読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

2016-17シーズン ワールドへの道―――FS編その2

大手の工場監査が入るとかでここしばらく整理やら片付けやらで普段使わない体力を使った仕事をしてしてかなり参ってます。おまけにこれが終わると税務署が入ることになっていましてこちらも準備が大変。ここ数年入ってなかったんで帳票類がさっと箱に入れっぱなしだったので期ごとに整理し直し。そうしたら見つからないものとかあったりして・・・記憶の底に沈んだ情報を引きずり出すのに苦労しています。倉庫の中で見つかってくれるといいんだけど・・・

そんなこんなでここのところ帰宅が遅く全然ここにもこれませんでした。来週は月末も絡んでくるので何とかワールドへの道上げておかなければ。来週の月曜には公式練習が始まる。ハン・ヤンの棄権などの情報が上がってきているがそれ以上悪い話が出ないことを願っている。ハン・ヤンの手術がうまくいって五輪でいい演技を見せてくれることを期待します。

 

<ジャンプ合計>
                          ユーロ/
      B級   GPS1  GPS2  GPF     四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                  86.46     77.48-1   65.18-1  78.04-1                                 76.040
宇野 昌磨 67.81     79.45-1  75.35-1   83.42     70.35-2    83.18-2   86.97-1  76.219
羽生 結弦 66.73-2  76.49-1  86.36-1   74.68-1  90.27                                    77.906
田中 刑事   60.27      66.05     71.09                     51.43      44.53      63.62     59.498
N・チェン   81.80-2  76.36-2  80.19-1   94.19      94.30                                    84.368
J・ブラウン 65.71-1  70.11     41.25-1                 56.19       62.84-1                 58.620
P・チャン   55.76-1  64.24-1  83.75-1   57.94-4  67.43-2                                 64.024
レイノルズ   60.81-1  70.34-1                               53.75-1                                 60.633
ボーヤン・ジン   79.06-1  87.09-1                               83.69-2    83.88                    82.430
ハン・ヤン       47.05-1  58.45                    55.08       72.94                    58.130
M・コリャーダ   45.15-1  55.08-1  48.17-2                61.81-1                                  51.303
M・コフトゥン  50.08     72.58-1   60.28                   69.58                                     62.880
M・ブレジナ                 58.15-1   43.42-1                44.50                                    48.023
ビチェンコ  55.31-1   73.93      64.58                   62.23-1   60.86    72.98        64.648
デニス・テン                 72.13                                                 60.60    32.76-1     54.830
ミーシャ・ジー  54.81     55.35      58.36-1                62.53      57.67                     57.544


<今季最高点>              <今季最低点>
1位 N・チェン   94.30    1位 ボーヤン・ジン  79.06-1
2位 羽生 結弦   90.27    2位 N・チェン    76.32-2
3位 フェルナンデス 86.46    3位 宇野 昌磨    67.81
4位 ボーヤン・ジン 87.09-1  4位 羽生 結弦    66.73-2
5位 宇野 昌磨   86.97-1  5位 フェルナンデス  65.18-1 
6位 P・チャン   83.75-1  6位 ミーシャ・ジー  54.81   
7位 ビチェンコ   73.93    7位 ビチェンコ    55.31-1
8位 ハン・ヤン   72.94    8位 P・チャン    57.94-4 
9位 M・コフトゥン 72.58-1  9位 レイノルズ    53.75-1 
10位 デニス・テン  72.13    10位 M・コフトゥン  50.08

<平均>
1位 N・チェン   84.368
2位 ボーヤン・ジン 82.430
3位 羽生 結弦   77.906
4位 宇野 昌磨   76.219
5位 フェルナンデス 76.040
6位 ビチェンコ   64.648  
7位 P・チャン   64.024
8位 M・コフトゥン 62.880
9位 レイノルズ   60.633
10位 田中 刑事   59.498

