つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

オータムクラシックSP感想

さぁこの休日はフィギュア三昧だーーー!と思っていたら「10時過ぎには出かけるよ」という家人のお言葉が。えーと反発してみても居候の身はつらい。ギリギリ粘ってキーガンの演技終了まで見ることができました。あと一人だったのに・・・ハリー君ごめんね。

シーズン初戦のわりに皆さん割といい演技。転倒する選手がほとんどいなかったことが驚きです。みんないいスタートが切れたのでは?今シーズンがますます楽しみになります。

 

ナム・ニューエン 88.40
体つきがすっかり大人になった。でも衣装は微妙。相変わらず減速するけどジャンプは全て着氷。一時の不調からはかなり脱却出来た感じ。多少間延びしたオーバーザレインボー、昔の曲をこうやってリメイクするのはやっているのかな。あれは少女が歌っているから良かったと思うんだけど・・・
ラストのスピンは以前よりスピードが出ている感じ。大人っぽくなって格好良くなった。良いシーズンスタートだった。


メン・ジュ・リー 46.34
飾りのついた黒衣装。袖の長さはそれでいいのか?ジャンプ前の腕の決めが結構味を出してる。スピンは止まりそうだしレベルも取れてないと思うのでもう少し改善したい。ステップは緩やかだが大きく動こうとする意思があっていい。

 

アンドリュー・ドッズ 62.69
ドッズ兄弟の次男坊。胸元の飾りが綺麗。滑りが非常に綺麗だし腕の使い方が端正です。スピンのポジションがなかなか綺麗だけどY字の時もう少し膝を伸ばしたい。滑っている時に時々首をすくめた感じになるのが少し気になる。

 

ハビエル・フェルナンデス 101.20
黒白のペンギンっぽい衣装。燕尾をイメージしてるのか?コンボはセカンドがダブルに。演じる部分が多くてなかなか忙しいプログラム。ジャンプはまだまだ調整中といった感じだけどスピンはまずまず良し。チャップリンを彷彿とさせる動きが多くて見ていて楽しいプログラムになっている。五輪受けしそう。


ジョーダン・ドッズ 
ドッズ三男坊、赤の飾りがなかなか格好いい。兄より気持ちしっかりした体つき。滑りはまずまずだけどスピンはいまいち。今シーズンスクワットポジで手を下におろす振りが流行っている気がする。よく見かける。
多少長い手足を持て余しているところがあるので切れを身につけたいところ。

 

羽生結弦 112.72
衣装は先シーズンのもの、お披露目はロステレか?4Sふんわり。シットスピンのポジション幾つかわるんだ。流れを見せるスケーティングが気持ちいい。タノ3Tコンボが素晴らく美しい。ステップが以前よりせわしなくなくなって非常に優雅。冒頭は慎重だったけどいい滑りだった。世界最高更新!

 

ミーシャ・ジー 83.64
過去プログラムの持越し衣装、でも曲が変わっているという面白さ。五輪に出てくれそうで良かった。羽生の後でもしっかり自分の世界を作れる数少ないスケーター。準備は少なかったはずだがしっかりジャンプを飛んできた。腕の使い方が柔らかで素敵。素晴らしい演技だった。

 

ペーター・リーベンス 73.34
お久しぶりのリーベンス。ソチの時はいい演技だったので五輪シーズンは良いのかも。青がなかなかインパクトな衣装。コンボが両方高くて気持ちいい。上背があって腕が長いためか動きが非常に大きく見える。ベテランの味を見せた。

 

村上大介 70.09
久しぶりの村上は3期連続のプログラム。衣装は色目が変化しました。4Sは転倒、3AはSO。緊張しているのかスピード感があまりない。セカンドはダブル。本日はいい演技の選手が多いのでなかなか厳しい。スケートがいつもほど伸びない。


ロス・マイナー 69.84
相変わらずのシンプル衣装のマイナーさん。ジャンプはまだ調整中という感じ、タイミングがあってません。しかし滑りは滑らか。曲にメリハリがあるので振付にもう少しインパクトが欲しい。ジャッジ前に後ろ向きにジャンプするのは面白い。パキパキ滑れるとお客受けしそうなプログラムだ。

 

ティム・ヒューバー 37.27
切れ目の入ったシンプル黒衣装。本日初の逆回転かな?男子ではあまりいない気がする。ジャンプ前に構えても飛び上がる瞬間に解けてしまう感じになるところが抜ける元かと。

