読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

2016-17シーズン ワールドへの道―――SP編その1

2016-17 フィギュアスケート 羽生結弦 宇野昌磨 田中刑事 ハビエル・フェルナンデス パトリック・チャン ネイサン・チェン ジェイソン・ブラウン ハン・ヤン ボーヤン・ジン マキシム・コフトゥン ミハイル・コリャーダ ミーシャ・ジー デニス・テン

今シーズンからFS滑走順が変わった。SPの成績が良い者がより後ろに滑走することになったためSP順位は以前よりずっと重要になった。
FSをより優位にするためにSPは各エレメンツを確実に実行する必要がある。今シーズンのここまでを振り返ってみる。

前回記載しなかったが一応時間軸としては左から右にかけて進んでいる。しかし田中とブラウンの後半B級1戦目は実際にはGPSより前、ビチェンコの後半B級1戦目はユーロより前の試合となっている。枠の都合でこの3人のみ時間のずれがあることになる。

<SP合計>
                      ユーロ/
      B級   GPS1 GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス                   91.55    96.57     91.76   104.25                                 96.033
宇野 昌磨 86.68      89.15     98.59    86.82   100.28     92.43                   92.325
羽生 結弦 88.30      79.65   103.89  106.53     97.04                                 95.082
田中 刑事 63.55      69.13     80.49                  77.55     61.85   89.05       73.603
N・チェン    87.50      92.85     87.94    85.30   103.12                                 91.342
J・ブラウン 81.58       85.75     74.33   80.77      83.18                                 81.122
P・チャン   84.59       90.56     83.41    99.76     88.46                                  89.356
レイノルズ   75.35       80.57                                76.36                                  77.427
ボーヤン・ジン                   72.93    96.17                   91.33      92.86                   88.323
ハン・ヤン        72.86    75.04                    84.08      91.56                   80.885
M・コリャーダ   80.20       90.28    78.18                   83.96                                  83.155
M・コフトゥン  88.26       67.43    70.10                   94.53                                  80.080
M・ブレジナ                   70.36    75.86                   78.61                                  74.943
ビチェンコ  74.17        86.81    75.13                   86.68    76.18   71.68         78.442
デニス・テン                   89.21                                             94.91   72.98         85.700
ミーシャ・ジー  79.52       72.30     72.49                  81.85    76.18                      76.468

<今季最高点>              <今季最低点>
1位 羽生 結弦   106.53    1位 フェルナンデス 91.55
2位 フェルナンデス 104.25    2位 宇野 昌磨   86.68
3位 N・チェン   103.12    3位 N・チェン   85.30
4位 宇野 昌磨   100.28    4位 P・チャン   83.41 
5位 P・チャン    99.76    5位 羽生 結弦   79.65
6位 ボーヤン・ジン  96.17    6位 M・コリャーダ 78.18 
7位 デニス・テン   94.91    7位 レイノルズ   75.35 
8位 M・コフトゥン  94.53    8位 J・ブラウン  74.33
9位 ハン・ヤン    91.56    9位 ボーヤン・ジン 72.93
10位 M・コリャーダ  90.28    10位 ハン・ヤン   72.86 

<平均>
1位 フェルナンデス 96.033
2位 羽生 結弦   95.082
3位 宇野 昌磨   92.323
4位 N・チェン   91.342
5位 P・チャン   89.356
6位 ボーヤン・ジン 88.323
7位 デニス・テン  85.700
8位 M・コリャーダ 83.155
9位 J・ブラウン  81.122
10位 ハン・ヤン   80.885

SPはとにかくエレメンツをこなすことが大事。特にジャンプは規定回転できないと0点になってしまうためFSより差がつきやすい。
昨季より持越しであるフェルナンデスは今のところまだノーミスはできていないが要素抜けまではいかないミスでとどめているので90点以上を確保している唯一の選手となっている。
羽生は100点を複数出しているので最高点と平均では上位だが最低点ではフェルナンデスに10点以上引き離されている。抜けとダウングレードのためだが基礎点を大きく引かれると要素が少ない分挽回ができないので気を付けたい。
宇野もノーミスなしだが基礎点を大きく失うほどではないため上位でいられる。ただコンボ無しになると90点未満になるので気を付けたい。
コリャーダは今季あまり上位に上がれないがSPについては持ち越しのため案外安定した数字を出している。それでも昨季ワールドのような出来ではない&FSでまとめきれないためなかなか表彰台には絡めないでいる現状がある。
コフトゥンとハン・ヤンは結構浮き沈みが激しいSP結果となっている。ジャンプが決まらないと点数が伸びない選手となってきているためとにかく最初のジャンプを決めることが大事だ。