4回転ジャンパーの若手二人が上位を占める。彼らにとっては一番の得点力なので当然である。一方でチャンが最低点と平均で6強を逃している。4Sを入れて基礎点アップを狙っているが4回転の成功率がそこまで良くないのと転倒が多いことでかなりの減点を受けている。そのため一種で比較的ジャンプが安定しているビチェンコの下になってしまった。新しく入れた4回転が成功率が高くないのは仕方ないがそれでも転倒は大きなミスであるしそれに伴ってREPやコンボ無しになってしまうと構成を上げた意味がなくなってしまうということだろう。悩ましい問題ではある。
羽生も4CCで4回転4本を決め今季初めて90点を超えたが抜けによる減点が大きい。まだ曲の中でのジャンプがそこまで完成度が高くないので昨季ほどGOEがついていないことも一因となっている。
どの選手もほぼ4回転を入れる構成になってきているがなかなかクリーンな成功が少ないためか最低点の数字が悲しい選手が多い。その中で怪我の影響のため4回転をなくしてきたミーシャが安定してジャンプ得点を稼いでいることが面白い。ジャンプの失敗が転倒ばかりになってしまう場合は抜いてまとめる&GOEを獲得するという選択もいいのかもしれない。ただ上位には上がってこられないだろうけど・・・

 

<スピン合計>
                      ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                11.43      11.61    11.89    11.25                                   11.545
宇野 昌磨 11.30   12.77     12.66     13.49   12.99      12.30  12.87          12.626
羽生 結弦 12.10   12.07      12.10     12.03   12.86                                   12.232
田中 刑事   11.20    10.63     10.29     10.71    10.10     10.80                    10.622
N・チェン     8.48    11.27     10.73     11.84    12.28                                  10.920
J・ブラウン 13.80   13.20     13.12                  13.77     13.40                     13.518
P・チャン    12.14   12.63     12.30     12.37    12.01              12.290

レイノルズ   10.50    10.16                                12.06              10.907
ボーヤン・ジン                  9.09      9.98                   10.52    11.60         10.298
ハン・ヤン        9.53    10.18                   10.81    12.50         10.755
M・コリャーダ   10.73     10.66    11.92                  12.27          11.395
M・コフトゥン    9.65     10.56     10.12                 11.13          10.365
M・ブレジナ                 11.29       9.17                 10.31          10.257
ビチェンコ     4.50       8.70       8.11                    7.44      8.58      8.80   7.688
デニス・テン                 11.66                                             11.60    10.20       11.153
ミーシャ・ジー   10.70    10.47     10.94                   10.11   11.30       10.704

 

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 J・ブラウン  13.80    1位 J・ブラウン  13.12
2位 宇野 昌磨   13.49    2位 羽生 結弦   12.03
3位 羽生 結弦   12.86    3位 P・チャン   12.01
4位 P・チャン   12.63    4位 宇野 昌磨   11.30
5位 ハン・ヤン   12.50    5位 フェルナンデス 11.25   
6位 N・チェン   12.28    6位 M・コリャーダ 10.66
7位 M・コリャーダ 12.27    7位 ミーシャ・ジー 10.47
8位 フェルナンデス 11.89    8位 デニス・テン  10.20
9位 デニス・テン  11.66    9位 レイノルズ   10.16
10位 ボーヤン・ジン 11.60    10位 田中 刑事   10.10 

<平均>
1位 J・ブラウン  13.518
2位 宇野 昌磨   12.626
3位 P・チャン   12.290  
4位 羽生 結弦   12.232
5位 フェルナンデス 11.545
6位 M・コリャーダ 11.395
7位 デニス・テン  11.153
8位 N・チェン   10.920
9位 レイノルズ   10.907
10位 ハン・ヤン   10.755

FSではブラウンがトップ。SPでのミスをしっかり取り戻しています。今季はジャンプの安定と怪我に苦しんでいますので貴重な得点源となっています。平均13点以上というのはほぼGOE+2以上ということなので本当に素晴らしい。
一方でジャンプミスの影響かレベルを多少取りこぼしている羽生は思ったほど点数が伸びませんでした。ミスしてもしっかりスピンができる時間確保できるように振付しないとなかなか大変です。
そして悲しいビチェンコの得点。GOEはともかくレベルを取らないと・・・平均だけでブラウンと6点弱開いている。3Lz一つ分位と思うと大きな点差、せっかくジャンプで上位得点稼げてもここで帳消しみたいでもったいない。平均でせめて10点は上位に安定してとどまるためには必要だと思う。