 

マーク・ゴロドニツスキー 60.52
白が面白い黒白衣装。勢いがいいけど回転の最後まで続かないタイプのジャンプ、きちんと締めれるようになるといい。でも動きは大きくて見てる人を意識した演技ができているから楽しい。キャメルで足が下がるとレベル認定されづらくなるので注意。

 

キーガン・メッシング 86.33
サラリーマン衣装かと思ったら雨に歌えばの定番衣装だった。3Aは高さがあって非常に良い。ジーン・ケリーというよりドナルド・オコーナーのようなコミカルな振付。後半のコンボが非常にしっかり飛べていた。笑顔のフィニッシュが可愛い。

 

公式練習がいまいちで膝の心配していた羽生だが6連から非常にきれいな質のジャンプを飛んでいた。それが演技にそのまま再現できるとは、オーサーの言う通り膝以外はいい状態なのかもしれない。この上はこの状態を五輪本番まで維持して欲しい。

ニューエンがいきなりいい演技をしてそのままこの大会の雰囲気をよくしたような感じ。特に羽生・ミーシャ・ニューエンが良かったがその他の選手たちも今シーズンの期待が持てる出来だったと思う。FSになるとまた状況が変わるが転倒が少ないというのは見ている人にとって感じがいいなぁと感じる。

昨日は早々に寝てしまい本日はオータムのアイスダンスから観戦していたが、ライストが止まることなくストレスなく見ることができた。朝方は1000切るくらいの観戦数だったが羽生の時には軽く2万超え、すごい注目です。そんな中これほどの気持ちのいい滑りを見せたことは本当に只者ではないと改めて感じます。明日も無理はしない程度に現在できるいい演技を見せて欲しいです。

 

 

進化する構成

お昼休みです。ネットニュースを見て羽生がオータムでは4Lo回避することを知りました。

そうなるとSPは4S //3A 4T+3T=35.91 FSでは3Lz 3Lo 3F //4S+3T 4T+Lo+3S 4T 3A+2T 3A でおそらく80.86構成になるのでしょう。

 

でもこの構成って2シーズン前より上なんですよね。ってことは完璧に嵌れば330超えすることも可能なんですよね。・・・って怖いです、感覚がマヒして。

 

4回転が何種類とか何本とか普通に思っている今の状況。それってやっぱり時代が変わったとしても普通と言うわけでもない。自分で決めた構成をしっかり滑る、それがまず第一なわけでぜひとも今回はこれで頑張って頂きたいと思います。

 

しかしいいなぁ、このFS構成。

何が良いってほぼREPの心配がない。そして不自然なく今後の構成上げに生かせるという意味で良くできていると思うのです。

右ひざの状態が良くなったら3Loを4Loに変えて87.76と基礎点6.9点アップ。もっとできるってなったら3Lzを4Lzに変える選択もあります(7.6アップ)。同じ種類の回転違いだと入りをそこまで変える必要がないと思うので振付の変更も少なく済みます。

4Lzにするのが無理ならラストジャンプを3Aから4Sに変えるという手もある(2.2点アップ!)。この方法なら先にコンボ飛んでいるからたとえ転倒してもREPにはならないので余計な減点を受けずに済みます。さすがによく考えられていると感心します。

 

とりあえず初戦は試合勘を掴むこととSPでは後半2ジャンプ、FSでは後半3クワド2アクセル成功が課題となるかと思います。これができれば次への凄いステップになるし勢いもつくでしょう。痛みは少し心配ですが無理せず頑張って頂きたい。

 

そして村上は4種クワドですか・・・今回は靴の都合でそこまではしないようですが五輪に向かっているという姿勢を感じます。ぜひこの試合で勢いをつけてほしいです。

 

早く帰宅して公式練習の動画を探さなくては・・・いや女子は既に始まっているからまずそっちを見なくては。ネペラもJGPSもあるしどこを見るべきか悩ましい問題が待っています。

オータムクラシックまもなく開幕

ネペラ・JGPSでどこ見たら良いの状態。とりあえず女子は見てました。やっぱり女子は衣装が素敵。近年ではフィギュア強豪国では無い選手も見劣りしない物を作ってきます。華やか/かわいい/綺麗は本当に素晴らしい!

