188.81   177.01   190.59                                  189.460
宇野 昌磨  172.25    190.19    186.48   195.69   187.77    188.84  199.37      188.656 
羽生 結弦  172.27    183.41    197.68   187.37   206.67                                  189.480
田中 刑事  148.74    155.78    167.95                 142.63    124.13   163.04  150.378
N・チェン  168.94    171.95    180.97   197.55   204.34                                  184.750
J・ブラウン  174.91    182.63    144.14                 165.08    170.86                   167.524
P・チャン  164.14    176.39    196.31    166.99  179.52                                  176.670
レイノルズ  152.45    164.49                                145.95                                  154.297
ボーヤン・ジン                 172.15    182.37                 176.18    187.22                   179.480
ハン・ヤン       136.25    155.15                 151.37    180.30                   155.768
M・コリャーダ  139.35    155.02    147.51                 166.22                                  152.025
M・コフトゥン 141.31    163.32    151.33                 172.27                                  157.058
M・ブレジナ                 157.06    135.91                 136.91                                  143.293
ビチェンコ  129.58    168.71    154.74                 152.56    151.90  160.06      152.925
デニス・テン                 180.05                                               172.06   125.90     159.337
ミーシャ・ジー  151.03   153.77    156.57                  157.56    157.75                  155.336

 

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 羽生 結弦   206.67    1位 フェルナンデス 177.01 
2位 N・チェン   204.34    2位 羽生 結弦   172.27  
3位 フェルナンデス 201.43    3位 宇野 昌磨   172.25  
4位 宇野 昌磨   199.37    4位 ボーヤン・ジン 172.15   
5位 P・チャン   196.31    5位 N・チェン   168.94 
6位 ボーヤン・ジン 187.22    6位 P・チャン   164.14   
7位 J・ブラウン  182.63    7位 ミーシャ・ジー 151.03  
8位 ハン・ヤン   180.30    8位 レイノルズ   145.95  
9位 デニス・テン  180.05    9位 J・ブラウン  144.14
10位 M・コフトゥン 172.27    10位 M・コフトゥン 141.31 

<平均>
1位 羽生 結弦   189.480 
2位 フェルナンデス 189.460   
3位 宇野 昌磨   188.656   
4位 N・チェン   184.750   
5位 ボーヤン・ジン 179.480  
6位 P・チャン   176.670
7位 J・ブラウン  167.524  
8位 デニス・テン  159.337
9位 M・コフトウン 157.058  
10位 ハン・ヤン   155.768

 

FSも6強変わらずだが、最高ではボーヤンが、平均でチャンとボーヤンが少し離れた印象だ。ただミスのない演技はまだ誰もできていないのであくまで現時点の話。最低点を見るとあまり変わらなくなってしまうのでミスが少ないものが上位に来る、ミスが複数出れば一気に点数が落ちてしまう。高難度時代なので30点近いふり幅もありうるため順位予想が難しくなっている。
シーズンを通して一番安定した点数を出したのがミーシャ、ただシーズン中の構成は結構変わっていてノーカンとか転倒とか構成を落として安定した演技をしてとか結果的に近いだけなのが面白い。
4回転を当たり前に入れるのでミスのない演技というのが難しい現代、点数の上がり下がりの激しさは仕方がないのかもしれない。そして練習ではできていても本番で高難度が成功できないと低迷したシーズンを送ることになってしまう恐ろしい時代でもある。それでも常に上位にいられる選手が強い選手と呼ばれるのだろう。

 