 

<PCS>                                                              ユーロ/
      B級   GPS1  GPS2  GPF  四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス         46.08     45.89   45.31   47.32                                   46.150
宇野 昌磨 41.45       43.28        44.31     43.44   44.21       44.00                   43.448
羽生 結弦 45.35       44.17        46.54     47.35   46.93                                   46.068
田中 刑事 31.00       36.64        38.35          38.65     32.95   40.25        36.307
N・チェン    37.75       41.11        40.39     40.68   43.54                                   40.694
J・ブラウン 41.20       43.43        42.53      43.00   42.10                                  42.452
P・チャン    42.92       45.50        44.49      47.10   45.76                                  45.154
レイノルズ    35.35       37.93                                   37.79                                  37.023
ボーヤン・ジン                   37.04        39.15                   40.07     40.75                    39.253
ハン・ヤン         38.07        39.17                   39.47     42.00                    39.678
M・コリャーダ   38.31       41.72        40.55                   42.07                                   40.663
M・コフトゥン  38.59       36.99        37.37                   41.56                                   38.628
M・ブレジナ                   37.93        39.33                  40.50                                    39.253
ビチェンコ   33.71       40.07        39.32                  39.68    36.70   35.20           37.447
デニス・テン                   41.81                                                44.90   41.25           42.653
ミーシャ・ジー  35.95       36.78        38.17                   40.58    38.45                       37.986

<今季最高点>               <今季最低点>
1位 羽生 結弦   47.35      1位 フェルナンデス 45.31
2位 フェルナンデス 47.32      2位 羽生 結弦   44.17
3位 P・チャン   45.76      3位 P・チャン   42.92
4位 宇野 昌磨   44.31      4位 宇野 昌磨   41.45
5位 デニス・テン  44.90      5位 デニス・テン  41.25
6位 N・チェン   43.54      6位 J・ブラウン  41.20
7位 J・ブラウン  43.43      7位 M・コリャーダ 38.31
8位 M・コリャーダ 42.07      8位 ハン・ヤン   38.07
9位 M・コフトゥン 41.56      9位 M・ブレジナ  37.93
10位 ボーヤン・ジン 40.75      10位 ボーヤン・ジン 37.04

<平均>
1位 フェルナンデス 46.150
2位 羽生 結弦   46.068
3位 P・チャン   45.154
4位 宇野 昌磨   43.448
5位 デニス・テン  42.653
6位 J・ブラウン  42.452
7位 N・チェン   40.694
8位 M・コリャーダ 40.663
9位 ハン・ヤン   39.678
10位 M・ブレジナ  39.253
10位 ボーヤン・ジン 39.253

ボーヤンもSPについてはPCSが昨季よりは高めになっている。ただノーミスがない割に上がる宇野に比べると控えめといった感じ。ネイサンはシーズン通して徐々に上がってきたところで四大陸ノーミスでガンっと伸びた印象だ。
PCS3強の強さは変わらずだがチャンが他の二人に比べると少し差がある感じだ。やはり構成が低い+ノーミスでないと押さえられてしまうのかもしれない。GPFでは良かったためフェルナンデスより高くなっているのでミスしないことが何より重要になっている。
テンとブレジナは相変わらずPCSでは上位に入ってきている。しかし勢いのある若手に対しての優位性はもうないといった感じだ。TESを確実に得られないとこの数字も下がってくるかもしれない。
PCSは出来によって上がったり下がったりするもののTESほどは動かない印象だ。そんな中ビチェンコの変動は大きいと感じる。出来の振れ幅が大きい選手だとなかなかPCSが安定しない。