 

そして本日からはオータムもスタート。公式ライストも無事に見れると言うことで朝から見ていた方も多かったのでは?kamiyannは平日だったので見てませんでしたが、曲掛けだけは動画で見つけました。


羽生は膝を痛めているということでオーサーコーチから構成を落とすという発言があったと昨日すでに出ていました。右と言うことですから着氷足になるわけで十分なケアをして欲しいですね。


しかしそれでも試合に来るのだからそこまで深刻というわけでは無いのでしょう。実際に曲掛けで飛んだのは3Lz 3Lo (3F飛ばず) 4S+3T 4T+Lo+3S 2T 1A 3Aというものでした。
2Tと1Aは完全な抜けでしたので後半3クワドを試すと言うことが今回の課題なのかなと思いました。一つ一つ課題をクリアして高みを目指してほしいです。

 

一方で3Loについては微妙ですがもし4Loがただ抜けただけだとすると本当に羽生の言う「構成を落とす」というのはどういうことなのかな?と思うわけです。
昨季の構成が87.53だったのに対し3Lz 4Lo 3F //4S+3T 4T+Lo+3S 4T 3A+2T 3Aだと87.76と昨季より上と言うことになります。
もしかしたらオーサーは羽生に対して「膝が完全でないから4Lzを今回は止めよう。それでも昨季よりも高くなるから後退したわけじゃ無いよ」とか言って羽生を説得したのもかもしれません。

 

何にせよ長い五輪シーズンです。無理してさらに悪化するということを避けなければならない。その中でも自分なりの課題を達成していく必要もあります。相反するものではありますが羽生とクリケットスタッフで乗り越えて欲しいものです。

 

村上も久しぶりに元気そうな姿が見えました。4Sも綺麗に飛んでましたね。今のところ宇野以外はまだ抜け出したという数字は出していませんのでぜひここで上位に食い込むいい演技を見せて欲しいです。

 

今夜から明日にかけて眠れない時間になりそう。何とか早く仕事を終えてライスト三昧したいです。

ロンバルディアトロフィーFS感想

眠いです・・・ロンバルディア出場数が多かったから・・・みんなシーズン早めに動いてるんだなぁ。
来週はオータム、こちらも豪華。なんと言ってもここ4シーズンの世界王者が登場しますから。ビチェンコとヴィンセントのWDがすでに出てますがそれでもメンバー的にはおいしいです。来週も楽しみですね。

 

ザギトワは見事な逆転劇でした。樋口も良かったのですが構成差と!でザギトワが上回った形です。改めてドン・キホーテの振り付けの見事さに感心します。つなぎもすごいし全て後半であれだけのジャンプを降りられたらTESで勝つには3Aや4回転が必要になってくるでしょう。
それにしてもザギトワの可愛さ。でも可愛いって感じさせるのはすごいんだ。だってそれを感じさせる余裕を失っていないということだから。いくらドンキだってあまりにもジャンプに必死になっているのを見たら興ざめします。後半ジャンプを詰め込んでも世界観を失わない雰囲気を維持できる強さが素晴らしい。
難を言えば後半になるにつれてリンク使いが小さくなるのとスピードがもう少し欲しいという点。あとは腕の使い方は綺麗なんだけどポーズが流れがちになるところをもう少しきちっとしたいかな。これからもっと良くなってくると思うので非常に期待します。優勝おめでとう!新衣装も綺麗だったよ!

 

樋口はとても彼女にあったプログラムだったと思います。ステップがとにかくカッコいい。勢いもあって強さを感じます。ただ衣装は形とスタイルはいいけれど色味が少し地味かな。赤の差し色がほとんど見えないので遠めだと黒1色になってしまう。少し手を入れた方がいいかもしれません。
ジャンプがポンポンとテンポよく飛べていました。集中している時の彼女は非常に良いと思います。これをいつでもできる安定感をぜひ身に着けてください。
あとは滑りこんでメリハリをさらにつければよいでしょうか。それとスパイラルの足の降ろし方が綺麗になるといいと思います。

 

男子はとにかくブラウンが素晴らしかった。あえて4回転を入れずにプログラムの質の評価を見たかったのでしょう。ピアノレッスンを上回る演技を見せてもらいました。
ブラウンは肉体をコントロールすればこういうものが見れるんだなという感動を目にできる選手だ。そういう意味で非常にありがたく思えます。スパイラルとスピンは絶品です。女子でもなかなかこれを越えられないというものが見れることはうれしいです。あとは4回転を入れて完成度を高められるかということが上に行くためには求められますが・・・このままでもいいじゃない?と思ってしまいます。
シンプルな黒衣装が演技の美しさを引き締めているみたい。こういう効果がある場合は黒一色のシンプル衣装も評価できます。そしてTRはもっと出てもいいのではと感じます。

