読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに・・・

日々の思ったことを綴っていきます。

表彰台間近、されど道険し―――ジェイソン・ブラウン

フィギュアスケート ジェイソン・ブラウン
ソチのアメリカイキイキ19歳も今年20歳。ジェイソン・ブラウンは世界選手権4位だった。
早いなぁソチからもう1年以上か…
ちなみに私ブラウンのソチFS見ていない(涙)だってウチのTV羽生で停電になっちゃったから…リアルタイムで見てた時物凄い暴風雨で羽生が2コケでFS終えてキスクラに向かった瞬間、バシャっと消えました画面。
諦めきれず真っ暗闇の中30分ほど待っていたけど復旧しなくて。録画しているからあとで見ようと寝たら録画も全部消えてて…(VHS時代なら停電前まで写っていたのに)そんなわけでチャン以降の選手は見れず。チャンは動画サイトで見たけどブラウンは見つけられなかったんだよなぁ…悲しい思い出。
 
さてそんなブラウンのシニア2年目を振り返り。全米優勝おめでとう!
(でもここではナショナルは触れません)
 
 
Sアメリカ   総合2位 234.17 SP3位 79.75 FS3位 154.42
ロステレコム 総合5位 235.56 SP7位 76.32 FS4位 159.24
四大陸    総合6位 243.21 SP9位 75.86 FS6位 167.35
世界選手権 総合4位 248.29 SP6位 84.32 FS5位 163.97
平均       総合 240.308 SP 79.063  FS 161.245
 
 
得点的に見てどの大会も大きく変わるということはないのがよくわかる。枠取りにはうってつけの人物だろう。日本にも一人欲しい・・・
点数的に大きく変わらないが演技そのものはブラウン的には波があった年だろう。
ブラウンの点数が変わらなくても順位が変わるのは周りの出来によるもの。四回転持ちの自爆が増えると上がり、良い演技をすれば下がる。どうやら四回転を入れる入れないでPCSで区別されているきらいがある。
四回転なしで組み続ける限り255位で頭打ちになりそうな感じだ。300点を目指す羽生・フェルナンデスがトップにいる現状をどう見ているのか。
3A以下も回転不足がとられやすいブラウンが自力で順位を勝ち取っていくためにどう戦略を組むか、来季のプログラムが楽しみである。
 
<ジャンプ>
SP 予定構成 3A 3F+3T // 3Lz 24.5   四大陸のみ 4T 3A // 3F+3T 29.14
          基礎点 + GOE - 減点 =合計
Sアメリカ    24.50  -1.0   -1.0 22.50
ロステレコム  23.40 -1.07         22.33
四大陸      20.44 -2.24        18.20
世界選手権   24.50   2.54        27.04
平均       23.21 -0.443 -0.25 22.518
 
ジャンプではあまり点数を稼げていないことがよくわかる。四大陸では四回転を入れてきたが明らかなダウングレードだった。
URなら覚悟して入れてもDGには全く意味がない。現時点では入れない方がいいだろう。
あと少しでも点数アップを狙うのなら後半1.1倍を利用したいところだが、3Aもセカンド3Tも回転不足を取られやすいのでちょっと難しいところだ。
ブラウンは身振りなど乙女チックだが身体はかなり男性的、胸板も厚いし肩幅もある。ジャンプの軸は太く回転も速い方ではない。筋肉をつけて力で高さと回転を上げるか、体重を落として体を締めるか、青年期に入り体も堅くなってくる頃だがどう判断するか見守りたい。
 
FS 予定構成 3A+2T 3Lz // 3Lo 3A 3F+3T 3Lz+Lo+3S 2A 2A 60.13
          基礎点 + GOE - 減点 =合計
Sアメリカ    53.30  -0.64  -1.0    51.66
ロステレコム  59.80  -0.10           59.70
四大陸      58.15   4.82           62.97
世界選手権   54.41   3.14            57.55
平均      56.415   1.805   -0.25    57.97
 
予定構成は四大陸以降変わっているので後半バージョンで計算している。
回転不足がなかったのはロステレだけ。回転不足はGOEもマイナスになってしまうので確実に点を取りたいブラウンにはきつい。
後半6ジャンプで入り出で工夫してGOEを少しでも上積みしたくても案外稼げていないという結果だった。
 
<スピン>
SP
          基礎点 + GOE  =合計
Sアメリカ    9.7  2.37  12.07
ロステレコム  8.7  2.07  10.77
四大陸     9.7  3.00  12.70
世界選手権  9.2  2.64  11.84
平均      9.325 2.52 11.845
 