<PCS>                                                           ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  95.70     92.28     91.84    93.30                                  93.280
宇野 昌磨 85.90      91.08     91.36     90.94   91.08     87.70   92.66        90.103
羽生 結弦 86.60      88.12     92.52     92.36   94.34                                  90.788
田中 刑事 71.14      72.64     80.16                 73.92     63.70   82.20        73.960
N・チェン    74.86      79.36     84.06    84.42    88.86                                  82.312
J・ブラウン 87.00      90.02     82.70                 85.72     86.50                    86.388
P・チャン    88.08      91.12     93.00    90.78    92.58                                  91.112
レイノルズ    75.50      78.42                               74.64                                  76.187
ボーヤン・ジン                   78.00      78.80                77.44     83.60                    79.460
ハン・ヤン                   74.64      78.72                78.28     87.30                    79.735
M・コリャーダ   76.24       83.98      81.52                84.44                                  81.545
M・コフトゥン  76.42       75.92      75.00                84.50           77.960
M・ブレジナ                   80.62      76.42                76.20                                  77.747
ビチェンコ   65.84      80.14       76.48                77.30     76.90   72.10        74.793
デニス・テン                  86.66                                              89.90   76.10        84.220
ミーシャ・ジー  77.70      79.86        79.94                76.92    79.80                    78.844

 

<今季最高点>               <今季最低点>
1位 フェルナンデス 95.70      1位 フェルナンデス 91.84
2位 羽生 結弦   94.34      2位 P・チャン   88.08
3位 P・チャン   93.00      3位 羽生 結弦   86.60
4位 宇野 昌磨   92.66      4位 宇野 昌磨   85.90    
5位 J・ブラウン  90.02      5位 J・ブラウン  82.70
6位 デニス・テン  89.90      6位 ボーヤン・ジン 77.44
7位 N・チェン   88.86      7位 M・コリャーダ 76.24
8位 ハン・ヤン   87.30      8位 M・コフトゥン 75.00
9位 M・コフトゥン 84.50      9位 N・チェン   74.86
10位 M・コリャーダ 84.44      10位 ハン・ヤン   74.64

<平均>
1位 フェルナンデス 93.280
2位 P・チャン   91.112
3位 羽生 結弦   90.788
4位 宇野 昌磨   90.103
5位 J・ブラウン  86.388
6位 デニス・テン  84.220
7位 N・チェン   82.312
8位 M・コリャーダ 81.545
9位 ハン・ヤン   79.735
10位 ボーヤン・ジン 79.460

 

PCSは良く実績点だと言われる。決していい意味では使われていない、一般的にはベテランで実績のある選手がミスが出ても高いPCSが出ることを揶揄するときに言われることが多いからだ。
ただ今シーズンのPCSの出方を見ているとちょっと違う2つの意味の実績点になっているのではと感じる。一つ目は若手の伸び盛りの選手に対してに出る実績点で、前の試合より良さげな演技だとそれにプラスを加算した点数が出るという意味の実績点。もう一つが羽生やチャンのように実績がある選手の場合につけられるもの。過去の一番いい演技から減点法でつけられる実績点。同じ試合でその2つが適応されるとミスのあったベテランは抑え気味になり前より良かった若手は点数が伸びそれほど差がない点数が出てしまったりする。発表された点数より基礎的な実力差がありそうな気がするが、もともと複数のジャッジによる平均によって採点されるのでどこがどこまでおかしいのか曖昧で検証しようもないところがもやっとする。PCSの採点についてジャッジ間の意思統一や10点が出る条件、9点台8点台7点台など点数間の基準を明確にして欲しいとこの表を作っていて感じた。
それにしてもブレジナの数字を見ると小塚を思い出して悲しい。スケーティングは間違いなくいいのに高難度の失敗が続き演技がまとめられないことで徐々に点数が出なくなっている感じがする。
そして相変わらずよくわからないビチェンコのシーズン中のPCS(65.84→80.14→76.48→76.90→77.30→72.10)の変遷。TES的にカップオブチロルの方がユーロよりずっといいのになぜ5点も下がるのか本当に不思議だ。大きなミスをすれば点数が伸びない・下がるは理解できるが・・・一緒に出場している他の選手の点数に影響されているのだろうと予測できるが建前上絶対評価なのだからあまり大きすぎる変動の場合は説明責任を負ってもいいのではと思う。
あと時々話題にも上がるが転倒など見た目の大きなミスがあった演技で10点を出すのはやはり違う気がする。すぐ立ってロスした時間が短かったとはいえ一度切れたことは確かなのだから。その辺りしっかり明文化して欲しい。