 
<ステップ合計>
                       ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス      7.84    8.44    9.10   9.00                                      8.595
宇野 昌磨 7.24      7.89    8.11    7.84   9.00     7.66    7.87            7.944
羽生 結弦 8.84   7.73    7.60    9.30   9.20            8.534
田中 刑事   6.13    6.46    6.41        6.57   5.80  7.42      6.465
N・チェン   5.80   6.96       6.99       7.10     8.90                                      7.150
J・ブラウン   9.40        9.30       8.07                   9.40        9.12                       9.058
P・チャン   9.16        9.40       8.26       9.90     9.50                                      9.244
レイノルズ   6.64        6.57                                 6.50                                      6.570
ボーヤン・ジン                  7.00       7.50                   6.53        8.14                       7.293
ハン・ヤン        6.03       7.80                   7.20        7.56                       7.148
M・コリャーダ  8.23         6.30       7.90                    8.70                                     7.783
M・コフトゥン    5.16          5.26       5.93                   7.06                                     5.853
M・ブレジナ                  8.00       7.90                    7.90                                     7.933
ビチェンコ   4.93        5.94       5.57                    6.59      6.56   6.18              5.962
デニス・テン                  9.60                                               9.96   7.84              9.133
ミーシャ・ジー  7.82        8.09       8.33                    8.00      8.98                        8.244

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 デニス・テン  9.96    1位 P・チャン   8.26
2位 P・チャン   9.90    2位 J・ブラウン  8.07
3位 J・ブラウン  9.40    3位 M・ブレジナ  7.90
4位 羽生 結弦   9.30    4位 フェルナンデス 7.84
5位 フェルナンデス 9.10    4位 デニス・テン  7.84
6位 宇野 昌磨   9.00    6位 ミーシャ・ジー 7.82   
7位 ミーシャ・ジー 8.98    7位 羽生 結弦   7.60 
8位 N・チェン   8.90    8位 宇野 昌磨   7.24
9位 M・コリャーダ 8.70    9位 レイノルズ   6.50
10位 ビーヤン・ジン 8.14      10位 M・コリャーダ 6.30

<平均>
1位 P・チャン   9.244
2位 デニス・テン  9.133
3位 J・ブラウン  9.058
4位 フェルナンデス 8.595
5位 羽生 結弦   8.534
6位 ミーシャ・ジー 8.244
7位 宇野 昌磨   7.944
8位 M・ブレジナ  7.933 
9位 M・コリャーダ 7.783
10位 ボーヤン・ジン 7.293

この部門で強いのはチャンとブラウンとテンの3人。それに羽生とフェルナンデスが続く。そしてボーヤンとネイサンが面白い。最高値ではネイサンが高いが最低と平均はボーヤンが上、結果的にほぼ同じくらいの得点となっている。
そしてコフトゥンとビチェンコのビり争い。最低点はビチェンコだが平均ではコフトゥンが下。2つしかない要素なのでそこまで差はできないですがそれでもその差を埋められる何かがない限りはなるべくなくしたいものだ。とりあえずステップのレベルをせめて3以上確保したい。



<GOE合計>
                       ユーロ/
      B級  GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス     15.20  10.14    3.08    3.56                                     7.995
宇野 昌磨 4.70  12.14    8.87  12.27    7.46       2.60    6.91            7.850
羽生 結弦 1.18     10.48    11.93       7.77     19.13                                  10.098
田中 刑事    4.26      3.38       2.72                     5.19     -4.18   3.82             2.532
N・チェン   -8.37     -2.11     -2.34      12.11      9.00                                    1.658
J・ブラウン 8.60     11.47     -2.15                     9.32      8.82                       7.212
P・チャン    5.44       9.57    12.55        3.01      3.21                                    6.756
レイノルズ   -5.88       0.84                                 -3.84                                  -2.960       
ボーヤン・ジン                 -4.32      4.40                    -5.44       9.12                     0.935
ハン・ヤン       -5.81      7.08                    -1.33     15.80                    3.935
M・コリャーダ    1.44       5.82      -3.44                     4.65                                  2.118
M・コフトゥン   2.77       3.42       4.21                     9.50                                  4.975
M・ブレジナ                  4.96       8.20                   -4.53                                   2.877
ビチェンコ  -4.44       7.59        3.48                   -2.21       -0.18   2.38         1.103
デニス・テン                14.31                                               12.08  -1.70          8.230
ミーシャ・ジー   3.46       1.99       3.33                     6.91       8.02                    4.742