オールシーズンほぼレベル4、ジャンプで稼げないブラウンには必須項目でありGOEの高さが際立っている。
GOEの平均が2.5を超えているのはお見事としか言いようがない。
 
FS
          基礎点 + GOE  =合計
Sアメリカ    10.2  3.00  13.20
ロステレコム  10.2  3.15  13.35
四大陸      8.8  3.36  12.16
世界選手権  10.2  3.22  13.42
平均      9.85  3.183  13.033
 
フリーはもっとすごくてGOE平均3を超えている。
SPでも1度あるが基礎点が低いのは最後のコンビネーションで姿勢不足を引かれている。
加点がすごい稼ぎどころだけに基礎点を失うのはもったいない。
 
<ステップ>
SP
          基礎点 + GOE =合計
Sアメリカ    3.3  1.07  4.37
ロステレコム  3.3  0.86  4.16
四大陸      3.9  1.70  5.60
世界選手権   3.9  1.40  5.30
平均        3.6 1.258  4.858
 
シーズン後半にはしっかりレベルを取ってきた地味だけど大切な要素。
 
FS
          基礎点 + GOE  =合計
Sアメリカ    5.9  2.30   8.20
ロステレコム  5.3  1.91   7.21
四大陸      5.9  3.20   9.10
世界選手権   5.9  2.50   8.40
平均       5.75 2.478  8.228
 
案外低いなと思ってしまった私はスピンで麻痺してしまったのか?
いえ十分高いんです、この得点。
 
<TES計>
SP 
          基礎点 + GOE - 減点 =合計
Sアメリカ    37.50  2.44   -1.0 38.94
ロステレコム  35.40  1.86         37.26
四大陸      34.04  2.46         36.50
世界選手権   37.60  6.58         44.18
平均      36.135  3.335 -0.25  39.22
 
世界選手権の得点でなんとか40近くに着地。でもこの数字じゃ今後表彰台を狙うため最終グループに残るには難しいと言える。
とにかくジャンプの回転不足を無くしすこしでもGOEを稼ぐ、四回転を入れられないならスピン・ステップ維持したうえでそれが必須だ。
 
FS 
          基礎点 + GOE - 減点 =   合計
Sアメリカ     69.40  4.66  -1.0   73.06
ロステレコム  75.30  4.96          80.26
四大陸      72.85  11.38         84.23
世界選手権   70.51  8.86          79.37
平均       72.015 7.465 -0.25  79.23
 
GOEが付きやすかった四大陸のおかげでどうにか80弱。FSはSP以上にジャンプのふり幅が大きい。
スピンが限界近くまで点が出ているのであとはどうするか…世界選手権で表彰台に乗るにはTESで85は欲しいところ。
 
<PCS>
SP 
          SS     TR    PE    CC    IN    合計
Sアメリカ    7.96  8.00  8.14  8.32  8.39  40.81
ロステレコム  7.71  7.71  7.71  7.89  8.04  39.06
四大陸      7.75  7.68  7.93  7.96  8.04  39.36
世界選手権   7.96  7.93  8.00  8.00  8.25  40.14
平均      7.845 7.830 7.945 8.043 8.180 39.843
 
四回転持ちが案外PCS40出すのに苦労していることから見ると十分高い気がするが、正直ブラウンのTRはもっと高くていい気がする。
 
FS
          SS     TR    PE    CC    IN    合計
Sアメリカ    8.00  7.93  8.07  8.25  8.43  81.36
ロステレコム  7.82  7.64  7.89  8.00  8.14  78.98
四大陸      8.21  8.11  8.39  8.39  8.46  83.12
世界選手権   8.29  8.29  8.57  8.54  8.61  84.60
平均      8.080 7.993 8.230 8.295 8.410 82.015
 
PCSの困り者なところはどの点数が出てもこれで合ってる?と判断がつかないところ。
つなぎの多いプログラムな割につなぎの評価はされないがプログラムの遂行能力は高くつける…うーんわからん。
ただブラウンがPCSの高い選手であることには全く異存はありませんのであしからず。
 
<来季にむけて
回転不足を無くす、以外には思いつかない私。
正直3Aの飛ぶときの怖そうな印象と四大陸の4Tを見る限り4回転は無理だろうとしか言えない。
チャンの3Aの苦手感とは違うんだよ。チャンはどっちかっていうと回りすぎ、回転を止めて着氷するのが3Aに関してはいまいちなんだけど、ブラウンは文字通りぎりぎりなんだ。
助走を短くしてきているのは評価するけどそれで回転不足になっては元も子もない。難しい。
それ以外を言うとプログラムが昨季・今季と割と似た感じなのであっさりした音楽でも一度演技を見てみたいとは思っている。