 

ラトデニ君は大人になって見た目がかなりすっきりしました。格好よくなりましたね、おばさんはうれしいです。
4回転無し・3Aも抜け演技ですが魅せることを重点にした演技ですからプログラムの評価としては上々の出来だったのでは。ランビに滑って欲しい感はだいぶ薄れてきました。似てはいますが彼らしい格好良さが育ってきている気がします。
しかし中盤から突然音量が上がったのは驚いた。これは元からなのか音響のせいなのか。ブラウンと同じくスピンがいい男子というのは見ていてうれしい。師匠のいいところをどんどん吸収してください。
そして師匠、年々若返っていませんか?可愛くなっていますよ。

 

ケリー君も洗練されてすっきりした大人感が出てきました。4Sは抜けましたがジャンプは以前より安定してきたし体力もついてきたと思います。所作も雑な感じがなくなって見たいと思わせる選手に育ったなぁと感慨深いです。スピンも良くはなっていますので後は全体的にスピードがもう少し欲しいかな。衣装は透けてますがたぶん襦袢があるんだよね。音楽も衣装もなかなか無い感じで良かったです。

 

マヨロフはプログラムも衣装も持ち越しです。そして高い4T飛んでました。綺麗でした。なかなか全部はそろわないけどマヨロフがポーンと幅を持って飛べた時っていいなぁと思うんですよね。なんだろう、おおっと目を引くんです。
相変わらずの不思議編曲・不思議振付なんですが不思議に似合っています。怪我からも回復しているようですので楽しい演技と笑顔をたくさん見せて欲しいです。

 

宇野は非常に衣装が豪華だった。っていうかこれをもう少しシンプルにしてSPで使ったら?その方がいいかと思います。慎重なのか緊張なのかわかりませんでしたがスピード感はなかったです。とりあえずジャンプを飛んで降りることを中心に滑っている感じでした。気持ちが悪いですが点が出るなら本人的にいいのでしょう。

 

五輪シーズンのわりにクラシックなどの王道系が少ない感じがします。またこれ?という感じが少ないのは良かったです。今後も新プログラムが続々とみられると思うとワクワクしてきます。来週は羽生とフェルナンデスが登場。羽生の衣装はどうなるかな。SPは青系のシャツ、FSは白を主体とソチシーズンカラーで来るのでしょうか?

フェルナンデスの格好いいラ・マンチャの男も非常に期待しています。その他にも村上大介やミーシャ・ニューエンなども登場します。村上は久々の試合になると思うので是非存在感を見せて欲しいですね。

US Int'l Classic FS感想

ネイサン5種4回転成功おめでとう!本日はこれに尽きるということでしょうか?

3連休でゆっくりフィギュア観戦できると思っていたら家の用事で連れ出され結局リアル観戦できませんでした。帰ってきたらネイサン4Lo成功!とあって5種成功させたの?何点出た?と焦って見たらそこまで4回転は飛んでいなかった。
そういえば試合前に今回はそこまで4回転は入れないって言ってたっけ。それでもしれっと4Loを決めるあたりポテンシャルがすごすぎ。今シーズンがますます面白くなりそうです。そしてもう一つとんだ4Lzもまずまず良かったです。


今回はお試しという感じでそこまで滑りこめていない感じです。曲も初めて聞くものでまだ世界観まではつかめませんでした。中国人バレエダンサーの物語のようですね。少し勉強します。
全体的に流した感じがありましたが終わった後はやはり疲れてました。4回転は2本だけだったのですがシーズン初戦ですし高地だったということもあるかもしれません。曲的にそこまで盛り上がる感じではないので後半ジャンプのあたりが単調に感じそう。ただ高難度を決めますこなしますとならないよう頑張って欲しい。あとは衣装、これじゃないと思うので楽しみにしてます。

 

無良はかなり心配な結果に。抜けまくり元気もない感じ、五輪シーズンはいつもよくないです。
ただ見ていて無良は案外クラシカルな印象の選手だったんだなと思いました。今回の衣装も悪くないけど前のオペラ座の方が良かった気がします。
なんとなく今回は気持ちが定まっていない中出場したところがあるようなのでこの悲惨といっていい今回が今シーズンの底なんだと振り切って欲しい。
何しろがむしゃらに、ただ五輪だけを見てのめり込んで欲しいと思います。失敗したことはシーズンが終わってから振り返りましょう。今は前だけ見てください。