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 羽生 結弦   19.13    1位 フェルナンデス  3.08
2位 ハン・ヤン   15.80    2位 P・チャン    3.01
3位 フェルナンデス 15.20    3位 M・コフトゥン  2.77
4位 デニス・テン  14.31    4位 宇野 昌磨    2.60 
5位 P・チャン   12.55    5位 ミーシャ・ジー  1.99
6位 宇野 昌磨   12.27    6位 羽生 結弦    1.18
7位 N・チャン   12.11    7位 デニス・テン  -1.70
8位 J・ブラウン  11.47    8位 J・ブラウン  -2.15
9位 M・コフトゥン  9.50    9位 M・コリャーダ -3.44
10位 ボーヤン・ジン  9.12        10位 田中 刑事   -4.18

<平均>
1位 羽生 結弦   10.098
2位 デニス・テン   8.230
3位 フェルナンデス  7.995
4位 宇野 昌磨    7.850
5位 J・ブラウン   7.212
6位 P・チャン    6.756
7位 M・コフトゥン  4.975
8位 ミーシャ・ジー  4.742
9位 ハン・ヤン    3.935
10位 M・ブレジナ   2.877

 

羽生のGOEえげつない。平均でも4T1本、最高点では2本多く飛んだようなもの。ネイサンやボーヤンが1本多く飛ぶくらいではそれほど脅威にならないことがわかる。それでも要素の多いFSではいい演技をすればGOE+10点以上獲得することは案外多くの選手でできている。それを継続して何度もできる選手はエレメンツの質がいい選手だといえるだろう。
ただこのランキングは一ついつも落とし穴がある。転倒とするとGOEがなかなか伸びない、トータルがマイナスになりやすい傾向があるが抜けの場合はプラスになるケースがある。そのためGOEを案外とっているのにTESが低いということが割と起きたりする。そんなわけでGOEがすべてプラスの選手がシーズン通していい演技だったと言えないところが微妙。コフトゥンなどがいい例だ。
それにしても全体的に上位に来ていたネイサンがこのランキングの最低点の最下位となっているのが興味深い。シーズン冒頭のジャンプが安定しなかった頃からこの高難度をまとめてきたわけで成長をわかりやすく感じられるデータとなっている。


さてここまではすでに過去の成績であり順位予想には参考になるけれど実際の試合には全く影響しません。ここまでのところTES的にはジャンプで安定的に点数を獲得してきているネイサンが強い。そしてフェルナンデス・羽生・宇野がトータル的には安定して高得点を取ってきている。ミスの傾向としては羽生の場合抜けとコンボ無しという基礎点に響くミスが多い。宇野も割とそれに近い傾向がある。それがどこまで解消できるかで枠が決まりそうなので二人とも是非これまでを超える演技を見せて欲しいと願っている。なかなか今回のまとめでは上位に入れなかった田中もぜひ頑張って上位に食い込んで欲しい。
ここまでのデータはジャッジも参加メンバーも採点傾向もばらばらの試合達の集計でありあくまで参考数字であって全員が揃うワールドで同じような点数になるかは演技の出来も含めて未知数だ。
ハン・ヤンを除くこの15名が一堂に会してジャッジがどんな採点をするか。TESやPCSそしてGOEがどんなふうにつけられ序されるかワールド後の集計が今まで以上に楽しみな試合となっている。
月末すぎておそらくほとんどライブで見られないだろうけどシーズン最高の演技と美しいプロトコルを期待している。