それにしても最高点と最低点が近いコフトゥンとコリャーダの平均に結構差があるのが面白い。コフトゥンはここ2シーズン良くなかったのでPCSが下がり気味なので何とかワールドでいい演技をして踏ん張って欲しい。
 

 


<TES>
                          ユーロ/
      B級   GPS1     GPS2   GPF     四大陸   B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                105.73      97.53-1   86.17-1    98.29-1                                 96.180
宇野 昌磨 86.35   100.11-1   96.12-1  104.75      98.69-2  103.14-2 107.71-1  98.553
羽生 結弦 87.60-2  96.29-1  106.06-1   96.01-1  112.33                                   98.658
田中 刑事   77.60      83.14       87.79                      68.71      60.43     81.84      76.580
N・チェン   96.08-2   94.59-2    97.91-1  113.13   115.48                                  102.438
J・ブラウン 88.91-1  92.61        62.44-1                 79.36       85.36-1                  81.136
P・チャン   77.06-1   86.27-1  104.31-1   80.21-4  88.94-2                                  85.558
レイノルズ   77.95-1   87.07-1                                 72.31-1                                  78.110
ボーヤン・ジン          95.15-1   104.57-1               100.74-2   103.62                 100.020
ハン・ヤン       62.61-1     76.43                    73.09        93.00                    76.033
M・コリャーダ   64.11-1  72.04-1     67.99-2                 82.78-1                                  70.480
M・コフトゥン  64.89     88.40-1     76.33                     87.77           79.098
M・ブレジナ                 62.71-2     60.49-1                  62.71-2             60.303
ビチェンコ  64.74-1   88.57        78.26                     76.26-1   76.00-1  87.96        78.132
デニス・テン                 93.39                                                      82.16     50.80-1    75.117
ミーシャ・ジー  73.33      73.91        77.63-1                  80.64      77.95                     76.492

 

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 N・チェン   115.48    1位 ボーヤン・ジン 95.15-1
2位 羽生 結弦   112.33    2位 N・チェン   94.59-2
3位 宇野 昌磨   107.71-1  3位 宇野 昌磨   86.35
4位 フェルナンデス 105.73    4位 羽生 結弦   87.60-2
5位 ボーヤン・ジン 104.57-1  5位 フェルナンデス 86.17-1 
6位 P・チャン   104.31-1  6位 P・チャン   77.06-1
7位 デニス・テン   93.39    7位 ミーシャ・ジー 73.33
8位 ハン・ヤン    93.00    8位 レイノルズ   72.31-1
9位 J・ブラウン   92.61    9位 M・コフトゥン 64.89
10位 ビチェンコ    88.57    10位 ビチェンコ   64.74-1

<平均>
1位 N・チェン   102.438
2位 ボーヤン・ジン 100.020
3位 羽生 結弦    98.658
4位 宇野 昌磨    98.553
5位 フェルナンデス  96.180
6位 P・チャン    85.558
7位 J・ブラウン   81.136
8位 M・コフトゥン  79.098
9位 ビチェンコ    78.132
10位 レイノルズ    78.110

 

この部門のネイサンの完全勝利をボーヤンが防いだ。ボーヤンシーズン冒頭かなりいまいちという印象があったがTESはそれでもしっかりとっていた。
そして最低点と平均を見る限り6強の中でチャンが少し離れていることがわかる。ミスが少なければ多少構成が弱くても張り合えるが基礎点を大きく損なうミスが出れば高難度ミス有りとも大きく離れてしまうという結果に。ベテランにはなかなか辛い時代だ。
それにしても100点越えが6人もいるというTES殴り合いの時代を如実に物語っている。そしてボーヤンとネイサンは下限も高く高難度ミス有りでもTESをしっかりとってきている。今後はジュニアから上がってくる選手にこう言う選手が増えてくるだろうと予想できる。抜けやコンボ無しなど基礎点を失うミスの数が順位を左右しそうだ。