 

アーロンもオペラ座の怪人でした。しかし衣装は駄目駄目です。ちゃんと作りましょう。
演技としてはここ数年で最高だったのではないでしょうか。抜けなくジャンプを降りました。驚いたのはかなりつなぎを入れてきたことです。ブラウンのように自然にとはいかないところは見受けられますが一生懸命頑張ってます感は非常に好感です。ただ助走して飛ぶといったかつてから見るとプログラムを演じているというフィギュアスケートの良さを感じます。頑張ったね、ここ2年の苦難が実になっているよ。
曲はかなりぶつ切りのいろいろ混ざったものでなんとなくまだしっくりこないのですが後半の歌の後に飛ぶ1本目の3Aとか上手く曲に合わせていました。更にブラッシュアップして進化させて下さい。

 

友野は転倒はありましたがまずまず纏めました。無良とは対照的に元気さだけは思い切りみせるという意思を感じました。これは好感。ウエストサイドの音楽にも合っています。ちょっと使用曲が多いけどストーリーとしてわかりやすいかも。個人的にはトニーはあんまり好きじゃ無いけど・・・(←関係ないって)
スピンはかなりいまいちですが非常に良い演技だったと思います。
ただ・・・宇野ほどでは無いけどジャンプはちょっと気になります。飛ぶときも着氷も。もう少しスムーズな着氷が出来ると良いですね。

 

今回の驚きは4位に入ったパニオット君ではないでしょうか。ミスもありましたが大きくてきれいなジャンプでした。すらっとした高身長からスパッと綺麗なジャンプが出ると非常に映えます。欧州はフェルナンデス以外がなかなか飛び出てこない現状がありましたが、こういった選手が出てくるともっと盛り上がります。フィギュア定番の音楽「冬」ですがなかなかいい振付だったと思います。今後が非常に楽しみです。


ネイサンが5種決めたということは3A以外すべて4回転という7クワド構成が現実を帯びてきます。五輪という大舞台でどこまで入れてどこまで成功させることができるのか・・・またいろいろ構成を考えたくなってきます。とりあえず怪我などには気を付けてもっと良いプログラムに進化させていって欲しいです。

CS開幕

いよいよシニアも本格的にスタート。今週はUSクラシックとロンバルディアの2本立て。微妙に時間帯がずれていますので全部見るという強者もいるのかも。kamiyannはそこまではできません。


昨日は女子の半分くらいライブで見ました。とりあえず一言言いたい。
ザギトワ可愛い~~~!!そして何あの鬼ジャンプ。SP3つとも後半なのにただでは飛ばないという凄さ。残念ながらテストスケート同様2Aに失敗しましたが・・・誰が考えたんだシャーロットからカウンター2Aなんて。残念ながら飛ぶ前にスピードがほぼない状態になっているのでその場飛びで2回転半回る能力が必要になる。結果的にジャンプの高さが出ていないであの着氷になってしまうようなのでいかにスピードを落としきらないでつなぎを行うかが鍵となりそう。しかしすごいな、男子まであそこまでやろうとするのいないのに。完璧に決めてきたらTESを一気に伸ばしそう。それにしても衣装がいいなぁ、非常に似合っています。

 

樋口はいいスタートを切りました。持ち味であるスピードがだいぶ戻ってきた感じです。昨季に比べずっとらしいなと感じました。プログラムも個性に合っていると思います。今後も非常に楽しみです。あとはスピンがもう少し、ラストのレイバックはいいのですがあとの2つスピードは悪くないけどあまりきれいに見えない。やはり美しさも魅力の一つの競技なのでポジションがもう少しきれいに魅せられるといいかなと感じます。そしてスピードが出て魅力を取り戻した半面荒さが見えてしまう部分も目につきます。スケーティングスピードが上がっても雑にならないように気を付けて欲しい。FSも頑張って!