<TES>
                        ユーロ/
      B級    GPS1  GPS2   GPF     四大陸  B級/ユニバ/アジア等  平均 
J・フェルナンデス               45.47     51.68-1   47.45-1    56.93                                  49.883
宇野 昌磨 46.23-1  46.87-1  54.28      44.38-1    56.07    48.43                     48.877
羽生 結弦 43.95-1  35.48     57.35      59.18        50.11                                 49.014
田中 刑事 32.55     32.49     42.14                       38.90    28.90   48.80         37.297
N・チェン   50.75-1  51.74     48.55-1    45.62-1    59.58                                  50.648
J・ブラウン 41.38-1  43.32-1  31.80                      38.77-1  42.08-1                 38.670
P・チャン   41.57      46.06-1  38.92      52.66       43.70-1                               44.182
レイノルズ   40.00      42.64                                    39.57-1                               40.403
ボーヤン・ジン                 37.89-2   57.02                      51.26     52.11                     49.070
ハン・ヤン       35.79-1   35.87                      44.61    49.56                      41.208
M・コリャーダ   42.89-1   48.56     37.63                      41.89                                  42.493
M・コフトゥン  49.67      30.44     32.73                      52.97                                  41.453
M・ブレジナ                 34.16-2   36.53                     39.11-1                                 35.600
ビチェンコ   40.46     46.74      35.81                      47.00      39.48   36.48        40.995
デニス・テン                 47.40                                                     50.01   32.73-1     43.047
ミーシャ・ジー  43.57    36.52-1   35.32-1                    42.27-1   37.73                    38.482

<今季最高点>             <今季最低点>
1位 N・チェン   59.58    1位 フェルナンデス 45.47
2位 羽生 結弦   59.18    2位 宇野 昌磨   44.38-1
3位 ボーヤン・ジン 57.02    3位 P・チャン   38.92
4位 フェルナンデス 56.93    4位 レイノルズ   39.57-1
5位 M・コフトゥン 52.97    5位 M・コリャーダ 37.63
6位 P・チャン   52.66    6位 ボーヤン・ジン 37.89-2
7位 デニス・テン  50.01    7位 ビチェンコ   35.81
8位 ハン・ヤン   49.56    8位 羽生 結弦   35.48
9位 田中 刑事   48.80    9位 ハン・ヤン   35.79-1 
10位 M・コリャーダ 48.56    10位 ミーシャ・ジー 35.32-1

<平均>
1位 N・チェン   50.648
2位 フェルナンデス 49.883
3位 ボーヤン・ジン 49.070
4位 羽生 結弦   49.014
5位 宇野 昌磨   48.877
6位 P・チャン   44.182
7位 デニス・テン  43.047
8位 M・コリャーダ 42.493
9位 M・コフトゥン 41.453
10位 ハン・ヤン   41.208


TES50点越えが今季すでに7人、もう珍しくなくなりました。ちょっと前までは90超えることはすごいことでそのためにTES50が目安だったのに・・・SP2クワドが増えたということはこういう時代になるわけです。
コフトゥンは出せるときは出せるけどダメなときは全くダメという結果に。非常にわかりやすい選手である。羽生は上位の中では最低が非常に低い。ただまとめると間違いなく高得点だし自爆といっていいのはせいぜい年1回なので平均でも上位に行ける。
フェルナンデスも宇野も大崩れはしない非常に安定したTESだがノーミスできないため大きくも伸ばせないというジレンマにはまっている印象だ。その点スパッと高難度をまとめたネイサンがトップに躍り出た形となった。
ボーヤンはスケアメの2転倒が大きかったがその後は50点超えを安定して出せている。それほどGOEがつかない&完璧な演技がない割にこれができるのは基礎点だけはしっかり稼ぐことができているということ。今の時代は基礎点を失うようなミスは大きい。高難度が抜けない&コンボを確実にこなすことが思う以上に重要となっている。
ビチェンコはスピンステップが他選手より劣る割にはしっかりTESを得ている。

SPはジャンプが3つしかないため構成の差が大きく反映する。その中でも安定してクワドが入れられる選手が上位に来る。クワド無しもしくは1クワドの選手はノーミスが必須の状況だ。しかしながらそれでもなかなかできないところがSPの難しさでもある。転倒が1度もない選手は田中・コフトゥン・ビチェンコの3人しかいない。これもある意味時代を感じる状況だといえる。