 

ここからはロンバル・USごちゃまぜに見た感想を

 

宇野は相変わらずのジャンプでした。直す気がないようですが見ているほうは気持ちのいいものじゃない。プログラムも「冬」と聞いて期待していたのですがあまりぱっとしません。SPなのにとどまる場所があったり全体的にスピード感もなく印象に薄いものでした。何より衣装は変えた方がいい。昨年のFSの赤の色をチェンジしたようなものですがはっきり言って宇野のマイナス面ばかりを強調している。上半身の飾りは非常に凝っていますが宇野の体型の悪さを色目の薄さがかえって強調するつくりになっている。下半身のずんぐりを目立たせない上半身に目線がいくインパクトを持ってきた方がいいと思います。

 

無良はあれ衣装なの?ラフな感じはいいのですがもう少し何とかならないでしょうか?ジャンプはかなり慎重に飛んでいてまだ調整できていない感じ。あともう少し大きく動けないかなと感じました。高地で体力的に厳しいとコメントにありましたがなんとなく縮こまった滑りに見えてしまったのがもったいないです。あとキャメルの基本姿勢でよれるのはもう少し何とかしてください。

 

友野の衣装上と下のつながりがくっきりきっぱり過ぎるのが微妙。4Sは2フット、3AがOTでジャンプはもう少し。体の切れは悪くなさそうで上半身は大きく動かそうという意思は見えるのですがスケートがそこまで伸びない辺りがPCSがいまいちなのかなと感じます。ただラストのポーズの手が綺麗でよかったです。とりあえずキャメルスピンを精力的に練習しましょう。

 

アーロンはレミゼ。フィギュアでレミゼは盛り上がるので割と好きです。アーロンも昨季までよりスピード感が戻った感じがします。やっぱりアーロンにはスピードがないと。でも2季強化に取り組んできた上半身の動きもスムーズになってきた感じがします。大人になったなぁという感じ。あとはジャンプ、相変わらずお手付きになってしまうあたりの改善を。転倒したくないという心理がだいぶ働いている感じがします。

 

サモヒン、相変わらず変衣装。後ろは陰陽っぽいのだが前がホルスタインだし手が怖いし何を伝えたいのかよくわからん。ジャンプはまだ安定しないようです。転倒の仕方がちょっと怖い。足が余っているみたいな感じなので自分の中の軸というか重心がジャンプのそれとかみ合っていない気がします。それにしても毎シーズンこの曲を使う選手がいるな・・・

 

ネイサンは少し背が伸びた?手足が昨季より長くなった気がします。プログラムはこれからが非常に楽しみな印象。ステップが良かったです。ただ衣装の生地は変えた方がいいかな、色目は悪くないけど質感が良くないです。構成は3Aのみ前半という攻めた構成。今回は1クワドですが4Fの着氷がシェイキーでコンボが2Tになりました。ただあの状態でつけられるのはやはりすごいなと思います。個人的にはシットスピンが気になりました。ネイサンも割と腰高なのね、昨季はそんなに気にならなかったけど・・・

 

見た選手の中で一番見せているなと思ったのがブラウン。4回転は相変わらず回転不足ですが滑りは良かったです。滑りながらもポーズがいちいち形になっているのが素晴らしいなと感じます。見る人を意識した表現も曲に非常にあっています。そして衣装も素敵です。似合っているだけではなくブラウンのマイナス面も上手く隠している。動きも相変わらず多彩できっと何度見ても飽きないのだろうなと感じられる振付でした。もふもふのポニーテールすら効果的でした。

 

幸い明日から3連休なのでゆっくり動画探しができます。まだシーズン開始直後ということでどの選手もまだまだという感じですがここからどうなっていくのだろうと予想する楽しさがあります。

それにしても全体的に採点が甘めだ。回転不足もあまりとっていない感じ。CSは割と採点がまちまちになる印象があるけれど何とかならないのかと思います。SBやPBが五輪選考の対象となる場合があるので出た試合で有利不利が起こることはやめてほしいのだけど・・・採点についてはかなり不安な出だしです。

 

五輪後のルール改正について

朝の段階では基礎点の数字しか把握していなかったのだが、GOEの配分についてもあの案の中で提案されていた。
今までのような定められた係数を掛けるのではなくGOEの1段階が基礎点に対し10%になるようだ。つまり獲得する点数は基礎点に対し最小で半分最大で1.5倍と言うことになる。現行のルールだと同じ係数の場合基礎点の低いジャンプの方にメリットが大きくなっているのでこれはある意味でGOEが平等になったと言える。
一方で上下5段階では振れ幅が大きいわけで、高難度がきっちり飛べないなら基礎点の低いジャンプでGOEを獲得した方が得、と言う風潮がまた生まれそうな予感がする。
各ジャンプの点数の変動を下記に纏めてみた。


    -5 -4 -3  -2  -1  0  +1  +2  +3 +4  +5

4T  4.75 5.70 6.54  7.60  8.55   9.50 10.45 11.40 12.35 13.30 14.25
4S  4.85 5.82 6.79  7.76  8.73   9.70 10.67 11.64 12.61 13.58 14.55
4Lo 5.25 6.30 7.35  8.40  9.45 10.50 11.55 12.60 13.65 14.70 15.75
4F  5.50 6.60 7.70  8.80  9.90 11.00 12.10 13.20 14.30 15.30 16.50
4Lz 5.75 6.90 8.05  9.20 10.35   11.50   12.65 13.80 14.95 16.10 17.25
4A  6.25 7.50 8.75   10.00   11.25   12.50 13.75 15.00 16.25 17.50 18.75

3T  2.10 2.52 2.94  3.36  3.78  4.20   4.62   5.04   5.46   5.88    6.30
3S  2.15 2.58 3.01  3.44  3.87  4.30   4.73   5.16   5.59   6.02    6.45
3Lo 2.45 2.94 3.43  3.92  4.41  4.90   5.39   5.88   6.37   6.86    7.35
3F  2.65 3.18 3.71  4.24  4.77  5.30   5.83   6.36   6.89   7.42    7.95
3Lz 2.95 3.54 4.13  4.72  5.31  5.90   6.49   7.08   7.67   8.26    8.85
3A  4.00 4.80 5.60  6.40  7.20  8.00   8.80   9.60 10.40  11.20 12.00

 

ざっと見て感じるのはこの基礎点で決まると4Lzと4Aは飛びにくいなということ。おそらくGOE-5になるのは転倒だと思うが、そうなった場合1回転下のジャンプの基礎点を下回ってしまう。つまり4回転でミスるなら3回転の方が得ということ。
3Aがすごく得な印象がある分4Aはかなりシビアだ。3Aで満点を取ると4Aの基礎点とかわりない点数をもらえてしまう。もちろん4Aで+を受ければ他のどのジャンプより高得点にはなるが、とりあえずチャレンジするにはマイナスの点数が1回転下の基礎点を考えると旨みがない。
転倒すればおそらく減点がつくのは変わりないと思われるので猶更厳しいといえる。

 

そもそも3Fと3Lzの基礎点差が0.6あるのに4回転になると0.5に縮むというのは割に合わないだろう。3Lzと3Aの基礎点差が2.1あるのに4Aが1点しかないのもおかしい。
3Fの得点を変えないでということなら3Lzは5.8以下、3Aはせめて7点以下にするべきだし3回転は変更しないのなら4Lzは12点、4Aは13.5は欲しいだろう。
基礎点を変えるというならジャンプによって不利有利があからさまにならないような配慮は必要だろう。もう少し検討したほうがいい。

 GOEを本当にこの方法で加えるというのなら全体的にもっと基礎点を下げた方がいいと思う。

3T   4.00
3S   4.10
3Lo  4.40
3F   4.70
3Lz  5.20
3A   6.00
4T   8.50
4S   8.70
4Lo  9.20
4F   9.60
4Lz 10.60
4A  12.20

 

こんな感じならばジャンプの基礎点を下げることもジャンプ難度と回転数の齟齬をある程度問題なくできるはずだ。
なるべくなら基礎点の段階で選手にこのジャンプを飛んだ方が点数的に有利とか思わせないようにしてほしい。

 

現在のところスピンとステップの基礎点には触れられていない。こちらも上下5段階にするとコンビネーションスピンレベル4が3.50点なのでGOE+5で5.25点になる。一見以前より最高点が上がるからいいと思うのだがGOE+5が現行の+3並みに出るのだろうか?と疑問に思う。

ステップの場合はどうだろう。コレオステップは基礎点2点だから1.5倍になっても3点にしかならない。それでは現行より下がってしまう。その辺りはどうなるのだろうと非常に気になるところだ。

そして一番に気になるのはPCSだ。アイスダンスも女子も男子もほぼ天井状態になっている。5項目の採点事項をもう少し明確化してはっきりとした理由付けのある採点を行わないと形骸化してしまう。その辺りの改正とジャッジの意志の一本化をきっちり定めてから施行して欲しい。とりあえずルールを決めて運用は実戦で手探り状態などということは絶対にやめて欲しいと思っている。